デヴィッド・リンチ アートライフのレビュー・感想・評価

デヴィッド・リンチ アートライフ

劇場公開日 2018年1月27日
3件を表示 映画レビューを書く

始終不穏

リンチ監督だからって、ドキュメンタリーも不穏な感じにしなくてもいいんじゃ、とか思った。

監督の内面を表すならああいう感じっていうことなのかなあ。

監督の言葉だけが、噛みしめるように発せられてて、そこだけに現実感があったなぁ。

k
kさん / 2018年8月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

新しいアイデアに過去が色を付ける ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

主にフィラデルフィアでの幼少期及び青年期のデヴィッドリンチのアートワークや人生の過ごし方を自分語りで淡々と回想してゆくドキュメンタリー作品。勿論、これを観てあの異空間な世界観を全て語り尽くすことが出来ないのは当然である。それに天才は勿論才能だけはなく、それを没頭する超人的な集中力というものがデフォルトで備わっているものだと改めて感じる内容である。結局、『ヘッドイレイサー』を制作する迄の経歴なので、それ以降の話は無いから長いようでいて、あっけなく上映が終わるという感じだ。実はそこからが面白そうであり、興味をそそられるのだが。何故かというと、たまにアトリエで作品を製作中に小さい娘と戯れるカットが映し出されるが、過去を振り返っての話では前婦人との間に娘さんが産まれているという件もあり、その間のプライベートに俄然興味を引く造りとなっているからである。でも、その話は無い。凄く肝心な所でハシゴを外されたような感覚に陥ってしまうのは自分だけだろうか?小さい頃に経験した奇妙な出来事や、家族に与えられた貴重な経験は、凡人ならば大人になるにつれ忘れてしまう。しかし、天才はそれをキチンと脳のシワに刻み込み、そしてそれを自分の解釈でプロダクトする。改めてこの不世出の監督の凄みを垣間見た作品である。

いぱねま
いぱねまさん / 2018年2月2日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

イレイザーヘッドまでの生い立ち。

産まれてから幼少の頃、少年時代と両親のコトや友人関係に「イレイザーヘッド」を撮るまで。

D・リンチがアート作品を描きながら作りながらユッタリと独白する。

今まで撮った監督作品について語るコトは無く終盤にチョットだけ「イレイザーヘッド」に触れる。

父親がD・リンチに家庭を持つコトや子育てするのはお前には向いていないと言った後に「イレイザーヘッド」を撮ってしまうンだからもし父親が鑑賞していたら息子に対して危惧するどころじゃない騒ぎ!?

つうか孫かと思いきや娘かヨ!?

万年 東一
万年 東一さん / 2018年1月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  知的 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi