「中村サスペンス」去年の冬、きみと別れ bumeiさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

去年の冬、きみと別れ

劇場公開日 2018年3月10日
全193件中、5件目を表示
  •  
映画レビューを書く

中村サスペンス

4年前くらいに原作を読み、作家・中村文則の世界観は衝撃を受けました。できれば、原作を読まないで映画を観た方が、この作品の持つ本当のサスペンスを実感できると思います。

愛する人を殺された憎しみが、その猟奇的な犯人以上に、狂おしいまでのモンスターを作り上げます。

恭介役の岩ちゃんの前半と後半の表情の変貌ぶりによって、心の奥に隠されていた憎悪と復讐心がよりクローズアップされていきます。

また、斉藤工と北村一輝も、隠された過去を背負って生きるその役柄を上手く演じていて、あまりにも不遇な結末に、観る人を誘っていきます。

bunmei21
さん / 2018年9月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi