劇場公開日 2017年12月9日

  • 予告編を見る

新世紀、パリ・オペラ座のレビュー・感想・評価

3.28
11%
50%
22%
11%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全8件を表示

2.0お気に入りの舞台映像を準備して観ましょう

さん
2018年4月9日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

本作品は、オペラ座のプロモーション要素が強いドキュメンタリーに感じました。
バレエは既存の映像作品で扱っているためか、オペラがメインです。

簡単に言うと、いろいろあって大変だけど、オペラ座に観に来てね。
という内容のため、本番ステージを真正面から撮影した映像は全くありません。
だから観ていてフラストレーションが溜まります。
観に行きたくなるわけです。

オペラ座に行けたらいいのですが、そうもいきませんから、お気に入りのステージ映像を鑑賞して、気を紛らわせましょう。
ドキュメンタリー作品としては、他にもっと良いものがあります。

とはいえ一流演者のリハーサル映像は、本番とは違った魅力があり、楽しく鑑賞しました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
凪

3.5舞台芸術というもの

Momokoさん
2018年1月5日
iPhoneアプリから投稿

楽しい

知的

バレエやオペラの舞台裏が主なえいがでした。パリでのコンサート会場でのテロに対する姿勢は言葉で表されたこの映画のメッセージと感じました。

ロシア出身の若い歌手、幕間のバレエダンサーの息遣い、合唱の一年に渡る練習、こどものためのオーケストラ、劇場な入場券の値段をどうするかの議論、ひとべらしとストライキ、突然の歌手の体調不良と代役探しなどなど、何があっても舞台はまわるのですね〜

説明などないので少しわかりにくいところもあったが、舞台を支える人々の幸せを祈ります。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Momoko

3.5バレエものじゃない:中々面白かった。

だいずさん
2017年12月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
だいず

4.0主役は劇場そのもの

2017年12月23日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

幸せ

オペラ座がテーマのドキュメンタリー映画を、今までいくつか見てきたけど、それらはどちらかというと、舞台に立つ人々を中心にしていた物でしたが、今回の主役は劇場そのもの。宣伝写真から、バレエシーンがもっとあるのかな~と思っていたので、好きなダンサー目当ての人には物足りないかも。どちらかというと、オペラシーンが多いです。でもこの映画で面白いのは、運営する人、それを支える人達。トップから、清掃員まで映してます😊
アーティストのみならず、一流人を揃えているオペラ座。チャーミングで魅力的な人達がたくさんいます。劇場総裁もその一人。長年務めているというから凄い。以前、日本人の優れたプロデューサー「佐々木忠次」さんについて書かれた本を読んだので、この歴史的な大劇場の運営を追ったドキュメンタリーはとても興味深かったです。
この映画に登場する人物一人一人、それぞれのドキュメンタリー映画が作れそうなくらい色んな人達が関わって成り立っています。トラブルや事件もあったけど、どれか一つをピックアップしたり深追いしたりはしていません。この劇場にとっては、それも日常の一部で、このドキュメンタリーはオペラ座の日常(とてつもなく大変そうですが)が描かれているように感じられました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ワッフル

5.0バレエもオペラも

2017年12月21日
iPhoneアプリから投稿

世の中にバレエもオペラもファンという観客は少ないと思う。パリ・オペラ座は、ガルニエ宮とバスチーユオペラの二つの劇場があるので、上演回数は膨大。

芸術監督には、あらゆる難問が次々ちと襲ってくる。実際の舞台ではなく、舞台袖からの映像が主になる。そこが面白い。バレエやオペラが見たいなら実際の劇場へ出かけるべき。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
劇場の天使2

0.5期待はずれ

2017年12月13日
Androidアプリから投稿

バレエファンには期待はずれな作品です。バレエシーンはとても少ないし、せっかくのシーンもせっかくのオケの音楽を消して関係ないピアノソロ…意味不明。お金と時間の無駄。観なくていいです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
もぐちゃん

3.5想像するしかない遠い世界

2017年12月11日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

どの辺が新世紀なのかこの邦題の意図がよく分かりませんが、オペラ座の舞台裏を描くドキュメント風な作りで、フランスなど行った事のない、遠い世界の出来事として絢爛な舞台とその裏側を垣間見る事ができ、まずまず満足しました。

ドキュメント"風"と意地の悪い表現をしたのは、ナレーションも入れなければ、その時フォーカスの当たっている人物の役職などのテロップも入らないため、今映っている人がどういう立場で揉めたり、頭を悩ませているのか想像で補うしかない分かりにくい部分と、本当の汚い裏側はまだまだあるのだろうけど、それは隠して、結局は見せていい部分だけを見せているんだろうな・・と感じられるためですね。

この手のドキュメントは1人か2人、乱暴者だったり癖のある問題児がいる方が観ていて面白いのですが(たとえば某国民的アニメ監督みたいな・・)、本作は皆大人なパリジャン達なので、そういう点では毀誉褒貶に乏しく、やや退屈な側面も。歌ったり踊ったり演奏したりのシーンが続くので、演劇・バレエ・オーケストラに興味があるなら、充分楽しめるとは思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
猫シャチ

4.01、2、3。ミーシャ、ブラボー!!

2017年12月3日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:試写会

楽しい

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
機微団子
「新世紀、パリ・オペラ座」の作品トップへ