デトロイトのレビュー・感想・評価

メニュー

デトロイト

劇場公開日 2018年1月26日
168件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

ビバリーヒルズ・コップの17年前

一応、事実的なことを最初に記しておくと、この事件は裁判では無罪となっていて、真相がハッキリしたわけではない。ただ、状況証拠と証言からして限りなく黒に近いだろうということだけしか言えない。ビグロー監督は、事件の詳細な記録を調査し、空白の時間を想像力で補って映像化している。

しかしながら、当時のデトロイトの白人警官の横暴は事実であり、こうした凄惨な事件が起きてしまうバックグラウンドは十分にあった。事件の詳細云々よりも、もっと根の深いアメリカの差別の病巣それ自体を描いた作品として非常に意義のある作品だろう。

ケン・ローチ作品の撮影監督として有名なバリー・エイクロイドの臨場感あふれるカメラワークは、観客にその場に居合わせたかのような恐怖を与える。『ハートロッカー』以来ビグロー作品のカメラを手がけているが、彼の能力なくてはビグロー作品のリアリティはないだろう。
デトロイトの警官と言えば、エディ・マーフィの『ビバリーヒルズ・コップ』を思いだす。この事件の17年後の映画だ。

ローチ
ローチさん / 2018年8月28日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

他人ごとと思うのは早計。

人間は偏見と状況とが合わさるとどれだけ酷いことができるのか。その一点を、現実に起きた事件を元に克明に表現している。もちろん楽しくないし辛い。

ただ、誰の心にもヘイトの芽が眠っていることが顕在化してきた現代にあって、この映画は決して他国の昔話や他人ごとではないのではないか。それはウィル・ポールター演じる最大の憎まれ役である白人警官が、性質として邪悪に寄っているかも知れないが、決して心が強い者として描かれていないことからもわかる。弱く怯えているからこそ彼と仲間たちは暴走するのである。

実際のアルジェモーテル事件では、二人の少女は「黒人といちゃつきやがって」と警官たちに裸にされたという。そこをぼやかした意図はちょっとわからない。これ以上陰惨になると伝えたいテーマが伝わらないと判断されたのだろうか。いずれにせよ、自分がいかに弱き者であるかと向き合うためにも、誰もが観て損はない力作だと思う。

バッハ。
バッハ。さん / 2018年1月29日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 6 件)

手を伸ばすと火傷を負いそうなほどの臨場感

ビグローとボールが放つ実録ドラマはここにきてさらに密度を高め、67年を単なる歴史の通過点でなく、手を伸ばせば火傷を負うほどの臨場感で提示する。前半部はそのスケールの大きな全体像を、事件の着火点から時系列的に描き、後半は舞台を一点にクローズアップしてどんな異様な状態に見舞われていたのかを克明に記していく。全くもって異なる限界状況だが、いずれも精神の制御盤が吹っ飛び、暴走し、歯止めが効かなくなってしまった状態であることは共通している。

感心させられるのは、本作が規定の結論へ観客を誘導するのではなく、あくまで自分らの集めた証言をもとに再構築を図ろうとする作法だ。特定の人物を悪と断罪するわけでなく、むしろ被害者と加害者にどのような心理が働いたのか、各々がどんな性格の持ち主だったのかの描写も手を抜かない。それがさらなる臨場感を生む。緊張感も凄まじいが、その筆致に、今回も心底驚愕させられるのである。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2018年1月27日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 6 件)

狂った時代の狂った実話

黒人差別が酷かった時代の狂った実話。
いかれたレイシスト警官達と、それに迫害され犠牲になってしまった人々の悲しい事件をベースにしている。

モーテルでの白人警官達による少年少女への拷問シーンは、胸糞悪くなるほど鬼気迫るものがあり、只々圧巻だった。

レイシスト警官を演じた、ウィルポールターの怪演がとても素晴らしく印象的だった。

アントニオバンデラス
アントニオバンデラスさん / 2019年2月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

彼らはこんな狂気のなかを生きてきたのか

逃げる黒人を背後から撃ったことを上司から問い詰められた若い白人警官が「(上司がそう責めるのも)仕方ない、それも仕事のうちだから」と同僚にこぼすシーンが忘れられない。
あっ、彼はほんとうに無抵抗の黒人を殺すことをなんとも思っていないんだ、と分かってヒヤッとしたから。
そんな狂気の白人警官演じるウィルポールターくんの力かな…すごい。

ざらざらとした映像。現場の埃っぽさが伝わってくるかのような。ホームカメラで撮ったような、生っぽさ。

ほんとうに理不尽で怒りがこみ上げてくるのだけれど、胸糞映画で終わらなかったのが良かった。
被害者の黒人男性が教会で歌う聖歌があまりに美しいからかな。
でもちゃんと、忘れられない怒りは残るね。

mimi
mimiさん / 2019年2月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ただただ、辛い…

実話というのが信じられないくらい辛い。

日々の鬱憤をちょっとだけ晴らしたいと思ってやったイタズラが、モーテル別館にいた人全員の人生を変えてしまった。

白人警官は、本当にこんなに嫌な奴ばっかりだったんだろうか…。
みんなお互いわかりあえればいいのに。

soleilヾ(´ε`○)
soleilヾ(´ε`○)さん / 2019年1月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まずまず。

まずまず。

oracion
oracionさん / 2019年1月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

絶望的

1967年のデトロイト暴動におけるモーテルでの殺人事件を描く。
差別主義者の警察官が延々と反吐を吐き続けるのは、観ていてとても辛い。
実話なので希望のないエンディングで、鬱々とした気持ちになる。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2019年1月10日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 怖い 知的
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

絶対に観るべき歴史

キャサリン・ビグロー氏を知ったのは、かつてのアカデミー賞を席巻した「ハート・ロッカー」だ。圧倒的なリアルさで描く社会派映画だったビグロー氏のスタイルは今作でも全く変わらない。役者の描写と演技のリアルさが非常に追求されており、今作を通じてアメリカの黒人差別の過去が圧倒的な余韻を残して伝わってくるのだ。

素子
素子さん / 2019年1月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

窓が破壊された陳列棚に人生ゲームが!

 1967年のデトロイト。深夜に違法経営している酒場を摘発しようと市警が踏み込んだことがきっかけとなり、暴動が起こり、徐々に規模を拡大していった。警官への投石、食料品の略奪、そして銃撃戦。警察では人に向けて発砲するなという規律があったにもかかわらず、1人の警官フィル・クラウス(ウィル・ポールター)は黒人男性を銃撃してしまった。本来なら現場から外されるはずだったが、州警察や軍も出動するほど大規模な暴動を鎮圧するために、引き続き任務に就いていた。

 そんな最悪な状態のデトロイトで、黒人たちによる人気バンド“ザ・ドラマティックス”がライブに出演しようとする矢先、コンサート会場では帰宅命令が発令され、彼らも帰宅せざるを得なかったのだた、ボーカルのラリー・リード(アルジー・スミス)と友人のフレッドがアルジェ・モーテルに一泊することになった。そこで知り合った白人女性や黒人男性たちの一人がふざけておもちゃのピストルによって轟音を響かせてしまう。それを狙撃犯の仕業だと思い込んだ警官たちが一斉にモーテルになだれ込んだのだった。結局、黒人3人が警官によって射殺され、他の者たちも尋問され、暴行され重傷を負うことになるのだ。

 差別主義者の警官フィルの非道さ。「銃を撃ったのは誰だ!?」としつこく訊いて、殴る蹴るの暴行を続け、他の警官フリンやデメンズにも個別に部屋に連れ込んで殺させるのだ。と、そのおぞましい尋問が続く中、「Another One Bites the Dust」という台詞が聞こえてきた(多分)。知る人ぞ知るクイーンの「地獄へ道づれ」の原題ですが、日本語訳が過去形だったのでbitesではなくbitだったのかもしれません。こんな時に使うんですね・・・

 ストーリーとしては、その後の裁判の模様まで駆け足で進んでいくのですが、人種差別、差別主義者というテーマを重く投げかけてきます。裁判の陪審員12人すべてが白人だという問題点や、悪徳警官につく弁護士にも差別の色眼鏡が見えてくる。ただ、映画の構成としては前半にクライマックスがあるように感じられ、編集のやり方次第でもっとメッセージ性が強くなったんじゃないかと思います。

kossykossy
kossykossyさん / 2019年1月6日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

地獄めぐりへようこそ

はらわたを捩じ切られるように辛いあの夜…が終わってからが長かった。実話ベースということで仕方ないのかもしれないが、見終わってボロぞーきんになりました。ウィル・ポーターの顔は絶対忘れられない顔だなあ。

なお
なおさん / 2018年12月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

思ったよりエンターテイメント

「ハート・ロッカー」、「ゼロ・ダーク・サーティ」のキャスリン・ビグロー監督作。もっと厳しくもっとドキュメンタリーな作品だと思っていたが適度にエンターテイメントだった。イーストウッド作品を思った。何はともあれ今年のベストテン候補に一番乗り。

まっくん a.k.a. エロくそチキン
まっくん a.k.a. エロくそチキンさん / 2018年10月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

相容れない

キャサリンビクローらしい重さ。ウィルポールターの怪演が際立つ。もはや信頼関係が成り立たない。互いに恐怖が支配する。与えられたと信じる立場にあり続けようとして、歯止めが効かない。警察と軍の立場の違い。立場に執着し正義は失われる。人が為す行い。反吐がでる。
最初の挿絵は簡潔で分かりやすい。ハーレムのような街区は自然発生的に生まれた人種隔離だと気付かされる。まるで第9地区。日本にはないかと言われると、そうとは言い切れない。

Kj
Kjさん / 2018年9月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

救われない内容

事実を伝えるだけでは映画ではない。

saoki_ug
saoki_ugさん / 2018年9月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

壮絶できつく辛い。そして、いまだ続く…この現状。。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

50年前のデトロイトで黒人差別から起きた暴動を実話化。
ドキュメンタリーを観ているかのような緊迫感。
心に衝撃を与える恐怖かつ壮絶さ。

確かにすぐカッとなるのは問題。挑発も死を引き寄せる行為でしかない。
でも、“死のゲーム”をする白人警官(特にラリー)は差別意識がもろに出ていて、遊びで楽しんでいるようにしか見えない行動が腹立たしくて仕方なかった。
裁判所でもラリーは態度がひどくて不快だった。重い罪になって欲しいと思った。

演じているそれぞれの役者さんは相当辛く引きずっただろうな…と感じました。特にラリー役の人は。
それくらい迫真できつい映画でした。

遠く離れた訪れたことのない国だけど、こういう事件がなくなって欲しいと切に願いますが・・現状はなかなか解決の糸口が見つからないんだろうな。。長いテーマですね…。

☆ユウ☆
☆ユウ☆さん / 2018年8月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

40年前の事件を緻密に再現

黒人差別についての映画はSpike Leeをはじめ山ほど観てきましたが、事件が起きてから時間が40年ほど経っている事などから、この作品は冷静で緻密に作られていて、とても新鮮に感じました。
とはいえ、ヘビーな作品でした。

BAININ
BAININさん / 2018年8月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

暴動起きてドンパチする映画かと思って見たら全然違った。ビグロー、さすが。

暴動起きてドンパチする映画かと思って見たら全然違った。ビグロー、さすが。

ghostdog_tbs
ghostdog_tbsさん / 2018年8月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ドラマティクスは好きだけど

どんな映画かも知らず見てみたら、かなりDEEPな内容で不快感とやるせなさしか残らなかった。
ここまでひどくはなくても日本でも普通に会社でも閉鎖的な空間であればどこでも起こりえる話だと思った。
ラリーの歌声だけが最後の救いかな♪

赤い彗星
赤い彗星さん / 2018年7月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

つまらん 寝れたけど我慢して最後まで観た 最後 パシフィック・リム...

つまらん 寝れたけど我慢して最後まで観た

最後 パシフィック・リムのロボットが出てきて

警官やっつけちゃったら 面白かったかも知れない

かもですよ(笑)

2018年7月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

“デトロイト”を忘れるな ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

1967年の“デトロイト暴動”と、その最中に起きた衝撃の事件を映画化。
キャスリン・ビグローの男勝りの演出がこれまた遺憾なく発揮された、力作実録劇!

この暴動や事件について全く知らなかったので、発端や経緯を整理してみると…

まず、“デトロイト暴動”。
警察が無許可営業の酒場を摘発、これが引き金となって社会に対する黒人たちの不満や怒りが爆発し、あちこちで暴動が発生。
それはどんどん拡大、市警だけの手には負えず、別の州警察や軍隊も投入。
警察や兵士たちは銃を構え、戦車が行き交い、暴徒による略奪や放火は収まらず、町は戦場のような光景に。
死者43名、負傷者1189名、逮捕者7000名以上に至った。
この緊迫の中、事件は起きた…。

少し離れた“アルジェ・モーテル”。
暴動を逃れ、宿泊していた黒人客たち。
その中の一人が、悪ふざけでおもちゃの銃を発砲。
これを警察や兵士たちは“本物の狙撃”と誤認。
白人警官3名がモーテルに突入し、黒人客たちの地獄の一夜が始まった…。

狙撃したのは誰だ? 銃は何処だ?
一見職務を全うしてる事実確認のように思えるが、そのやり方というのが…
暴行、脅し…不当で容赦ない尋問。
黒人客たちは怯えきっている。
白人警官たちはこれを“ゲーム”と明らかに楽しんでいる。
法の番人という権力を武器に、これはもう一方的な暴力。警察の一般人へのれっきとした犯罪行為だ。
こんな事があっていいのか。許されるのか。
実際にあったのだ。
警察である事、白人である事がそんなに偉いのか。
黒人はずっと鎖に繋がれ、苦しめ続けなければならないのか。
人種差別云々以前に、人が人として扱われない仕打ち、権力の横暴に怒りしか沸いてこない。

人種問題を扱った作品は大抵、白人に否があり、黒人が被害者と描かれる事が多いが、本作は単純にそうではない。
白人に差別主義者の警官が居る一方、良識や善意ある者も居る。
黒人の多くが被害者である一方、愚かな者も居る。
モーテルでおもちゃの銃を発砲した黒人客。
テメェの悪ふざけのせいででこんな事になったんじゃねーか!
いや、そもそも、何が原因となって起きたのか。
一個人、差別/偏見、社会全体…全てが悪い方向に複雑に絡み合い、問題を考えさせられる。

遂に最悪の事態が。
白人警官たちは黒人客を一人ずつ隣室に連れ込み、銃で殺した事にして他の黒人客たちを脅していたが、一人の白人警官が本当に一人の黒人客を射殺。
さすがにマズいと、白人警官たちは黒人客たちに、モーテルでは何も起きなかった事にして、解放。
やっと地獄の一夜が終わった。黒人各々の心に深く痛々しい傷とトラウマを残して。
結果的に殺された黒人は、3人。
…が! こんな事が一生隠し通せるものか。
戦慄の事件が明るみになり、裁判が開かれる。
ああ、やっと黒人客たちの苦しみ、殺された者の無念が晴らされる。
しかし…

この判決は、ほんの一部の白人たちにとっては最高のものだった。
例えばこれが逆、黒人警官が白人に狂気の尋問をしていたら、即死刑判決だったろう。
あの当時のデトロイトでは、クソ白人警官や白人至上主義者たちにとってはパラダイス。
黒人たちへどんな罪を犯しても、絶対的に守られる。
法は白人たちの味方。
一体誰が、何が、黒人たちを守ってくれるのか。
地獄の尋問の先に、更なる不条理/理不尽が待ち受けていた…。

当時のニュース映像も挿入しながら、徹底したリアリズムとドキュメンタリータッチ。
正直序盤こそはちと退屈だったが、いざ地獄の尋問が始まった中盤からは恐怖と緊迫感が盛り上がり、気付けばラストまで引き込まれていた。
個人的ビグロー作品BESTは『ゼロ・ダーク・サーティ』で、それは凌げなかったものの、さすがとも言えるKO級の手腕は140分超えの長丁場を飽きさせない。
話は黒人民間警備員と尋問された黒人歌手の視点を軸に展開されるが、やはり一際印象を残すのが、差別主義者の白人警官役で狂気を体現したウィル・ポールター。
彼を認識したのはおバカコメディ『なんちゃって家族』であったが、『レヴェナント』や本作などで熱演を見せ、若手実力派として着実にキャリアアップ。

“デトロイト暴動”と“アルジェ・モーテル事件”から50年の節目に製作された本作。
そう、ほんの50年前なのだ。
差別や偏見への意識が高くなった今、同じような事件が起きたらアメリカ社会を揺るがす大問題になるだろう。
が、まだまだ根強く残っているのだ。差別や偏見は。
アメリカの闇、差別や偏見に対する彼らの心の叫びは、果たして本当に届いているのだろうか。

近大
近大さん / 2018年7月13日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

168件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報