女の一生のレビュー・感想・評価

メニュー

女の一生

劇場公開日 2017年12月9日
12件を表示 映画レビューを書く

過酷な人生 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

なんと過酷な人生だろうか。ポールの振る舞いに振り回される主人公が哀れで涙が出ます。最後は孫娘がやってきてホッとしますが、ポールは孫娘本当に現れるのかが分からずじまいのラストに一抹の不安が残る。

Takashi
Takashiさん / 2018年8月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

孫、、、 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

孫いたんだあ、、

ポールが後で来る とあったがそれは本当だろうか。

子供だけ先にジャンヌのとこへ行かせて
ポールは来ないんじゃないかともとれるラストシーン。

本当にお金がないから子供を宜しくね、てことで子供だけ行かせたんじゃないだろうか、とも思う。

そしてポールは来ず、、、。

大変な女の一生。

原作が読みたくなりました。

HY
HYさん / 2018年8月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作は忘れていました

風景が、美しかった。
雨や冬の厳しい寒さは、主人公の心象でもありそうです。
音楽も良かったです。
お母さんのちょっとしたエピソードも心に残ります。

ジャンヌが、頭をガンガンとドアにぶつけているシーンは、お父さんに監禁されたのかな?
あまりにも安易にお金を送ってしまうから?

Momoko
Momokoさん / 2018年1月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

文芸映画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

台詞はあまり多くなく、狭い画面(スタンダードサイズというらしいですが)で語られる「女の一生」。

人物や風景の撮り方が美しい。ところどころ挟まれる回想シーンが印象的です。

吝嗇で浮気を繰り返す意思薄弱な夫(ジュリアン)の事は、本当に殴ってやりたくなりました。
ジャンヌの母は、自分も浮気していた事があるから、娘に許してやるよう言ったのでしょうね。ジュディット・シュムラが演じるジャンヌが楚々として、いじらしいです。

そしてあの息子。
夫を喪くしたジャンヌが息子だけが希望だと感じるのもよく分かるんですが。
でもやっぱダメですね〜、子どもを甘やかしては。

いろいろ身につまされる話でした。

マリエル
マリエルさん / 2018年1月24日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

小説と微妙に違うが世界観は同じだった。ひとつの決断が人生を大きく左...

小説と微妙に違うが世界観は同じだった。ひとつの決断が人生を大きく左右する事が怖かった。

tsumumiki
tsumumikiさん / 2018年1月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

残念です。

時間不足、編集の限界ですか?ヒステリックな女性にしか演じられてなく、残念な鑑賞になりました。

びわ湖のこーちゃん
びわ湖のこーちゃんさん / 2018年1月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

現代に通じるところがなくもない古典映画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

19世紀フランス。
男爵家の一人娘ジャンヌ(ジュディット・シュムラ)は修道院で教育を受け、17歳になったある日、結婚相手として没落子爵家の息子ジュリアン(スワン・アルロー)と結婚するが、ジュリアンのジャンヌに対する愛はすぐに醒めてしまう。
ジュリアンは男爵家のメイド・ロザリ(ニナ・ミュリス)と関係を持ち、ロザリは妊娠してしまう。
が、両親や神父の説得もあり、ロザリが男爵家を出ることで、ジャンヌはジュリアンのことを許すが、それも束の間、ジュリアンは男爵家が懇意にしているフールヴィル伯爵夫人と関係を持ってしまう。
ふたりの逢瀬を目撃したジャンヌは、このことを秘密にしようかどうかと悩み、神父に告白するが、神父からは黙っていることは罪であると諭され、ふたりの仲のことを書いた手紙をフールヴィル伯爵に出し、ふたりの仲に激怒した伯爵はふたりの命を奪ってしまう・・・

というような物語で、その後、未亡人となったジャンヌは、一人息子の溺愛し、世間知らずの息子はアメリカで事業を起こすもののと次々と失敗し、その都度、ジャンヌに金を無心し、男爵家は20近くあった農場のほとんどを手放し、遂には家屋敷も失ったしまう、と展開する。

