バトル・オブ・ザ・セクシーズのレビュー・感想・評価

バトル・オブ・ザ・セクシーズ

劇場公開日 2018年7月6日
106件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

誰もが輝きながらクライマックスへと突き進む高揚感は相変わらず

最初はダニー・ボイルが監督を務める予定だったとという。だが新作で多忙となり『リトル・ミス・サンシャイン』の夫婦監督が代打を務めることになった。この仕切り直しをきっかけに、本作はなんとも夫婦監督らしい方向へ舵を切り、夫婦や恋人といった複雑な関係性にもスポットを当て、さらにはキングとボビー、両陣営が狂騒的なまでに一丸となって“伝説のエキシビジョン・マッチ”へとなだれ込んでいく描写にも弾みがついた。この辺りの構築力はまさに『リトル・ミス・サンシャイン』の作り手らしいところだ。

ストーンといい、カレルといい、決してモノマネにならない演技で物語の両極を担うキャラクターを全力で演じきってみせる。そこにアラン・カミングなどの芸達者が添えるささやかな存在感も旨味を最大限に引き立てる。結果、自らの個性で牽引するボイル作とは全く異なり、誰もが全員野球で精一杯輝きながら猪突猛進していく快作へ仕上がったのだ。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2018年7月29日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 5 件)

ラストの余韻が後からじわじわくる。

女性の地位向上を願う女子テニス選手と、女性蔑視のクソ野郎とのエキシビジョンマッチの物語……と、単純化して説明したくなるが、実際に観てみるとそんな簡単な話ではない。

例えば女性の恋人ができた主人公ビリーに対して、誰よりも先に事情を察して警告しようとするのはアラン・カミング演じるゲイのファッションコーディネーター。なぜなら彼は、女性の地位向上以上に、同性愛への差別と偏見の根深さを身に沁みて知っているから。

対戦相手のボビー・リッグスも、本気で女性蔑視なわけではない。悪ふざけで話題を集めて、注目とカネを引き寄せようとしているだけだ。

この映画を観ていて、ボビーが戦っている相手は実はボビーではないと思わせられる瞬間がいくつもある。女子テニス選手が解説員としてテレビに出演して、終始オッサンの司会者が片腕を彼女に回している気持ち悪さなど、解決されないが明示されている要素も多い。

最後にアラン・カミングが粋に〆てくれる台詞も、ジーンたち女性の戦いがまだまだこれからであることを示唆している。つまりこれは昔話ではないのだなあ。

バッハ。
バッハ。さん / 2018年7月22日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 12 件)

ソフトなタッチで描く#MeToo運動の分岐点

1973年の"性差を超えた"エキシビション・マッチで対決したビリー・ジーン・キングとボビー・リッグスは、各々切実な事情を抱えていた。
ビリー・ジーンは当時のテニス界に蔓延していた露骨な性差別と、彼女自身のセクシュアリティとどう向き合い、どんな結論を導き出すべきなのか?リッグスは自らの身を滅ぼしかねないギャンブル依存症からどう脱却するのか?そして、双方にとってあるべき着地点へと向かうプロセスを、ファッションやメディア等、'70年代テイストを満タンにして描く映画は、今に続く#MeToo運動の歴史的分岐点を検証する。でも、そのタッチはあくまでもソフト。ビリー・ジーンと夫のラリー・キング、リッグスと妻のプリシラがそれぞれ悩み抜いた末に紡ぎ出す結論の、何と優しく、思いやりがあることか!?これは、社会的ムーブメントの陰で、夫婦とは?愛とは?そして、セクシュアリティとは?という普遍的な問いかけを観客に投げかけてくる、やっぱり「リトル・ミス・サンシャイン」の夫婦監督が作った最新作。流行や時代の風潮には惑わされない映画作家としての個性が際立つ1作なのだ。

MP
MPさん / 2018年7月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

マイケル・ジャクソンの「ビリー・ジーン」とは関係ないみたい

 ビリー・ジーン・キングが72年の全米オープンで優勝したシーンから始まるが、さっそく優勝賞金についてのクレーム。あれよあれよという間にテニス協会を脱退して女子テニス協会を立ち上げる。

 LGBTQの問題を気持ちよく訴えてくる映画で、このころから日本でもウーマン・リブが叫ばれた時代だったのだと思い出した。まさかレズビアンの心もあったとまでは思わなかったけど、男女同権、同一賃金など、今の世の中でも十分通用するテーマだった。まぁ、性差なしの戦いはエキシビジョンマッチなのだから、男女どちらともゲーム感覚で楽しそうだったし、ビリー・ジーンの言う「女性を敬う」ことの方が意義があったと思う。

 ただ、やっぱり優勝賞金が違うのは納得いかないかも。自分的には女子テニスの方が好きだし、バレーも女子が好き。入場料や観客動員に差がなければ同額じゃないとおかしい。音楽は全体的にセンスがいいし、今年公開のエルトン・ジョンの『ロケットマン』を先取りしていた。

kossykossy
kossykossyさん / 2019年6月17日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

LGBTQ+とは思わなかった

良かったね、でも少し寂しいね
本人はいつ自分の事に気が付いたのかなぁ

エマストーンやったんやね、本人に似てるよ

JK
JKさん / 2019年5月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

『ラ・ラ・ランド』、本作、『女王陛下のお気に入り』

と並べてみるとエマ・ストーンの演技の幅広さを改めて感じる。スティーブ・カレルも硬軟両方いけるなあ。
両サイドのドラマも一筋縄ではいかないし、単純にスカッと爽快という話でもなかったが、それもまた良し。

なお
なおさん / 2019年5月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

レズは悪くないけど不倫は悪い

何か胸糞が悪くなる品位に欠ける最低の映画である。
事実そのものも違和感がある。
こんな事が女性解放につながるのかな?
アメリカ人が最低だと証明してるだけで無いかい?
ところで実在する人をここまでデイズルとは。
誇張では無いのですかね?
品性のかけらも無い!
観ていてとても嫌な気分になりました!

アサシン
アサシンさん / 2019年5月1日 / PCから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

勝手に結末想像して外れた ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

男が勝つけど女子に拍手!
という結末を予想していたので
女が勝ったからありゃっとなった
けれど、とてもよい映画だった
エマストーンは素晴らしく演技上手い。
旦那さまが本当によい理解者だ。
愛するってのはそうゆうことなんだろうなと思う。自分のわがままを相手に押し付けず(会いたいとかなんとか)相手の事を思って見守る姿勢が感動的だった。
主人公が、もともと心に持っていた、負けんじゃねぇよ精神。まわりのひとからどう思われるかに流されずに誠心誠意自分の想いのために戦う姿には心動かされた。

kayo
kayoさん / 2019年4月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

本当の敵 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

池袋・新文芸坐
「アイ、トーニャ」との2本立て

タイトルを知った時は単純明解すぎて逆に食指が動かなかった世紀の男女対決試合、その実現までに初めは乗り気でなかったビリーがなぜそれをするのか、そして彼女が得たものと、得られなかったものについてのストーリー。

作り手はその単純さこそを逆手に取ってくる。
試合を持ちかけた自称「男性至上主義者のブタ」ボビーにとっても、それは単なるヘイトの結果なんかではなかったという。
注目されればなんでもいい、求められるためならどんなことでも言う、というのはむしろ現代のヘイトスピーカーの本質にも通じるものがあり、その点でボビーが罪作りなのは間違いないんだけど。
ストーリーテリングそのものはけして単純ではなく考え抜かれたもので、不明を恥じる。

結局のところ、ヒロインにとってはファム・ファタル的な美容師のことも、献身的に尽くす夫のことも、取るに足らない相手であるというあたりが残酷。
結局コートの上の「世紀の男女対決」は行われるのだが、ヒロイン言うところの「本当の敵」はそこにはいない。
スティーブ・カレル演じるボビーもビリーも2人とも道化のように祭り上げられるだけ。
スティーブ・カレルは面白くてその場を盛り上げるお調子者だが、どこか物悲しい役みたいなのをうまく演じてた。
そしてわかりやすい「男女対決」の影でビリー・ジーンの「本当の敵」は明かされることもなく隠されてしまう…という終わり方も心に残り、その後の彼女の幸せを祈りたくなる。

ipxqi
ipxqiさん / 2019年1月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

差別という重圧を一人で背負う

とても重い題材を扱ってるのに、キラキラしてて
明るい雰囲気で見やすかった。
監督の素晴らしい演出が効いてると思う。

男女差別だけでなく、LGBTの問題も孕んでて、
正直ラストまでレズだというキャラ付けは必要なのか?
と思ってたけど、ラストのデザイナー?の男性が主人公
にいう「あなたが今日やっかように世界は変わっていく」というセリフに、
この物語の男性至上主義と戦うだけでなく、
今あるセクシャルマイノリティの方々に向けての
メッセージでもあったんだなと納得しました。

とにかくボビーがゲスく、今なら炎上、謝罪当たり前
の事を堂々としていて胸糞悪いけど、
彼もまた勝負の世界から降りられず、ギャンブル依存でどこか可哀想でもあった。
こういうゲスい奴が表立つ事で、自分たちの奥底にある差別的な意識に気付くのかもしれないと思うも、
必要悪でもあった気がする。

見終わって、嫌な感じが残らないどころか、
なんかキラキラした美しい物を観たような清々しい気分になるとても良い映画でした。

奥嶋ひろまさ
奥嶋ひろまささん / 2019年1月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

当時は当たり前の反応

今の日本でも同じことであったと思う。
「女は引っ込んでいろ」なんて陳腐な台詞は、どこにでもあり、女性が唇を噛み締めていたことは容易に想像できる。
今でも、男性優位の意識を持っている人が結構見受けるほどに。
女性がモノ(意見)を言えるようになるまでどれ程の抵抗があったか?
ビリー・ジーンが単なる女子テニス選手で終わらず、その後も性差の問題に関わり続けた事にも興味深い。
この試合は男女の優位を決める事だけでなかったのはラストのビリージーンの涙で分かる。
50歳を越えた高齢のボビーに過度の期待を持つこと事態おかしいが、ボビーが勝つと男性優位を信じている事がこの時代の不可思議さだろう。
ビリージーンが勝つことで、差別的な男たちにノーを突き付け、陰に隠れていた女性に男女がお互いを尊敬できる平等な社会をと考える機会になったのだろう。

未だに、その男女差別は厳然と残っており、LGBTへの強い偏見などは中々理解して貰えない事を考えると思いの外考えさせらられる作品だった。

うにたん♪
うにたん♪さん / 2019年1月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

テニスシーンがダメダメ

昨年のオスカー女優、エマ・ストーンが期待以上に良い。予告編を見た限りでは、70年代前半アメリカ・ウーマンリブ運動の一翼を担ったテニスプレイヤー・キング夫人の実話で、女を馬鹿にする保守的オヤジをギッッたんギタンに打ちのめす痛快女子スポーツコメディだと思っていたのだが、大違い。テーマはLGBTで、主人公の強さよりも寧ろ「弱さ」を隠さずに描いている。ただ、前日夜にウィンブルドンの女子準決勝(セリーナ・ウィリアムズvsユリア・ゲルゲス)を見てしまっただけに、テニスシーンが全くつまらなくてダメ。乗れない。

たあちゃん
たあちゃんさん / 2018年12月29日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最後 ロッカールームからの ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

テロップで その後の出来事まで
で 考えさせられますね。(ここだけ良かった)
(感動。面白かった。は、無いなぁー)
(テニス対決シーンは…重要 ではないんやね)
(スポ根映画じゃないもんね)

彼女の涙 て、色々なプレッシャーと闘い
そして、勝者に湧いてくる感情なんかなぁ?
 知らんけど!

男って奴は…不器用やわ!
 知ってるけど!

時代の流れは
あんがい 女性が作ってかも。
 知ってる!

コンブ
コンブさん / 2018年12月24日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今度は

L ? B ? か・・・・・。
クイーンの時も書いたが、感情的に受け入れられない。
正しいとか、正しくないとかの問題じゃないのだ。
できれば見たくはない。

その意味で言うと、予告編は悪質だ。
あれを観る限り、LやBの気配は感じられない。
女性の権利が蔑ろにされていた時代、男性至上主義者に敢然と立ち向かう。
そんな胸のすくような女性の姿を思い描いていた。

ただただ残念。

みみず
みみずさん / 2018年12月18日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純 難しい 寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

思ったのと違った ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

男をやっつけるコメディだと思ってたのね。だから何か微妙。

●たぶん女性の苦労をもっと葛藤として描いたら良かったと思うんだけど、前半がレズ浮気の話だから、後半のカタルシスをあまり感じない。
●そもそも行きずりにしか見えない愛人とは添い遂げる力強さがないので中途半端。夫を取るか愛人を取るかの苦悩もない。夫もただの良い人だし。ラスト字幕でその後を解説されてもなぁ。
●男の方も苦悩がないというか、差別発言するだけだし。賭け事好きで奥さんに逃げられた中年オヤジが敵キャラとして弱いんだよな。しかも金持ちでハングリーに見えない。勝って当然みたいな?まあ、史実だからしょうがないとしても、どうにかならない?乗り越える敵はジャックの方にした方が良かったんじゃないか?

楽しむ観点が違ったのかもしれない。

ドラゴンミズホ
ドラゴンミズホさん / 2018年12月12日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人生が生きる意味を問うてくる物語 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

プロテニスプレイヤーのビリーがテニスを通じて、男性の女性に対する差別や偏見に立ち向かい、女性の尊厳を勝ち取る物語。一つの試合をきっかけにビリーが人生に生きる意味を問われボビーと戦うことを決意する。試合に向かう中で女性かつレズビアンの性的少数者としての自分自身に迷い、苦しむのだが、そのことは試合の勝利がきっかけとなって新しい生きる意味となる。弱者に寄り添い、権利を主張する彼女の生き様に感動した。

taku
takuさん / 2018年12月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

楽しい

むしろ痛快か!!

70年代ってこんなに酷かったの???
ってびっくりさせられる

アランカミング、やっぱり良い味出してる
彼は大好きなイギリス人俳優です

moviesmusicmyl1
moviesmusicmyl1さん / 2018年12月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

わからなかった

自分の聞いた評価が異常に高いのに、わからなかった。
普通に面白いと思うんですが、なんでだろ。。。

カナダ
カナダさん / 2018年11月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ユーモアな死闘

男女平等の風潮がまだ乏しかった1973年。
露骨な男性優位の姿勢を見せるテニス業界に憤慨し、立ち上がった女子世界チャンピオンのビリージーンとかつての栄光を取り戻さんと動き出した元男子世界王者ボビーリッグスが男女の差を無くすと銘打ったテニス対決に挑む姿を描いたコメディながらも痛烈な訴えのこもった作品。

ララランドで一躍スターへとのし上がったエマストーンの次作は実在した女性プロテニス選手のビリージーン。
華やかなLAで女優という夢や恋に焦がれる素敵な女性を演じた前作とは打って変わって、地味なメガネ姿や造作のないヘアースタイルなど1973年という時代さながらの姿でテニスを通じて男女平等を訴える女性を演じる。

対するは元男子世界王者のボビーリッグスを演じるスティーブカレル。
自らを男性至上主義のブタと称し、メディアを全面に利用したピエロのような振る舞いをみせる。
性差別発言や女性軽視をメディアを通して繰り返すのにどこか憎めない小悪党のような存在にみえるのはまさにスティーブカレルのコメディアンとしての力量か。
その反面、家庭においての夫として父としての立場に苦悩する切なさもあって典型的なダメ男だがどこか愛らしさも感じさせる絶妙な演技でみせる。

他にも女性のスポーツ選手でありながら、スポンサー契約の為にガンガンタバコを吸う様子に時代を感じたり、ビリージーンの最大のライバルであったマーガレットコートがボビーに大敗を喫する様をTV中継越しに目撃し、女性の尊厳の為に立ち上がるビリージーンの少年マンガ的な熱さもあって、コメディ寄りながらも真剣なテニスの試合であって男女平等への強いメッセージ性のこもった作品だと感じた。

あとは何と言ってもビリージーンとマリリンの一夜のシーンがすごく胸高まって良かった笑。
エマストーンがバイセクシャルっていう設定だけでありがたやありがたや(おまわりさんこっちです)

オレ
オレさん / 2018年11月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

一言で最高です。

エマ・ストーンの役へのはまり具合が最高です。本人に見違えるほどの演技力。そして最後のシーンの実際の写真と比べても雰囲気がそっくりです。
ユーモアがあって、生真面目ででも、テニスが本命。
本命が揺るがないからこその彼女の強さを感じました。
事実にもとずいているからストーリーもしっかり。ですし、オススメしたい作品です!

ぽん
ぽんさん / 2018年11月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

106件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報