ライオンは今夜死ぬのレビュー・感想・評価

ライオンは今夜死ぬ

劇場公開日 2018年1月20日
5件を表示 映画レビューを書く

大俳優でありながら、未だ純真無垢な子供のような稀有な存在 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ジャン・ピエール=レオの代表作を見て臨んだ方が本作をじっくりと楽しめるのかもしれない。とりわけ『大人は判ってくれない』などの少年時代の彼は、本作における少年少女たちと姿とも重なるかのようで微笑ましい。御歳70を超えた彼は、大俳優でありながら、時に子供達と並んでも遜色のない純真無垢な存在に思えたりもする。

「映画内映画」の撮影に取り組み、亡き恋人と再会し、時に呆然と佇んだり、虚ろな表情で道を彷徨い、さらには狂人のような態度で子供達にリンゴを投げつける。そんなあらゆる精神状態を一つの肉体にて整合性を持って表現し得ている点はさすがというほかない。序盤、演技について思い悩んでいた彼は、子供達との映画撮影を通じて、最終的に「これだ」と思う答えを見つけ得たのだろう。死、愛、人生、演技、そして映画。様々なテーマは一つに溶け合い、やがて言葉を超えた至高の境地へ。街角をゆっくり横切る動物にその象徴を見た。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2018年1月29日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

子どもたちの自然な佇まいが素晴らしい

ヌーヴェルヴァーグ好きの諏訪敦彦監督にとって、ジャン=ピエール・レオーはアイドル的存在。そんなジャン=ピエール・レオーを主演に迎えた、監督にとっては念願の叶った一作だろう。

いつも通りの即興演出だが、撮影監督トム・アラリの美しい映像美が普段の諏訪映画にない彩りを加えている。

おそらくジャン=ピエール・レオーのことなどよく知らないであろう年代の少年少女たちが実に輝いている。かつての大スター、ジャンが自主映画を作ろうとしている子どもたちに出会い、映画を作る喜びを再発見する。その映画の内容は実にくだらないホラーなのだが、ジャンは美しいとこぼすように語るのが印象的だ。そこには打算も計算もなく、純粋に撮りたいものだけを撮る喜びに満ちている。大スター以上にこの映画の華となっているのは紛れもなく子どもたちであり、こういう自然な佇まいを引き出せる監督の演出力は見事。

ローチ
ローチさん / 2018年1月27日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

変わってないな。

アントワーヌの現在を観たい一心で選んだ作品。やはりジャンは
何も変わっていなかった。子供達がクソジジイ呼ばわりするその
名優は今もホントに子供っぽい。それだけに愛らしくどんなに歳
を重ねても無邪気に飄々としたそのスタイルと即興演技を厭わぬ
柔軟性が微笑ましい。現実と妄想を行き来する描き方は単調だが、
監督が描きたいものを理解してから観るとなるほどねと思わせる。

ハチコ
ハチコさん / 2018年4月24日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

美しいコートダジュール

スパイラルで諏訪監督の講座を聞いたことをきっかけに鑑賞。

フランス映画は退屈してしまうことが多いけど、本作はコートダジュールの景色やジャン・ピエールと子供たちの協奏が美しく、何かとてもいいものを見たような気持ちになった。

子供たちの撮影した映画の完成バージョンも講座の中で見せて頂いたが、本当に自由で面白い。音楽の著作権の関係で、公開が難しいと仰っていたけど、DVDの特典映像か何かで、多くの人の目に触れて欲しい。

rakopon
rakoponさん / 2018年2月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

間延び

ジャン・ピエール・レオンは良かったが、作品は間延びしてて退屈した。

ころ
ころさん / 2018年1月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

5件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi