「恐ろしい作品(再レビュー)」海を駆ける bloodtrailさんの映画レビュー(ネタバレ)

ホーム > 作品情報 > 映画「海を駆ける」 > レビュー > bloodtrailさんのレビュー
メニュー

海を駆ける

劇場公開日 2018年5月26日
全23件中、4件目を表示
  •  
映画レビューを書く

恐ろしい作品(再レビュー) ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

文科省芸術文化振興予算の補助、三ヶ国合作、朝日新聞、TBS...
満貫です。意味分からんです。本当に分かんない。
阿部純子のプライベートストーリーと割り切っても。

海は命を救いもするし奪いもする。それは気まぐれと見えるほどに不条理である。そんなところですか?しかし胸糞悪。いずれにしろ映画としてダメ過ぎる。

監督の才覚のほどを測りかねてたんで、確認の意味での鑑賞でしたが、評価確定します。次は観ない。

違いを強調する事で自己の能力を粉飾することが、ある程度可能なことは知ってる。違う畑でそう言う人も見て来た。

今は、淵に立つ、まで醜く思えて来た。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
と、一旦レビューはしたものの。

見方を変えてみたら、恐ろしいことに気づいた。

この作品、丸めて言うと、
「正体不明のサイコパスが無垢な命を奪って海に消える映画」

それは、淵に立つ、と同じ構図ではないか。あの子供達が溺れていなければ、ラウと出会っていなかったら、最後の浜辺で四人の若者は、あのまま海中に引きずり込まれていたのではないのか。。。

前言撤回します。次回作も観ます。
分からん映画であることに変わりはないし、共感はし兼ねるが、興味はある。

bloodtrail
さん / 2018年8月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報