劇場公開日 2020年1月17日

コンプリシティ 優しい共犯のレビュー・感想・評価

3.112
11%
32%
46%
0%
11%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全12件を表示

3.5リュウ・ウェイ?高価な名前だ。

栗太郎さん
2020年2月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

やむなき理由で、他人に成りすまし、安全な場所で生きようとする中国人チェン・リャン。今、日本に来ている中国人のなかに、おそらく彼と同じ境遇の人間が何人かいるんだろうなあ、と思いながら観ていた。立場を変えれば、そうなってしまった日本人だってどこかにいたはずだとも。ひとつ踏み外せば、もう上がることはなく、下の階段へ転がっていくだけだ。だけど、その切実さはありながらも陰湿さを感じないのは、蕎麦屋親子のみせる善人が寄り添っているからだろう。そしてまた、テレサテンの歌が流れて来て、ついちょっと涙が流れてくるのは、リュウの誠実な人柄に、こちらが気付いているからだろう。
最後、そうするのか。結局危ない道を行くことには変わりがない。主人の親切はけしていい結果を生むわけがない。だって逃げてもね、どこまで逃げても、中国までは逃げきれないんだから。そしてそのラストシーン、そのタイトルを言わせるのは酷だなあ。酷だよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
栗太郎

3.0共犯か?

ソルトさん
2020年2月1日
Androidアプリから投稿

世間は時あたかも中国バッシングの最中の公開!
間はそこまで悪くは無いわけだったのに、これは劇的に両国の空気も変えてしまったですね。
映画は日本のおじいさんと中国の若者の優しい関係を淡々と描写した映画でそれ以上でも以下でもない。
同じ地方の舞台で、市原悦子さんがおばあさん、犯罪を起こした若者が主役のしゃぼん玉という映画が両者の交流の妙を伝えて、秀作とされたが、比較するべくもなく凡作だろう。
中国の方はどんな感想を持つだろう、青年のアイデンティティー確立のラストには拍手を送りたい❗

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ソルト

4.0公開記念舞台挨拶 登壇:ルー・ユーライさん、近浦啓監督。山形県大石...

2020年1月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

公開記念舞台挨拶 登壇:ルー・ユーライさん、近浦啓監督。山形県大石田町などを舞台に撮影が行われた。監督は、この映画を技能実習生についてジャッジすることではなく、ユニバーサルな青春の成長物語にしたかったとのこと。セリフが少なく静かな進行。それぞれの優しさから、また、のっぴきならない人生から、「優しい共犯」関係になっていく。ラストシーンで、チェンが葉月に自分の本当の名前を伝えたのが象徴的。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
still_ontheroad

5.0観終わった後、自分と向き合いました

ぴかさん
2020年1月25日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

誰かを傷つけ、裏切ってしまった経験、自分にもたくさんあった。忘れてしまいたい事もあった。

この映画では信頼と裏切りがどちらか別々に存在するものではなく、その2つがあるゆえの優しくて、悲しくて、強い決断になっていった。

作品を観た後は、できるだけ目を向けたくなかった自分自身の後悔に、少し向き合う事ができた。

この映画が沢山の方に見ていただけますように。

監督の次作にも大いに期待しています。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぴか

3.5観客も共犯者

Imperatorさん
2020年1月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Imperator

3.0人情味を感じる

隣組さん
2020年1月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

114席シアターを独占鑑賞。優しい共犯が記す通り人情味を感じる作品で現実的なストーリーに少しずつ引き込まれた。また展開も予測不可能で面白味があった。そば打ちの光景も興味深く藤竜也の存在感も際立っていた。
2020-14

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
隣組

3.0真面目な青年の悲しみを描いただけ

SHさん
2020年1月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

精度の問題とか、負のスパイラルというものを考えるきっかけにはなると思うけれど、この作品から何かが動き出すようには、残念ながら全く感じなかった。
外国から日本の地方に至るまで、丁寧に撮影されて、リアリティーを真摯に作り出していたので、物語を楽しむことはできた。
ただ、個人的には、すべてが絶望的に見えてしまった。そういった意図ではないのかも・・・と見え隠れしているだけに、少し残念な作品だった印象。
細かな展開も強引なのかなーと・・・。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
SH

0.5あざとい

2020年1月20日
スマートフォンから投稿

HPを見て期待してたけど、面白くなかった。
静かな作品だと思ってたけどカメラワークがぐるぐるしてて目が回る。内容があまり入ってこなくてただ目が回ってました。
結局新人監督が有名?な人を起用して何となくいい映画風な作品を撮ってみました的な感じが見えてつまらなかった。
きっとこの監督さんは是枝監督や西川監督が好きなんだなーって思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ムービータイガー

3.0チェン・リャン

Bacchusさん
2020年1月19日
Androidアプリから投稿

悲しい

難しい

中国から3年間の技能研修生として来日するも、逃げ出して不法滞在者となった主人公が、偽造在留カードと携帯番号で手にしたリュウ・ウェイという北京出身の他人の経歴に載っかって成りすましたことで巻き起こっていく話。

携帯にかかってきたまともな就職口の話に応じると、山形県の田舎町で夫婦が営む蕎麦屋での住み込みの仕事で、リュウ・ウェイとして蕎麦職人を目指して行く。

ヤバイ仕事をしていた時のしがらみや身分を偽ることの罪悪感と、店主夫婦や新たに知り合った友人との関係、中国の家族への思い等々、一度堕ちた人間の抱える葛藤が、優しく哀しく、時にリアルでとても面白かった。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 6 件)
Bacchus

3.0もう少し二人の関係が上手く描ければ

sallyさん
2020年1月16日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

賛否両論があると思う内容ですが、今の日本にやってくる外国の技能実習生にテーマを置いた作品になります。

何気に我々は技能実習生に対して何にも思っていませんが、彼達は、日本に希望を求めてやってくるのですが、日本人にも、そう言った外国人を食い物にしている人がいるのを知ると非常に悲しくなります。

また、本作品、実話をモチーフにして作られたのか、全くの作り話なのかはわかりませんが、映画の内容なので、少し大袈裟に話が出来ていますが、日本人であろうが外国人であろうが、皆一所懸命何かにすがり幸せを掴もうとしているんだな・・・・

映画の方は、ゆっくり進んでいくのと、日本人と外国人とのやりとりなど、役柄なのか、私的には、見ていてイライラすると言うか・・・・

藤竜也とルゥ・ユウライの演技は大変に素晴らしいのですが・・・・・

もう少し二人の関係がいい感じになるような表現方法を使って欲しかったな・・・・本作品のタイトルにある「優しい共犯」の意味がもう少しわかりやすくなると思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
sally

3.0優しい嘘を共有する繊細な人情ドラマ

2020年1月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:試写会

タイトルの通り「優しい共犯」を繊細に紡いだ作品。それは罪なのか、愛なのか…
国際事情や貧富の格差など、現代社会と生きることの本質をじんわりと問いかける。

展開に唐突感やあれはどうなったと繋がりで少し気になるところはあったが、全体を通して登場人物の感情を丁寧に撮っている。
特に主演のルー・ユーライの自然なか弱さと、藤竜也の渋すぎる佇まいの掛け合わせは深みがある。

ストーリーは直球だが純朴さを感じる。蕎麦屋の亭主はもっと頑固で威厳があってほしかったが、最初からすんなり優しすぎた。心を通わせていく過程がもう少しあっても良かったか。

ちなみに、最後のオチにはちょっと面食らった。ヒット作にこう掛けてきたかと。笑

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
映画野郎official

4.0中国映画といわれたらそう思ってしまう

2020年1月9日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

もはや邦画とか洋画とかいうてる時代ではないのか、クレジットが日本語英語併記やったりとグローバルな匂い。確かに日本国内より海外で受けそうな感じはする。
山形県大石田と中国湖南省
格好良い藤竜也が久しぶりに見られた。蕎麦打つ時の白衣もいいし、普段着も洒落てる。
役柄と同じ北京出身とは意外。
唇が印象的な中国人主役もイケメン。
中国人は日本人より喫煙率が高い印象なのでしっくり
十割蕎麦
テレサ・テンの「時の流れに身をまかせ」は日本人のみならず中国人の間でも「我只在乎你」として誰もが知っている曲らしい。
言葉が分からない国で生活していくって大変やなって思う。
浴衣デート
花火のシーンがありがちな見せ方ではなくて印象的。
音も一段と大きくなって良かった。
技能実習制度の闇について特に切り込むことはなく逆に何も知らない人が見たら何の話だかわからんかもしれへんけど、日本国内の問題以前に中国国内にいる悪徳斡旋業者の存在の方がクローズアップされた感じがする。

コメントする
共感した! (共感した人 4 件)
個人的下書き
「コンプリシティ 優しい共犯」の作品トップへ