「少年Aは今?」友罪 bumeiさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「友罪」 > レビュー > bumeiさんのレビュー
メニュー

友罪

劇場公開日 2018年5月25日
全152件中、16件目を表示
  •  
映画レビューを書く

少年Aは今?

最初から最後まで気持ちは暗く、誰も救われないような苦しみを感じました。現代社会の中に潜む、猟奇的な心の闇と葛藤を描いた問題作。

日本全土を震撼させた神戸児童殺人事件をモチーフにしており、少年Aのその後の姿を通して描いています。

自分の近くに、もし成人した少年Aが存在したら、果たして受け入れることはできるのか…。この映画で、少年Aは消すことのできない大きな罪と代償、そして後悔を背負いながら、生き続けています。

配役として、生田斗真と瑛太の位置関係はバランス良く、お互いを引き立てていたと思います。一方、佐藤浩市や富田靖子の役割は、直接的にはストーリーとは関係のない話題だった分、やや本作としてのテーマが薄まっ感じがしました。

むしろ、被害者遺族や加害者家族の実際の痛みや苦しみは、いかばかりなのか、という事を考えてしまいました。

bunmei21
さん / 2018年9月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi