劇場公開日 2018年7月6日

  • 予告編を見る

バトル・オブ・ザ・セクシーズのレビュー・感想・評価

3.6122
14%
64%
20%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全122件中、1~20件目を表示

4.0誰もが輝きながらクライマックスへと突き進む高揚感は相変わらず

2018年7月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

最初はダニー・ボイルが監督を務める予定だったとという。だが新作で多忙となり『リトル・ミス・サンシャイン』の夫婦監督が代打を務めることになった。この仕切り直しをきっかけに、本作はなんとも夫婦監督らしい方向へ舵を切り、夫婦や恋人といった複雑な関係性にもスポットを当て、さらにはキングとボビー、両陣営が狂騒的なまでに一丸となって“伝説のエキシビジョン・マッチ”へとなだれ込んでいく描写にも弾みがついた。この辺りの構築力はまさに『リトル・ミス・サンシャイン』の作り手らしいところだ。

ストーンといい、カレルといい、決してモノマネにならない演技で物語の両極を担うキャラクターを全力で演じきってみせる。そこにアラン・カミングなどの芸達者が添えるささやかな存在感も旨味を最大限に引き立てる。結果、自らの個性で牽引するボイル作とは全く異なり、誰もが全員野球で精一杯輝きながら猪突猛進していく快作へ仕上がったのだ。

コメントする
共感した! (共感した人 7 件)
牛津厚信

4.0ラストの余韻が後からじわじわくる。

村山章さん
2018年7月22日
PCから投稿

楽しい

興奮

知的

女性の地位向上を願う女子テニス選手と、女性蔑視のクソ野郎とのエキシビジョンマッチの物語……と、単純化して説明したくなるが、実際に観てみるとそんな簡単な話ではない。

例えば女性の恋人ができた主人公ビリーに対して、誰よりも先に事情を察して警告しようとするのはアラン・カミング演じるゲイのファッションコーディネーター。なぜなら彼は、女性の地位向上以上に、同性愛への差別と偏見の根深さを身に沁みて知っているから。

対戦相手のボビー・リッグスも、本気で女性蔑視なわけではない。悪ふざけで話題を集めて、注目とカネを引き寄せようとしているだけだ。

この映画を観ていて、ボビーが戦っている相手は実はボビーではないと思わせられる瞬間がいくつもある。女子テニス選手が解説員としてテレビに出演して、終始オッサンの司会者が片腕を彼女に回している気持ち悪さなど、解決されないが明示されている要素も多い。

最後にアラン・カミングが粋に〆てくれる台詞も、ジーンたち女性の戦いがまだまだこれからであることを示唆している。つまりこれは昔話ではないのだなあ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 14 件)
村山章

4.0ソフトなタッチで描く#MeToo運動の分岐点

2018年7月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

笑える

1973年の"性差を超えた"エキシビション・マッチで対決したビリー・ジーン・キングとボビー・リッグスは、各々切実な事情を抱えていた。
ビリー・ジーンは当時のテニス界に蔓延していた露骨な性差別と、彼女自身のセクシュアリティとどう向き合い、どんな結論を導き出すべきなのか?リッグスは自らの身を滅ぼしかねないギャンブル依存症からどう脱却するのか?そして、双方にとってあるべき着地点へと向かうプロセスを、ファッションやメディア等、'70年代テイストを満タンにして描く映画は、今に続く#MeToo運動の歴史的分岐点を検証する。でも、そのタッチはあくまでもソフト。ビリー・ジーンと夫のラリー・キング、リッグスと妻のプリシラがそれぞれ悩み抜いた末に紡ぎ出す結論の、何と優しく、思いやりがあることか!?これは、社会的ムーブメントの陰で、夫婦とは?愛とは?そして、セクシュアリティとは?という普遍的な問いかけを観客に投げかけてくる、やっぱり「リトル・ミス・サンシャイン」の夫婦監督が作った最新作。流行や時代の風潮には惑わされない映画作家としての個性が際立つ1作なのだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
清藤秀人

4.5テニスフォームがとても美しい

2020年7月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

なぜテニス界にITFやらATP、WTAやらと団体がいっぱいあるのかが少し理解できた。試合のシーンは1ポイントのプロセスを詳しく描いており結果を知ってても手に汗握ってしまう。迫力は今のテニスには及ばないがフラットのフォアや流れるようなスライスなど、ああ昔はこうだったなあと往年のテニスの美しさを堪能。やはり歳いったらこのテニスだな…。キングのドロップショットに追いつこうと必死で走るリッグスの足がつりそうで人ごとと思えない…。それはともかく、全体に声高にジェンダー撤廃のようなメッセージを叫ぶのでなく、主人公達が悩み、行動し、勝ちとるところを淡々と描くことで、より胸に多くの物を響かせてくれるのはさすが。有り体だが、男女は権勢を競ってぶつかり合うものではなく、互いを補い合うものなのだと実感させてくれました。なんかどっかで見た人が多いと思ったら、J.クレーマーはインデペンデンスデイの名演説の大統領、ボビーの奥さんはBTF2で気絶ばかりしてるマーティの彼女だった。まあみんな歳とっちゃって…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
あっきー

3.5でもいつの日か互いの能力をリスペクトしあえている日がきっと来て、その時代が待ち遠しい

myaa1969さん
2020年6月14日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

三浦瑠璃さん推薦以降、注目してた映画。1991年米軍がイラク侵攻の際、多数の女性志願兵を映像で見たときにときの彼女に『日本もこういう時代が早く来るべき!』と力説したのに対して烈火のごとく『そんなのは男の仕事で役割でしょ!!』と猛反論されたことに強い違和感を感じたのが鮮明な記憶。
この物語、今で例えれば大坂なおみさんが時のヒーローだったベッカー選手やアガシ選手、マイケルチャン選手と今、真剣勝負するようなもの、勝敗予想は聞くまでもないけど大金の掛金が投じられてた信じられない時代。
偉大な女性先駆者が切り開いてのいま。男女が未だ対立軸が残るのはほんとにナンセンス、でもいつの日か互いの能力をリスペクトしあえている日がきっと来て、その時代が待ち遠しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
myaa1969

4.0単なる「男対女」の構図に当てはめない巧みな演出に脱帽

2020年6月9日
iPhoneアプリから投稿

1973年、女子テニス選手ビリー・ジーン・キングと、当時55歳になっていた往年の男子テニス選手ボビー・リッグスの間で行われた「男女対抗試合」を描いた本作。

『リトル・ミス・サンシャイン』『ルビー・スパークス』のジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス監督は、この物語を単純な「男対女」という構図に当てはめず、女性達が平等を求めて奮闘する様子をみずみずしく描いてみせました。夫婦監督だからこその公平な視点とバランス感覚が素晴らしく、当にこの企画にはうってつけの人材でした。

「女性は重圧に弱く、競争には向かない」と決めつける男達に真っ向から反論し、自分の試合が世界を変えることを信じて黙々と練習を積み重ねるビリー・ジーンとは対照的に、試合に向けてまともに練習せず、大勢の女性を使って「男性至上主義」をアピールするボビーの姿は本当に悪趣味なのですが、彼自身の憎めない人柄を見事に体現するスティーブ・カレルのユーモアも相まって爆笑させられてしまいます。

もちろんその行動自体は褒められたものではないものの、シニアになって試合で稼げなくなり、ギャンブル中毒で妻からも見放された彼が、父としての威厳、妻からの信頼を取り戻すために奮闘する姿には、感情移入せざるを得ません。

試合の結果についてはご自分の目で確かめていただきたいのですが、テニスという世界的に人気のあるスポーツだからこその、この試合をする意味、そしてそれらの活動が現在の女性プレイヤーの活躍に繋がっていると思うと、彼女達の貢献には大きな賞賛と感謝を送りたくなります。

エマ・ストーン演じるビリー・ジーンと美容師のマリリンが、出会った瞬間に惹かれ合ってしまうシーンの美しさ、彼女達の関係を知りながら、ビリー・ジーンを思いやり、彼女の選手生命を優先する夫ラリーなど、語りたいことはたくさんあるのですが、最後にもう一つ取り上げたいのは、ゲイの男性でテニスウェアデザイナーのテッドが、ビリー・ジーンと二人で向かい合うEDシーン。

