デトロイトのレビュー・感想・評価

メニュー

デトロイト

劇場公開日 2018年1月26日
148件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

他人ごとと思うのは早計。

人間は偏見と状況とが合わさるとどれだけ酷いことができるのか。その一点を、現実に起きた事件を元に克明に表現している。もちろん楽しくないし辛い。

ただ、誰の心にもヘイトの芽が眠っていることが顕在化してきた現代にあって、この映画は決して他国の昔話や他人ごとではないのではないか。それはウィル・ポールター演じる最大の憎まれ役である白人警官が、性質として邪悪に寄っているかも知れないが、決して心が強い者として描かれていないことからもわかる。弱く怯えているからこそ彼と仲間たちは暴走するのである。

実際のアルジェモーテル事件では、二人の少女は「黒人といちゃつきやがって」と警官たちに裸にされたという。そこをぼやかした意図はちょっとわからない。これ以上陰惨になると伝えたいテーマが伝わらないと判断されたのだろうか。いずれにせよ、自分がいかに弱き者であるかと向き合うためにも、誰もが観て損はない力作だと思う。

バッハ。
バッハ。さん / 2018年1月29日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 5 件)

手を伸ばすと火傷を負いそうなほどの臨場感

ビグローとボールが放つ実録ドラマはここにきてさらに密度を高め、67年を単なる歴史の通過点でなく、手を伸ばせば火傷を負うほどの臨場感で提示する。前半部はそのスケールの大きな全体像を、事件の着火点から時系列的に描き、後半は舞台を一点にクローズアップしてどんな異様な状態に見舞われていたのかを克明に記していく。全くもって異なる限界状況だが、いずれも精神の制御盤が吹っ飛び、暴走し、歯止めが効かなくなってしまった状態であることは共通している。

感心させられるのは、本作が規定の結論へ観客を誘導するのではなく、あくまで自分らの集めた証言をもとに再構築を図ろうとする作法だ。特定の人物を悪と断罪するわけでなく、むしろ被害者と加害者にどのような心理が働いたのか、各々がどんな性格の持ち主だったのかの描写も手を抜かない。それがさらなる臨場感を生む。緊張感も凄まじいが、その筆致に、今回も心底驚愕させられるのである。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2018年1月27日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 5 件)

レイシストのおふざけ。

長い。尋問と言う名の拷問をされる黒人たちと同じ気分でしょう。いつ終わるんだと。
ドキュメンタリー的映画は苦手ですね。発砲の理由言えばいいのにと。
恐ろしい事にこの映画のような事件の構図は現在もアメリカで起きています。

めたるぱんち
めたるぱんちさん / 2018年5月26日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

関節という関節が緊張で蝕まれていく時間体験は半端じゃない、いまだに...

関節という関節が緊張で蝕まれていく時間体験は半端じゃない、いまだに首が痛くてしょうがない恐ろしい一本です。

JOHN DO
JOHN DOさん / 2018年5月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

地獄の40分。

映画は観るものだが最近は体感させるものが多くなっている。
この監督は常にそのリアル効果を発揮するが今回は特に怖い。
観客も40分にわたって拷問されたような戦慄の地獄を味わう。
素直に従わないと撃ち殺される、今夜を生き抜けという台詞
が圧し掛かってくる恐怖と、日本人からすればまさか警察が
(もうこの言葉も通用しなくなったけど)という楽観的な構え
が打ち砕かれる。警官を演じたポールターが格段に恐ろしく
臨場感に貢献。事件の顛末といいまるで生きた心地がしない。

ハチコ
ハチコさん / 2018年4月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

凄かった。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

バイオレンスか、サスペンスか、そういう細かなところではなく、人間の醜さそのものを見せられた気がします。

あの一連の事件は、誰かが凶悪な思想を持って行った様な行為ではない様に思えます。
ちょっとした悪意がヒートアップし、各人の面子や責任が絡み合って最終的にあのような結末を迎えたのだと思います。

この映画の最も邪悪な点は、「警察」が起こした事件だということです。
平穏な日常を過ごす市民のモラルは、詰まるところ、警察の存在によって担保されています。
警察が全く信用できない世界では、モラルは崩壊するでしょう。
人々の良心は、それを監督する存在に寄って、呼び覚まされ機能する物の様な気がします。
通常、狂気を孕んだバイオレンスムービーでは警察は最後に出てきて救いを与える存在です。
それがこの映画では、ハナから加害者側です。そこが本当に怖かったです。

裁判の結果を判事が告げられて、取り乱す遺族を見て「今は1967年よ」というあの娘の言葉が頭をよぎります。
人々の意識に、まだついていけていない司法はその時代の矛盾と、歪みを象徴している気がしました。

Rewind That
Rewind Thatさん / 2018年4月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

見終わったあと、あまりにクソな現実にスクリーンにペットボトル投げそ...

見終わったあと、あまりにクソな現実にスクリーンにペットボトル投げそうになりました。

sonar
sonarさん / 2018年3月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

キャスリンビグロー!こえー!

キャスリンビグローはすげえ!!
これが実話であるというだけで、もう、なんだか、心がざわつく。臨場感がすごくて、怖かった。
ジョンボイエガ!こんなに良い役者さんだったとは!フィンだけじゃなかったのだね!!
そして、白人警官役のウィルポールターさんもすげえ!!自分なら、こんな役したくない。。。と思わせる迫真の演技でした。
歴史を学ぶことという意味でも、ぜひ多くの人に見てほしい一作です!

ダイゴ
ダイゴさん / 2018年3月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

評価はとても難しいが、観てよかったことは間違いない ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

音楽や車好き、あるいは映画好きのエンタメな気持ちと、シリアスな気持ちが、自分の中でコンクリフトし、うまく消化できません。

作品との距離が近く、傍観することは許されない。
”イエロー”の一言にもナーバスに反応してしまう。
当事者だったら?自分の街だったら?と思うととても恐ろしい。

往年のR&Bを聴いていると、ときどき話題になるデトロイト暴動。
本作品をみたらザックリ理解できるかな??
などと考えていたのは大甘でした。
理不尽を普遍化して、こちらへ出前してくるようなところがあります。

それでもやっぱり面白く観れちゃうところが、とてもよかった。

音楽もモータウン一辺倒じゃなく、ちょっとSTAXが入っているあたり、こちらでもドッキリさせられた。
油断も隙もないです。

凪
さん / 2018年3月21日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

役者たちの臨場感

やはり人種差別に関する感覚や背景の違い、またその現実的な知識が我々には乏しいので、スクリーン上で起こっていることが何を意味するのか、すぐに分からない事も多かった。
後の状況から「あ、さっきのはそういう意味だったのね」ということがわかるものもあれば、「結局、アレどういう状況だったの?」と首を傾げることも。

でも、社会的な地位や役職、人間関係でさえ人種差別の前では簡単にひっくり返り、生死の危機に及ぶ恐ろしさを見せつけられた。
当初は差別が目的ではなく、事更に意識していなくても、何かをしようとする中でその行動分岐が潜在的な差別意識で次々に悪い方へとエスカレートしていく。

ずっしりと胸にコタエる作品だった。

キレンジャー
キレンジャーさん / 2018年3月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

凄まじいまでの人種差別。実話だという。横暴な白人警官、貧困にあえぐ...

凄まじいまでの人種差別。実話だという。横暴な白人警官、貧困にあえぐアフリカ系アメリカ人。50年ほど前の物語だが、激しい暴動はともかく、今も同じような事件が絶えないアメリカという国。

差別される側に感情移入して、とことん恐怖を味わう。人権がないがしろにされる環境は、日本にも近づいているなあと感じる今日この頃。大いに考えさせられた。

救いは全編に流れる音楽。特に教会で歌われるゴスペルは素晴らしい。不条理に迫害される彼らから生まれた魂の叫びだと実感。

劇場の天使2
劇場の天使2さん / 2018年3月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

すごかった

後味悪いけど、とても50年前の話と思えない。今でも続いていることだし、なんなら日本でも起こり得ると思った。

mu_ryo
mu_ryoさん / 2018年3月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

事実 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

絶妙に生々しかった。

差別とか黒人への迫害をテーマにした作品は数々あれど、映像技術の進歩や風潮などにより臨場感が半端ない。
終始、眉間に皺をよせて観てた。
前半後半みたいな事になってて、前半は漠然とした暴動の経緯や状況などが群像劇かと思う感じで展開されていくんだけど、後半…モーテルの中に焦点を絞ったシーンの緊迫感に愕然とする。
白人警官役の人がこれまたベストなキャスティングで…風貌といい、目付きといい、黒人を迫害する事に躊躇も疑問もない。
当時の白人の有様を見事に落とし込んでらした。いや、素晴らしい演技でした。
「演技?」と疑問を抱く程に。

まあ、なんせ最初から最後まで、アメリカの闇というか人種差別の実態を事細かに描いた作品であった。

これは事実だったんだよなあ…脚色はあるものの。差別する側の残忍さと、される側の恐怖が生々しかった。
とてつもなく理不尽な理屈が、神の鉄槌かの如く降りかかってくる。
白人とそれ以外…。
バカげた思想だが、当時はそれが常識だったのだ。

大国の闇を垣間見た作品だった。
そして、その闇は今だに仄かに燻ってもいる。

U-3153
U-3153さん / 2018年3月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

暴力シーンが怖すぎ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

人種差別の映画かー、ぐらいの基礎知識で観に行ってしまったのですが、ちょっと暴力シーンが多過ぎてお腹が痛くなりました。
さっさと「陸上用のおもちゃのピストルでふざけてただけ」と正直に早く誰か言ってよ!それで済む話じゃん!とイライラしました。
本当にあんな風に差別的な警官がいるなんて信じられない。

Readme
Readmeさん / 2018年3月13日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最後に泣かされた

ビグロー監督はまるでドキュメンタリー映画のように淡々と、事実の復元をしているだけで、ものすごい緊迫してはいるが、ほとんどドラマチックな展開はなかったのだが、最後、事件に巻き込まれたトラウマで音楽活動ができなくなってしまったラリーが、冬の極寒のデトロイトで窓ガラスが割れた汚い家に住み、吐く息が白くなってしまう部屋の中で、缶のスープを温めて、鍋から直接すすって震えているところを見て、涙が出てしまった。ラリーは事件の後警官が怖くなり、聖歌隊でしか歌えないと、教会で歌わせてくれるように頼みに行く。この人は今でもデトロイトに住んで、教会で牧師をして歌を歌っているそうだ。

GreenT
GreenTさん / 2018年3月12日 / PCから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

差別はなくならない。

今もなお変わらない差別が残るアメリカの姿。

まお
まおさん / 2018年3月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

強烈な尋問

40分の尋問シーンが強烈。その引き金となった玩具のピストルは一体どこへ消えてしまったのだろか。そして、人権侵害となり得る警察の犯罪を野放しには出来ないし、取り締まるシステムが必要と感じた。
2018-53

隣組
隣組さん / 2018年3月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

傑作だけど疲れる

当該監督は自分も大好きで、米国のリアルがしっかり描かれいる大傑作。
ゼロダークサーティより過激な史実を映像化することで米国の課題を浮き彫りにしている。ただし、日本人の私ですら見ていて気分が悪くなる緊迫のモーテルのシーン40分、もう少し短くする選択もありかな。特に白人層にとっては民族の残虐性をまざまざと見せられ席を立ちたくなる人も多いんでわ。
この映画がオスカーにノミネートされない米国という現実が残念な気がした。

90's
90'sさん / 2018年3月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「キャスリン・ビグロー監督、すごい」 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

19本目。
監督は「ハート・ロッカー」で、2010年のアカデミー賞で、作品賞、そして女性初の監督賞などに輝いたが、その時の手法を、さらに発展させた作品になっている。

なんと言っても、40分間にわたる尋問場面が最大の見せ場となっている。

この作品を見て、今のトランプ政権下での「差別主義の広がり」が収まり、少しでもいい方向に向かってくれれば、と願うばかりである。

ヨッシー
ヨッシーさん / 2018年3月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人間の無知、差別、偏見、先入観をこれでもかこれでもかと表現している...

人間の無知、差別、偏見、先入観をこれでもかこれでもかと表現している。ウィルポールターが憎たらしさ抜群の悪役を演じきっている。
アカデミー賞とれるかアメリカがためされている。

けん
けんさん / 2018年3月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

148件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi