「純粋で無垢な冒険心溢れる異性を求めている人はどうぞ。」となりの怪物くん 巫女雷男さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「となりの怪物くん」 > レビュー > 巫女雷男さんのレビュー
メニュー

となりの怪物くん

劇場公開日 2018年4月27日
全98件中、16件目を表示
  •  
映画レビューを書く

純粋で無垢な冒険心溢れる異性を求めている人はどうぞ。

学力だけが生き甲斐の様な主人公の女子高生が、ある男子と出会い、心が開いていく物語。

学生時代にこういう変わった出会いがあり、恋があり、経験があればいいなぁと思う、ちょっと自分の殻を破れない様な思春期の女子にとっては理想的な高校映画だ。

この映画が魅力的に映るのは、やはり怪物くんなる菅田将暉の存在だろう。
原作漫画と同じかは分からないが、序盤から破茶滅茶ぶりを見せる。だが、同時に純粋な一面も。
そこに冒険心が加わる。
この何考えてんだか分からない様な所に魅力を感じる人は多い。
そんな異性に振り回されてみたい(関わってみたい)欲望が観る側にあるならば、この映画は面白いだろう。

主人公役の土屋太鳳も、こんなに根暗そうな女子役が似合うと思わなかった。無口で根暗そうな女子に限って、よく見ると美人だったとかは昔もあったw

作品の終盤のテンションダウンが勿体無い。前半のハイテンションは続かないか、、、、。

内容はともかく笑える部分もありましたし、全体的に活き活きしてましたので、観やすかったです。

巫女雷男
さん / 2018年11月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 単純
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報