劇場公開日 2017年12月15日

  • 予告編を見る

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命のレビュー・感想・評価

3.570
12%
61%
24%
1%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全70件中、1~20件目を表示

3.0これまでにないアングルで歴史を見つめた史実モノとして興味深い

2017年12月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
牛津厚信

3.5ジェシカ・チャステインの目論見は見事に成功している

2017年12月20日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

怖い

かつてホロコーストを扱った映画は数あれど、ナチスのゲットーから多くのユダヤ人をこっそり救出し、自らが経営する動物園の檻の中に匿った夫婦がいたとは!?その事実にまず衝撃を受けるが、さらにこれが、1人の女性の奮戦記として描かれている点に注目したい。彼女、アントニーナがミッションを遂行する上で夫とナチス将校との板挟みになり苦悩する姿は、このジャンルに生々しい性の匂いを含ませて何とも新鮮なのだ。描かれ尽くされた歴史上の事実を、女性のメンタルに落とし込んだのは、製作総指揮も兼任する主演のジェシカ・チャステインの狙い。彼女の目論見は見事に的中している。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
清藤秀人

2.5タイトルなし

ケイさん
2020年11月26日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ケイ

4.5彼らの信念と勇気に感動しました!

うさぎさん
2020年5月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

300人ものユダヤ人を救った夫婦の実話。

ポーランド・ワルシャワで、動物園を営む
ヤンとアントニーナ夫妻。
1939年、ドイツ軍がポーランドへ侵攻し、
動物園も爆撃を受け、
動物たちは、無慈悲にも射殺されてしまう。
そして、ついにユダヤ人は、
強制居住地区ゲットーへ移住させられていく。
二人は、出来る限りユダヤ人を動物園へ匿おうと画策する。

ユダヤ人迫害の話は、
いつも胸が締め付けられるほど辛い…
二度と繰り返してはいけない歴史です。
このような映画を通して、
語り継いでいきたいです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
うさぎ

2.5少し単調に感じました。

よしさん
2020年2月14日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ワルシャワ動物園のオーナー家族が、危険を顧みずユダヤ人を救うために奔走する物語で、実話なのだそうです。

ホロコーストの映画は幾つも観ていますが、いつも人の命の軽さに恐怖を感じます。そして、普通に暮らしている人々がいつでも殺戮者になり得ることに。
この映画でもゲットーを逃れたユダヤ人が無慈悲に無造作に殺されるシーンが出てきます。名もなき善良な一市民に密告されたことが原因で。
もしかしたら数年後の日本でも同じような状況になっているかもしれません。そのような状況で、自分が密告者となってしまう可能性に大きな恐怖を覚えます。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
よし

4.0感動作

たけおさん
2020年1月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

知的

第二次大戦下の中、ユダヤ人を助けた動物園夫妻の話。
好きな女優、ジェシカ・チャスティンが主演なので見ました。

自分の信念のため、数多くの人を救った勇気に感動しました。
ドイツ軍のヘックについてはどう表現して良いか難しいですが、見終わった後も彼の心情は推し量れませんでした。

実話に基づく話は、重厚で楽しめました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たけお

3.5今まで知らなかったナチスの話

medyさん
2019年12月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

知的

実話なだけあってナチスやヒットラーがリアルで如何に自分が恵まれているかということ。そしてユダヤ人の為に闘う強い心に感動しました。この間から気になっていた作品でしたので観て良かったです。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
medy

4.5【多くのユダヤ人を救った動物園園長夫妻の物語。ジェシカ・チャステイン主演作に外れなし。】

NOBUさん
2019年11月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

幸せ

 第2次世界大戦中のポーランド・ワルシャワで、動物園の園長夫妻が300人ものユダヤ人の命を救った実話を、ジェシカ・チャステイン主演で映画化。

 と当時のフライヤーに記載があるが、矢張り魅力的なのは園長ヤンの妻アントニーナを演じたジェシカ・チャステインである。映画の規模的に大掛かりな爆撃シーンはほぼ、音声のみで描かれるが気にならず。

 アントニーナに気のあるヒトラー直属のヘックをダニエル・ブリュールが演じるが、本当にこの人はドイツ人将校役が似合う。

 アントニーナとヘックの手に汗握る遣り取りが面白かった事とともに、戦時中の動物園に飼われていた動物たちの悲惨な末路(含む、日本)に心痛んだ作品。

<2017年12月26日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NOBU

3.0実話ネタ。ポーランドのワルシャワ動物園は今も存在するとか

2019年8月30日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

しょっぱなからジェシカチャステインがノーブラで起きてきたらもう色々期待してしまった。
何もない、無骨な旦那さんに謝れ。
唐突に妹を産んだ印象。
シンドラーや杉原千畝のようにユダヤ人を救った偉人さん夫婦のお話。
本人映像は無し。
G指定で描写はないにせよ幼気な女子を二人がかりでレイプして人格崩壊させてしまう辛いシーンあり。動物も死んじゃう。
ホワイトライオンより兎とバイソンがメイン
まあほぼ想定通りに物語が進むため面白みには欠ける。
つくづくポーランドをいう国は辛い歴史を歩んでいるなぁと不憫に思った。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
消されるのでもう公開しない

3.5動物もっと見たい

2019年6月29日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

「シンドラーのリスト」、なわけです。構図は。軍需工場と動物園。

動物園、というところがキャッチーで、お話としては惹きつけやすい要素になっている。あとは、やはり、家族や動物、差別をこえて人を愛する一人の女性、これを描きたかったということ。それもブレずにちゃんと描けています。

動物もっと見たい、という感じはありますが、撮るの大変なんでしょうか。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
okaoka0820

3.5タイトルなし

lilyroseさん
2019年6月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

第2次世界大戦の
ポーランド ワルシャワの動物園が舞台
動物園を経営する夫婦が
300人ものユダヤ人の命を救った実話
.
子供たちを列車に乗せる
救えなかった命が殆どの中
それでもあの状況で救われた命があること
その事実を映画を通して知った
.
原作は女性
監督・脚本・主演女優が製作総指揮と
女性目線で描かれた映画かな~
.
.
人の命だけではなく
日本でも戦時下には殺処分された動物達
上野動物園のお話「かわいそうなぞう」を
思い出し胸が痛くなった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
lilyrose

3.5実話に基づく愛と信念の物語

2019年5月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

幸せ

ジェシカ・チャステインの控え目な演技👍「女神の見えざる手」とのギャップあり、中々ステキな女優さん。フェミニストである彼女、実生活でも信念の人。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kimi.chan.com

3.0動物園を絡めた内容が凄い!

sさん
2019年3月10日
iPhoneアプリから投稿

動物園を絡めた内容が凄い!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
s

3.5胸に響く作品。動物が爆撃で犠牲になっていくシーンがやるせなかった。...

2018年12月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

胸に響く作品。動物が爆撃で犠牲になっていくシーンがやるせなかった。ジェシカ・チャスティンはどんな役をやっても彼女の個性が先行してしまうが抑えた声が印象的だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tsumu miki

1.0つまらない。

oracionさん
2018年12月22日
Androidアプリから投稿

つまらない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
oracion

3.0ワルシャワの美談

2018年12月20日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

怖い

ナチスのポーランド侵攻により、閉園を強いられたワルシャワの動物園が舞台。
経営者の妻(ジェシカ・チャステイン)は夫のユダヤ人救出に協力、ナチスの動物学者に対する窓口として恐れながら対応する。
ポーランドはナチスの後のソ連と二重に苦しむことになる。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.5動物園は、平和の象徴

fukui42さん
2018年12月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

動物園物?と思って観たら。
1/4ほどは動物園や動物の話で、第2次大戦時のドイツ軍の、ポーランド侵略の話。つまり、戦争にまつわる話でした。

戦争で動物園が攻撃され、動物が逃げ「危ないから」と銃殺される。
そして「ユダヤ人だから」と列車に乗せられてそれっきり。
人間はなんと愚かな生き物なんだ!と、激しく憤りました。

動物園の大切な動物を失った夫婦。夫が「動物園を通過駅に」と、人を匿い、偽造パスポート(身分証)を作り、準備ができたら逃がす。
粛々と進む作業に安心していたけれど。
「僕だって外に出たい」と父についてきた息子の行動で、非常にヤバイ雰囲気になっていくのが。ハラハラドキドキ。そうだよね、地下にずっといるのも、限度がある。

夫と妻がそれぞれ外と中を守る、役割分担をしていく中で。
ドイツ軍の動物学者・ヘックが。最初いい人なのかなーと思わせながらも、その見かけと裏腹に悪いやつぶりを出していくのも、ドッキドキでした。

史実で知る、平和の意味。動物園がある限り、そこは平和ですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
fukui42

3.5素晴らしいご夫婦

サラさん
2018年12月18日
iPhoneアプリから投稿

ジェシカさんが女神の時とは全く違い、優しい奥様役でした。身の危険を顧みず他人を300人も救うなんて、素晴らし過ぎますね。戦争物だけど残酷な場面はないので観やすいと思います。前半の可愛い男の子に比べて後半の息子役が大きすぎたのがちょっと残念。それと当時動物園に行く服装はスーツだったんですね!驚き。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
サラ

3.5戦争と愛と動物

ぽかりさん
2018年8月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

知的

TSUTAYAでジャケット借り。

とっても私にとってヒット作だった。
動物への愛。その頃の動物への偏見、意見。

戦争へと重なっていくなか、動物も人も救いたいというエゴと痛みと虚しさと家族愛と。

どうしようもないこの虚しさが心に響いた。

静かにみる映画として、おすすめ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぽかり

3.0夫婦の勇気ある決断

takuさん
2018年7月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

動物は大きく関係しておらず、動物園を経営する夫婦がユダヤ人をワルシャワ市内から連れ出し、家の地下にかくまうという物語。事実を基にした映画。この事実は初めて知った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
taku
「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」の作品トップへ