バーフバリ 王の凱旋のレビュー・感想・評価

バーフバリ 王の凱旋

劇場公開日 2017年12月29日
104件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

全編見せ場の一大スペクタクル

全編見せ場の映画として、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』などと並び称されてもおかしくない凄さがある。インドの叙事詩、マハーバーラタを参照したフィクションであるが、神話を再現したらこうなった、という趣きがインド映画ならではの破天荒なパワーで描かれている。
かなり多くの逸話からの出典が見られ、インドでは多くの批評家とともに学者もこの映画に対して相当の言及をしているようだ。歌って踊るお気楽映画とも異なる雰囲気をもっているが、インドの文化的背景を知っておくともっと楽しめる。

もちろん何も知らなくても楽しめる良質の娯楽映画だ。アクションの見せ場が切れ目なく訪れ、愛と裏切り、権力争い、忠義と歴史ものの物語に欠かせない要素がこれでもかと詰め込まれていて観ていて飽きることはない。なによりスケールが破格。ハリウッド映画以上のスケール感を感じる。

ローチ
ローチさん / 2018年1月27日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

全方位的にアッパレな壮大エンタメの完結編

『バーフバリ 伝説誕生』に続く二部作の完結編。インド映画のごった煮パワーにCGを足したらどうなるのかは既に『ロボット』が実践してくれているが、さらに『ベンハー』『グラディエーター』的なハリウッド流史劇スペクタクル要素を足してみたら、最高に熱くなれる豪快エンタメに仕上がりましたという大成功例。

王道のインド映画であるからして、当然歌って踊って恋をして、超カッコいい男と絶世の美女がみごとなキメ顔を披露する。荒々しいくもバカげたアクションシーのテンションも天井知らず。上映時間は長いけれど、正直まだまだ観ていられる。むしろ「バーフバリ」成分がまだまだ足りない!

そしてベタな英雄譚に思われがちだが、実は現代的な視点が多く感じられる。男女差別、インド文化に根付いた階級や格差の問題、セクハラへの対処法など、旧来の価値観を打ち崩そうという意志がみなぎっているのではないか。いずれにせよ、全方位的にアッパレな二部作、ありがとうございました!

バッハ。
バッハ。さん / 2017年12月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

また観たくなるだろう

前作の壮大な前振りによって満を持して描かれたバーフバリ‼️いや〜〜、惚れるね。王としての魅力が満載です。

おのもん
おのもんさん / 2018年8月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1作目と

綺麗に繋がってる。良く出来てる。

@Jankichi@
@Jankichi@さん / 2018年8月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大活劇

今のバーフバリの生誕秘話がメインで、ラストは大活劇となる。
あいかわらずインド映画のパワーはすさまじく、CG、アクション、歌、踊りとエンターテインメントを網羅した豪華版。
活動写真の原点で、ハリウッドではアベンジャーズかな。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2018年8月15日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ヘーイサルッドラサ〜♪つい口ずさんでしまう

衣装が華やかで綺麗〜。耳に残る歌も良い〜。3本の矢を放つバーフバリがカッコいい。白鳥の船のキラキラファンタジーも好き。
ヤシの木を使った投人機作戦には大爆笑。

サラ
サラさん / 2018年8月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

インド映画の王道

嫌いじゃない!むしろ好き!
話の展開とかわかっているけど、ありえないことばかりだけど。
良作。

アクアMARINE
アクアMARINEさん / 2018年7月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

全てが圧倒的すぎる

これほど、観てて楽しい映画も珍しい。
中でも、お城への突入シーンは白眉。まさかあんな方法で突入するなんて(笑)
アマンドラとバーフバリが弓矢を打つシーンも素晴らしい。敵に反撃しながらも、矢の打ち方を教え、トキメキがあり、息ピッタリのコンビネーションをみせ、更にはリズムよく敵を倒していく。このシーンには、リアリティではない映画だからこその魅力がある。

あと、吹き替えで観ていると、カッタッパが可愛くてしょうがない。麦人さん最高!!

サケビオース
サケビオースさん / 2018年7月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

インド映画恐るべし

予告編で名前のインパクトが気になって、初めてインド映画を観賞。インドが映画が盛んなのは知っていたが、まさかこれほどまでとは。スケール感が半端ない。そしてもはや笑いの範疇とも言える発想力。
前編を見ていないので、頭の整理をしながらの観賞にはなってしまったが、3時間の長編にもかかわらず最後まで見いってしまった。
世界の表舞台にはあまり出てこないが、我関せず独自路線を歩んでいる大国、それがインドと思わせられる作品だった。
オープニングでスポンサーらしきロゴがいつまでも続くのもビックリ👀
ところで予告編で、エンドロールまでお楽しみにとあったけど、何かわからなかった?

さんにん@㌦㌦
さんにん@㌦㌦さん / 2018年6月9日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

観る人に優しい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ちゃんと前半の粗筋を冒頭で、しかも吹替でナレーションしてくれるところは大変な親切心である。こういうところ、邦画でも見習って欲しい位だ。ストーリー構成は、前半とは違い、弟の横恋慕を装った企みと国母の勘違い、そして后の鼻っ柱の強さがグルングルン渦巻く、日本で言うところの昼ドラの様相を呈している。国を問わず、この手の家族確執の話は皆好きなのか、それとも観客の全方位性の為なのか、よく言えばぬかりない、しかし悪く言えば、ターゲットが絞りきっていない分表層を表現してるだけになってしまっていて深みはなし。まぁ、あれだけのインドの人口なのだから、大味、否カレー味になってしまうのかな?というか、よくよく思い出してみたらあまり食事シーン出てこなかったなぁ・・・ 王宮から追放されたバーフバリが、周りの人の手から直接、食物を口に突っ込まれていたのは思い起こせるのだけど(苦笑
それにしても、後編のCGは疲れちゃったのか、荒さが目立つ。繋ぎ目や際が雑で、何となく安っぽくなってしまうから、こういうところはキチンと頑張らないと、と偉そうに指摘してしまったが、こういう大スペクタクル活劇作品なのだから、圧倒的画力の強さ押しをやり切らないと、観ていて飽きてしまうからね。日本では考えられない決闘シーンにリアリティを持たせるのは何と言っても精密なCGとあり得ないカメラアングルなのだから。
あれだけの叙述詩を延々と流した割にラストはアッサリなのは、これも国民性なのか?もっと感情引っ張っても良いと思うのだが。。。

いぱねま
いぱねまさん / 2018年5月22日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

インド映画にびっくり

インド映画を観たのはこれが初めてだったのですが「度肝を抜かれた」の一言につきます。
誕生より先に凱旋をみてしまったのですが、冒頭にこれでもかと前回のあらすじを見せてもらえるので全く問題なかったです。
スケールの大きさと発想が桁外れ。これぞエンターテインメントといった感じ。
だまされたと思って一度みていただきたい。

かずみん
かずみんさん / 2018年5月9日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これが正解

少し馬鹿にしておりました。
1を観て演出がうるせぇなぁと、これがインド人と日本人の感覚の違いかと思っておりましたら、最後の方では癖になってるというか、これが正解!と思えておりました。

立ち上がるシーンでは後ろで火が燃え、怒りのシーンでは雷が落ち、踏みつけた石は砕ける。これぐらいの演出の方がテンションが上がるのだなと、とても勉強になりました。

父親のシーンはやたら長いけど、その分敵のキャラは立ち敵として映え、また主人公も引っ張られカッコ良く見えるし、戦闘シーンは言わずもがな、どんどんスケールアップしてとても楽しかった。

お腹いっぱいになりました。

奥嶋ひろまさ
奥嶋ひろまささん / 2018年5月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

圧倒的なスケール

王位継承が決まったバーフバリは後学のため身分を隠し小国に身を寄せるが…。
日本でも熱狂的なファンを生んだインド映画の後編。壮大なスケールと謎の発想力で人気になるのも分かる派手さ。物語がほぼ前日譚なのがアレだが犯した過ちを清算する話しとしても良い。

shotgun
shotgunさん / 2018年5月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

王道かつ壮大

Amazonビデオで鑑賞。映画館で観たら映像に飲まれてしまうことは理解できる。もったいないことをしてる気がしてた。
物語上必要だと思った演出が例えクサくてもベタでも全力で使われているようで気持ちが良かった。映像作るならここを逃げたくなるが作品のメッセージ性をブラさないために重要だと思う。
美術や背景が豪華すぎる。ラストの戦いは、ベルセルクがCGで作ってたものを実写でやっていた。人の数が異常。キャラクターの個性も生きていて、装飾もいちいち良かった。
バーフバリって言いたくなるネーミングも良い。

映像のクオリティ的にはマッドマックス怒りのデスロードの方が高いと思う。が、物語の密度としては優っていると思う。

この手のジャンル的なのかもしれない。

dekamo
dekamoさん / 2018年5月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これは上がる

詰め込みすぎくらいのエンターテイメントなのは前作で知っていたが、まさかの親父話。1作目と順番が違うのでは?とも思ったが、これだとひたすらループ観賞ができる恐ろしい構成。カッタッパ叔父の芋演技が好き。

カタヤマ
カタヤマさん / 2018年5月4日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1よりスケールUPで面白かった

同じ人なのに父親バーフバリのほうがかっこよく見えるのが不思議w

全体的に昭和っぽいつくりというか大袈裟に分かる表情と効果音。お笑いコントを見てるようw それさえも面白い!

豆
さん / 2018年5月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

バーフバリ

1作目と2作目を通して、、、

母親が地元の古びた小さな映画館で観て、勧めてきた。

インドの映画でもあって、他の映画を越えていく映像表現に圧倒された。また、様々なジャンルが組み込まれているのにこのまとまり具合は凄すぎる。

自分の中でトップの作品になった。
詳しい感想は書けないほどである。

おがちゃん
おがちゃんさん / 2018年4月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これこれ〜!

いや、主人公はこうでいいのよ!
今の日本の漫画とかに足りないものをバーフバリは教えてくれてる!
理屈とかいいから勢いと自分が信じる正義貫けばいいのよ!

aaa
aaaさん / 2018年4月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映画の面白さ、ここに極まる。

怒涛の如く押し寄せる盗賊を相手に、せっせと矢を放つアマレンドラ・バーフバリと、王女デーヴァセーナの戦いっぷりが、実に息もピッタリで深い感銘を受けました。しかも息が漏れるほどに美しいコンビネーションプレーの数々。
このアマレンドラほど懐が深く優しさに満ち溢れた男がこの世にいるだろうか。
奴隷でありながら最強剣士のカッタッパが、慈悲深き真の国王の生涯を語り終える頃には、誰もがアマレンドラの虜になってしまっていることだろう。
そして忘れてならないのが、虎視眈々と王位の略奪を企むバラーラ・デーヴァの存在。
流石は、国母シヴァガミの遺伝子を受け継いでいるだけのことはある。
知力に長けた彼が編み出した策略が、アマレンドラたちを退っ引きならない窮地へと追い込んでいく。もう惚れ惚れするぐらい見事。
これがもしハリウッド製のぺラっぺラの憎まれ役だったとしたら、本作がこれほどまでに盛り上がることはなかったんじゃないの。
回転式人体切断マシーンと、鋼の巨大チュッパチャプスを愛してやまない素晴らしきクソ野郎ではないか❗

2018年4月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

とにかくやりたい放題!www

この作品にたどり着いたきっかけの諸々のレビューでは"1作目2作目どちらも素晴らしいが、1作目は2作目をよりよく見せるための作品"と言った主旨のレビューをよく見かけた。1作目を見終えた時点のあたしにはそんな事はもちろんわからず、"うーん、期待し過ぎたかな?"と思ってた。でも二部完結ならばきちんと最後までやり遂げねば!と思って映画館で観賞。
↑この自分の判断を褒め称えてあげたい!!

繰り返すけど、とにかくやりたい放題!!「どうしたらいい?」と子供に聞いて出てきた自由な発想、子供の頭の中を具現化して映像化したような現実離れした作品。それが面白い🤣

スケールは前作同様インド人もびっくりレベル。それでいて前作に比べてお馬鹿加減もとんでもなくレベルアップ。いやいやいやいや、そんな上手く行くわけないでしょーと突っ込みたくなる事が次々と起き、何か起きた時には顔芸と共にドリフのコントのようにベタな音がなる。

バーフバリは相変わらずのヒーローだけど、前作よりも少しだけスリムになったのか今回の方がカッコいいかも。前作では間違いなくバーフバリよりもバラーラデーヴァの方がイケメソ。そのバラーラデーヴァは今回はラモス瑠偉にしか見えない。そして恐ろしいほどの狂気キャラ。

戦う親父代表のカッタッパ。
バーフバリとデーヴァセーナに父の代わりを頼まれた際の喜んだ顔がとっても素敵。

シヴァガミはもぉうちの母親にしか見えないwww

シヴァガミはそもそもなんであの男と結婚したのかな(^◇^;)

らま+たん
らま+たんさん / 2018年4月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

104件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi