「リアルさと緊迫感が無い。安っぽさのせい。」戦狼 ウルフ・オブ・ウォー 巫女雷男さんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

戦狼 ウルフ・オブ・ウォー

劇場公開日 2018年1月12日
全17件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

リアルさと緊迫感が無い。安っぽさのせい。

元特殊工作員がクーデターの起きた国(アフリカのある地域)にて、博士救出に向かうお話。中国政府がその国へ干渉したいのは山々だが、理由ありで動けず。

前半はスケール感デカそうに思えたのだが、徐々にこじんまりして行く物語には呆れ感がハンパなかった。
脚本が面白く無いのだ。

アクションや銃撃シーンは頑張っている所はあるのだが、「安っぽいセットやロケ場で撮影だろうな」とか思えたし、撃たれた直後のCGもショボく感じるシーンもあるため、派手な割には「😦は?」と思ってしまう。
戦車を使った意味も薄れてしまう。

「ブラックホークダウン」の様な緊迫感も無い街並み。
「こんな綺麗な所で撮影されてもさっ」て感じにもなる。

観終わった後の感想は「パッとしなかった。」
アジア地域で1000億円のヒットですか〜⤵︎
中国では今、アフリカがかなり絡む事だけは分かります。

巫女雷男
さん / 2019年5月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報