「途中で寝ても後悔しない映画」ラプラスの魔女 はいじさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

ラプラスの魔女

劇場公開日 2018年5月4日
全279件中、7件目を表示
  •  
映画レビューを書く

途中で寝ても後悔しない映画

キャスト微妙、脚本がダメ。
主役が役割をまったく果たせていない、ただの傍観者。櫻井くんでは致し方ないか。福士蒼汰くんはこの役は演じ切れなかった、明らかなるキャスティングミス。広瀬すずは上手いが、見飽きた感が少々。あの豊悦の演技も不発となると、もうどうしようもない。
すべては脚本のせいかと。原作は読んでいないので、もう少し筋はしっかりしているのかとも思うが、映画はダメでした。
劇場に観にいけなかったので、自宅でDVDで観ましたが危うく寝てしまうところでした。原作者も、監督も好きなのに、良い化学変化が起きなかったパターンのやつです。

はいじ
さん / 2018年12月17日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報