彼を演じるのは、『チョコレート・ドーナツ』にて、1人の少年を必死に守ろうとするゲイの男性を演じたアラン・カミングですが、彼の「いつか、自由に人を愛せる日が来る」と言い聞かせるように語る姿には思わず涙腺が緩んでしまいます。未だそのような時代が来たとは言い難い現代の私達も、彼の夢が叶う日を願わずにはいられないはずです。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 7 件)
せき(名前変えました)

3.5エマ・ストーン

R♪さん
2020年5月3日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

え。
エマ・ストーン?

メイクさんすごい💦💦💦

みんなの抱えてる悩みが解消されそうなエンドで👍

私も戦う勇気をもらいました😃

出演者それぞれの魅力が引き出されてて良かった✨

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 3 件)
R♪

4.0色々な想いが交錯するエキシビションマッチにワクワクする

2020年3月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ポップコーン男

3.5難しいテーマにソフトなアプローチで挑んだ実話

素子さん
2020年1月7日
iPhoneアプリから投稿

女性の地位向上という政治色の強いテーマを当初思わせたが、とてもコメディタッチでありながらもそれなりにソフトなタッチで触れていてとてもよかった。レズや夫婦監督ならではの夫婦にもしっかりとスポットが当てられておりとても内容が濃くていい映画だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
素子

3.0メタファーとしてのボビー・リッグス

2019年12月3日
iPhoneアプリから投稿

エマ・ストーン演じる主人公の70年代テニス界に蔓延るセクシズムとの闘いと、内面のセクシャリティの苦悩を描いたノンフィクション。面白かったけど、もう1人の主人公、男性優位主義を利用する道化師ボビー・リッグスの実像が掴めないまま終わっちゃった感。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
flipperpinball

4.0【キング夫人が当時のテニス業界の因習に立ち向かっていった姿を忠実に描き出した作品】

NOBUさん
2019年10月21日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

幸せ

 テニスプレイヤーとして一時代を築いたキング夫人:ビリー・ジーン・キングをエマ・ストーンが演じ、女性プレイヤーの処遇改善を求める悩める姿を絶妙に描いている。

 彼女の姿勢を揶揄する男性トッププレイヤー:ボビー・リッグスの今にして思えば、実に愚かしい姿をスティーブ・カレルがコミカルに演じているところが面白い。

<現在、キング夫人の名前はある年代以上の方は記憶しているだろうが、ボビー・リッグスの名前が記憶に残っている人がどれだけいるのだろうかと、ややシニカルな視点で考えてしまった作品>

<2018年8月17日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
NOBU

3.0女性が見る分には面白そうだが

sさん
2019年10月8日
iPhoneアプリから投稿

女性が見る分には面白そうだが

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
s

0.5下品だ

2019年9月20日
PCから投稿

映像も展開もセリフもキャストも全てが下品で卑しい。
下品な人はどうぞ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

4.070年代実話ネタ。女子テニス協会(WTA)の成り立ちと世紀の一戦

2019年9月17日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

知的

協会最初のスポンサーはバージニアスリム
女子tennis選手ビリー・ジーン・キング
百合に目覚める
エマストーンがもっさりしているがそれでも本人よりは可愛い。
気づいてもじっとこらえる旦那
「 世界は全てを許すわけじゃない」
70年代
さすがにリアタイじゃないので知らない。ナブラチロアからなら分かるけど。

ギャンブル依存症のシニア男子選手
1回目は男の勝ち
旦那はマネージャーも兼任
29才vs55才
ロブの名手vsリブの旗手
サプリ400粒
クリスエバート可愛い
ビリージーンにはプレッシャーが
ビルプルマンとエリザベスシューが出てる
ドームで初
観客3万
生放送
セクシーな戦いではなく男女の戦い
スポンサー料の為に上着を脱がなかったが遂に
スライス多い印象
ロージーにめっちゃ触るキャスター
左右に振る2人
おじんのスタミナ切れ
ロッカールームで対照的
マダムスーパースター
ゲイ讃歌今は勝利を祝おう
最後はその後テロップ写真
ボビーのヌード写真がエグかった

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
個人的下書き

3.5すげーなぁ…

2019年8月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

萌える

エマ・ストーン凄ぇなぁ…。
芸達者だなぁ…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
日高雄介

4.0思った以上に深い内容

fukui42さん
2019年7月26日
iPhoneアプリから投稿

エマ・ストーン✖️スティーブ・カレルのポスターを見て。
「え?もしかして、コメディ」の印象を持ってたのですが、ほぼ違いました。

同じようにチケットが売れているのに、賞金に格差があるって。
おかしいでしょ!と立ち上がったキング夫人の話と。
「ふん、男女が一緒なわけがない」と、超いけ好かない男。

その二人の試合が実際にあったって、す、すごい。
世界的に中継されたとか。
ルールはあんまり知らないのだけど、それなりにわかり。
終盤熱く応援しちゃいました。

そしてその話の他。
キング夫人が、ツアー中に女子美容師といい仲になっちゃったという、セクシャリティな話も。
重きは置いていないのですが、テニスだけじゃない展開も意外でした。

全体的に70年代の世相を反映しているところが、ちょっと興味深し。
ラジオで試合を宣伝したり、スポンサーがたばこメーカーだったり。
映像も多分わざと、古めかしい色彩でしたね。

そして、お久しぶりのアラン・カミング!。さすがナイスアシスト。

「敬意を払って欲しいだけ」。キング夫人の言葉は、今にも通じるでしょう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
fukui42

4.0キング夫人

2019年7月2日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

楽しい

単純

興奮

1973年に行われたプロテニスの男女対決を描いている。
男子は55歳の殿堂入りシニア、ボビー・リッグス、女子は当時のチャンピオン、ビリー・ジーン・キング。
前半はキング夫人の同性愛について、後半はコート夫人がボビーに敗れ、キング夫人がいよいよ立ち上がる。
私の記憶では女子テニスはキング夫人対コート夫人、その後クリス・エバート対マルチナ・ナブラチロワ時代がやってくる。
男女差別は今でも根強く残っている。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.5これが実話だったとはビックリ。ビリージーン・キングがテニスのみなら...

2019年7月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

これが実話だったとはビックリ。ビリージーン・キングがテニスのみならず人間としてどれだけ多くの闘いをしてきたのか知ったと同時にエマ・ストーンの新たな魅力も再認識した。いろいろな見どころが詰まった映画だった。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
tsumu miki

3.0マイケル・ジャクソンの「ビリー・ジーン」とは関係ないみたい

kossyさん
2019年6月17日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 ビリー・ジーン・キングが72年の全米オープンで優勝したシーンから始まるが、さっそく優勝賞金についてのクレーム。あれよあれよという間にテニス協会を脱退して女子テニス協会を立ち上げる。

 LGBTQの問題を気持ちよく訴えてくる映画で、このころから日本でもウーマン・リブが叫ばれた時代だったのだと思い出した。まさかレズビアンの心もあったとまでは思わなかったけど、男女同権、同一賃金など、今の世の中でも十分通用するテーマだった。まぁ、性差なしの戦いはエキシビジョンマッチなのだから、男女どちらともゲーム感覚で楽しそうだったし、ビリー・ジーンの言う「女性を敬う」ことの方が意義があったと思う。

 ただ、やっぱり優勝賞金が違うのは納得いかないかも。自分的には女子テニスの方が好きだし、バレーも女子が好き。入場料や観客動員に差がなければ同額じゃないとおかしい。音楽は全体的にセンスがいいし、今年公開のエルトン・ジョンの『ロケットマン』を先取りしていた。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 6 件)
kossy

3.0LGBTQ+とは思わなかった

JKさん
2019年5月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

良かったね、でも少し寂しいね
本人はいつ自分の事に気が付いたのかなぁ

エマストーンやったんやね、本人に似てるよ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
JK
「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」の作品トップへ