原作はフランスの文豪モーパッサンの古典的名作だが、読んだことはない。
あらすじを調べてみると、ほぼ同じだったので、原作に忠実に映画化しているのだろう。

ストーリー的にみると、これまで何度もお目にかかったような古典的な女の話なので、現代に通じるところなどなさそうなのだが、そうとも言い切れない。

主体性のない女が、いわゆるダメンズ(ダメ男)に振り回されて、どんどん不幸になる。
そういうことは、現代でもないことはないだろう。

映画に登場するダメンズといえば、ジャンヌの夫のジュリアンに、息子のポール・・・なのだが、ジャンヌの根本をつくったのは父親の男爵(ジャン=ピエール・ダルッサン)である、とみるとかなり面白い。
旧弊な貴族社会で、父や夫に服従するのが良い女性であるいわんばかりに、ジャンヌを教育していた。
当時の時代背景から考えれば当然といえば当然なのかもしれないが、理想=服従する女性。

冒頭、父男爵とともに畑仕事をするジャンヌの姿は微笑ましいが、その根っこにあるのが服従する女性であり、それが男爵夫人(ヨランド・モロー)の死の際に明らかになる。
肥って、決して美しいとは言えない男爵夫人が、かつて夫に隠れて愛人と密愛していた・・・
まぁ、深読み斜め読みなのだろうが、ここいらあたりの女性の図太さは興味深い。

そして、もうひとり図太い女性はメイドのロザリ。
男爵家を追い出された後も、しっかりと男爵から支援を受け、私生児である子どもを育てあげ、零落して孤独なジャンヌを助けるために戻ってくる。
ジャンヌから「夫を奪った、屋敷を奪った」と罵られながらも、最後には、アメリカからジャンヌの息子ポールの娘を連れ帰り、「人生って、なんだか、いいものですね」とも言う。

原題は「UNE VIE」。
女性名詞の不定冠詞が付いた「人生」。
ジャンヌの人生を指しての「あるひとりの女の人生」という意味だろうが、その陰にはロザリと男爵夫人と、生まれたばかりの孫娘の人生が隠れている。

そういう風に観ると、陰鬱一辺倒でもない映画かもしれません。

監督は『母の身終い』『ティエリー・トグルドーの憂鬱』ステファヌ・ブリゼ。
前2作は個人的には感心しなかったのだが、今回は満足。
スタンダードサイズの画面に、陰鬱といってもいいほどのジャンヌの現在の描写と、時折アクセントのように挿入される歓びに満ちた回想シーン。
ジャンヌの人生の喜びは、現在にはなく、過去にしかない、といっているようでもある。
そういう風に感じている女性は、現代でも少なくないのではなかろうか。

りゃんひさ
りゃんひささん / 2018年1月11日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「女は三界に家無し」を地で行くようなお話でありました...

原作はかの有名なモーパッサン、時代は19世紀前半、世間の誰もが羨むような貴族の令嬢の晩年までを描いた作品。封建社会の貴族階級としては極々普通に幸せな暮らしをしていた主人公ジャンヌは、両親の薦める相手との結婚を境に人生を翻弄されることになります。自力ではどうすることも出来ない情け容赦ない不幸の連続が彼女を襲いますが、主人公はじっと耐え抜きます。本当に女性は強い!折々に挿入される幸福だった時代の回想描写が彼女の不幸を際立たせてくれました。ただ人生は悪いことだけではないのですね。最後の幸せの微かな兆しが全てを救ってくれたように感じました。

ホワイトベア
ホワイトベアさん / 2018年1月6日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

純粋とは愚なのか

哀れなジャンヌの寓話性が
ひたすら胸に刺さる。
これはおいらの物語でもあるのかも。

………………………………………………………………………
2017.12.25 岩波ホールにて1回目
世間から乖離した一女性の人生に
同情したり腹を立てたり。
純真さは時には美徳だが
常にそうではないことを
ジャンヌの生きざまが顕にする。

あまりにも哀しく
それでいてとても清く
息苦しささえ憶えるほどの
ジャンヌを綴る映像。
仏映画には大して
シンパシーを覚えないのだが
この映画には心をぐらぐら揺さぶられた。
おいらにとって実に奥深い一本。

しげぴい
しげぴいさん / 2017年12月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  知的 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

全てはラストへとつながって行く

様々な苦難が起こる中で、ラスト、主人公の乳姉妹ロザリーが口にした言葉に救われ、勇気を貰った気がしました。

脇役ではありますが、ロザリーという人物にとても惹かれました。

ひで3
ひで3さん / 2017年12月8日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

一人称映画 ある女の愛の遍歴

電気の無い時代の物語なので、夜は暗いです。
基本、灯りはロウソクか暖炉の炎。
寝室のシーンでは、オレンジ色の光に照らされた主人公の鼻の形から「ああ、こっち向きに寝ているのね。」と推測して見ていました。
夜中に外に飛び出すシーンは、真っ暗な画面に声だけしか聞こえず…。
こんな演出なのか?
それともスクリーンの端から光がもれているせいなのか?
はたまた非常灯が明るすぎるせいなのか?(^◇^;)

なので、ハッキリ見えた方とは映画の印象が違うかもしれませんが、レビューさせていただきます。

トークショーで「昔の女性は自分の人生を選択できなかったが、現代の女性も人生を選択できると思わされているだけ。」と仰っていたのが印象的でしたが、
どちらかと言うと私は、愛されるより愛したい女が、限られた世界の中で裏切られ続けながらも、愛する対象を求めていく“愛の遍歴”映画だと感じました。

もしかしたら、簡単なあらすじは知っておいて見た方が良いかもしれません。
ねっとり長回しのシーンがあるかと思うと、決定的な映像が無かったり、3つのショットだけで済ませたり(←コレお気に入り)
「すごく面白いけど、なぜ?」と思いながら見ていましたが…
ダメンズに振り回される度に回想シーンが挟まれるところから「これって、一人称の映画なんだ!」と気付きました。

彼女は、最悪な事態の時に、過去のお気に入りのシーンを脳内再生してプチトリップすることで、なんとか現実との折り合いをつけているようで…。
だから、彼女にとって思い出深い情景は長回しで、忘れ去りたい出来事はショットだけで済ませていたのか。
映画そのものが彼女主観で構成されているとは!

そう見ると、唐突に息子の存在がクローズアップされるのにも納得。

残念なことに、溢れる愛をただただジョウロで注ぎ続けたいだけの彼女は、息子を根腐れさせてしまうのですが…それもまた致し方なし。
愛のバランスって難しい。失敗から学ぶことの多さよ。

ラストシーンは次なる獲物にロックオンしていましたが、美しい花に育ってほしいものです。

shiron
shironさん / 2017年12月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

現代に蘇る古典の世界

モーパッサンの有名な古典作品の実写化は、北フランスノルマンディの美しい自然が心に残ります。

繰り返す四季のなか、ひとりの女性の胸躍り溌剌と過ごした時間、裏切られ絶望しそれでも前を向いて生きる姿、ただただ抜け殻のように悶々と暮らす日々、そして・・・

ほぼスタンダードに近い実写化だと思うのですが、良く言えば品の良い創りながら、演出的な起伏など、もう少し見応えがあったらと思ったりしました。
なかなか壮絶なおはなしなのに、手紙を読むシーンなどの映像がパターンというか・・・

当時の貴族の暮らしぶりは、意外な発見があったりしておもしろいのですが、貞淑さと優しさゆえ、翻弄されながら生きる主人公の姿は、現代に蘇ると、果たして弱い女性と映るのか、それとももしかして強い女性と映るのか、カタチは違えども同じような気持ちになる女性は少なからずいそうな気がします。

ちゅうみぃ
ちゅうみぃさん / 2017年12月7日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 寝られる
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

12件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi