「眩しくてもどかしいのが青春なのだろう」坂道のアポロン odeonzaさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

坂道のアポロン

劇場公開日 2018年3月10日
全225件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

眩しくてもどかしいのが青春なのだろう

青春もので教師の存在感がこれほどないのも珍しい。
小玉ユキさんの感性を育んだ佐世保の街の文化なのだろう、海や坂道、教会、音楽が物語をファンタジックに支えている。
日本人の青春JAZZ映画にこんな素晴らしいものがあるなんてJAZZ好きなチャゼル監督が観たら驚くだろう。
満点でないのは室内は良いが坂道の撮り方がいまいち、10年後の主人公がもうちょっと大人びていても良かったかな・・。

odeonza
さん / 2018年10月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi