「酷評 の理由。全ての罪は 予告編 にあり。」サニー 32 溶かしバター大盛りポップコーンさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「サニー 32」 > レビュー > 溶かしバター大盛りポップコーンさんのレビュー
メニュー

サニー 32

劇場公開日 2018年2月17日
全33件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

酷評 の理由。全ての罪は 予告編 にあり。

‪佐世保小6女児同級生殺害事件。
つまり ネバダちゃん をモチーフに売っているが、
中身は最高の 愛すべき昭和バカ映画 なり。
「太陽を盗んだ男 」「だいじょうぶマイフレンド 」
平成になってもこの手が観れるなんて!
白石監督リスペクト!
最高にバカ素晴らしい怪作。‬

溶かしバター大盛りポップコーン
さん / 2018年3月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi