劇場公開日 2017年7月22日

  • 予告編を見る

十年のレビュー・感想・評価

3.310
15%
52%
15%
18%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全10件を表示

3.5コミック「ドラえもん」も禁書なのか?!

kossyさん
2020年4月22日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

1.「エキストラ」 監督:クォック・ジョン
 真愛連ラム党首と金民党ヨン党首の二人が主催するメーデーの集会。裏では拳銃を持った男が二人。そして警察の幹部たちの雑談・・・警察はテロを起こさせて“国家安全条例”を成立させようと企んでいたのだ。拳銃を持った男は裏社会の下っ端で、テロを起こせば死刑も覚悟しなければならない状況で、インドへ行こうなどと話し合ってるのだ。
 テロは自作自演!なんだか日本でも似たようなテロ対策特別措置法の成立があったけど、ここまでの演出はなかったな。結局は背景に中国共産党があり、市民を取り締まることが容易になるということ。その片棒を警察が担っているのだ。
 全編モノクロで迫力があるし、これは香港だけの問題じゃない!と痛感。行動のみならず言論まで統制されるファシズムを感じる・・・

2.「冬のセミ」 監督:ウォン・フェイパン
 壊れた建物内で男女二人が黙々と標本を作っている。現在生存する生物は870万種。それはかつて地球に存在した生物の2%に過ぎないというウンチクも語られ、宇宙の映像によって神秘的に表現される。
 人間も標本にしなければならない!外の状況がよくわからないのでSFチックな内容も理解しづらい。

3.「方言」 監督:ジェボンズ・アウ
 普通話の普及政策により、タクシー運転手も広東語だけじゃなく普通話の試験が課せられた。落ちると空港や港に客を運ぶことが禁止となり、自由に稼ぐことができなくなる。言葉の違いがよくわからないけど、日本で言えば標準語と関西弁の違いみたいなものだろうか?
 親子の会話でさえ発音が違い、コミュニケーションが取りにくくなる。これも中国と香港の文化が壊されていくことに他ならないのだろう。タクシーだけに身につまされる話だった。

4.「焼身自殺者」 監督:キウィ・チョウ
 2025年、英領事館前で焼身自殺した人物がいた。目撃者もおらず、誰だったのか発表もできない。しかし、独立運動の信念を持ちながら獄中死したオウヨン青年の後追い自殺じゃないかと思われた。恋人カレンがもしかしたら自殺したんじゃないかと心配する彼氏。様々な憶測が飛び交う中、自殺者の追悼集会が開かれる。
 イギリス頼りという考えや、ドキュメンタリータッチで描かれるストーリーは案外面白くなかったけど、ラストシーンは秀逸だ!ちょっと涙が出る・・・

5.「地元産の卵」 監督:ン・ガーリョン
 2025年、香港最後の養鶏場が閉鎖される。息子のチョンは知識と技術を買われて台湾に渡る。雑貨屋の店主は諜報活動をする少年団が写真を撮り、通報すると言われ驚く。「地元」という言葉が禁止用語リストに載っていたのだ。
 この少年団はナチスのヒトラーユーゲントみたいな恰好でおぞましい。ターゲットになったのは書店がメインで、禁書を摘発しようというのだ。本屋は少年団に卵を投げられるなどの被害を受けるのだが、ミン少年のとった行動がとてもよかった・・・禁書に対する静かな抵抗。「進撃の巨人」など、日本のコミックも登場するのが印象的。焚書坑儒まで思い出した。

 全体的に香港の独立性、自治などを取り扱ったものが多く、中国共産党批判の内容が中心だ。香港の立ち位置も理解できるし、2047年以降を心配する気持ちもわかる。すべては若者世代にかかっている。どうなるのだろうか・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
kossy

2.0香港の10年後

2020年1月31日
iPhoneアプリから投稿

2015年から10年後、2025年の話。でも「エキストラ」「冬のセミ」は2025年ではないですよね。
後の3作品はあり得そうな話で興味深かった。
特に「焼身自殺者」は強烈な印象。2019年からの香港民主化デモ、2020年になってもまだ続いている。(日本ではあまり報道されなくなっているけど)映画では香港の独立とイギリスに対する反感もデモの目的であったりと、今の香港デモとの違いはあるが、まるで予言していたようでちょっと恐ろしく感じた。はやく安心して旅行に行ける香港に戻ってほしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
アンディぴっと

3.0香港版

2019年11月26日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

中国政府との関係は今の状況をみるとちょっと辛いものがある。
そういう意味では方言である広東語を禁じられたタクシー運転手の話が、肩の力が軽く楽しめる。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
いやよセブン

3.5近未来の香港としてあり得る話

Imperatorさん
2019年10月9日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

第3話「方言」は面白かった。急には起きないだろうが、描かれたような形で(つまり、政治ではなく経済的必要性で)、世代交代とともに、少しづつ地方語が駆逐されていくのかもしれない。
第4話「焼身自殺者」は、香港で起きるかどうかは分からない。しかし、チベットでは、非暴力主義の抵抗として、実際に今でも起きていることで、若い人も少なからずいるという。
第5話「地元産の卵」は、“言葉狩り”の状況も描写され、ハッとさせられた。同じ全体主義体制でも、ソ連では地域性や民族性は尊重されていたようだが、今の中国政府の極度に中央統制的なやり方を見れば、現実になっても少しもおかしくない。

上記の3作は、近未来の香港としてあり得る話であって、とても興味深かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Imperator

4.5気になったシーン。

土偶さん
2019年1月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

「焼身自殺者」
劇中、代々香港に暮らし広東語を母語並に話すインドパキスタン系の女子学生に向かって「国へ帰れ!」と罵倒する姿はすでに日本でも似たことを目にしている。SFじゃなくリアルなノンフィクションに変わってしまった現実。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
土偶

4.5とても面白かった

2018年12月7日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

5話オムニバスで、それぞれ全然違うスタイルだから全く飽きさせない。
自分達が暮らしてきた街の行く末はどうなるのか、中国本土に呑み込まれてこのままでは酷いことになっていくのではないか?そんな思いの中、それでもしたたかに逞しくやっていかねば、という香港人の気概を感じる。
地域のいろんな社会運動があって、そういった問題意識を表現する形態の一つとして映画が作られる。そういう流れはどの国にもあると思うが、香港映画でそういった作品に出くわすと特に、いつものような娯楽要素が薄いにも関わらず面白く見れるのが不思議だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
どんぐり

2.0香港人の不安と恐怖

2017年8月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

知的

 このオムニバスは、短編ごとの映画としての出来不出来があるものの、通底した当局への疑念が露だ。
 最初の短編「エキストラ」では、市民の不安を煽ることを目的としたテロ行為がでっち上げあげられる。
 誰も死なない筋書きをうそぶく陰謀の主。しかし、それを信じて実行犯の役をさせられた者は、警護の警察に即時射殺される。
 しかも、もしも、この計画の銃撃の対象が間違って死んでも、首謀者たちには痛くも痒くもない。共産党以外の政党の要人なら、むしろいなくなったほうがいいから。
 最後から二つ目の短編「焼身自殺者」では、これまでの天安門事件などの焼身自殺者が当局の謀によるものではなかったかという疑念に触れている。
 弾圧するだけではなく、それへの抵抗ですらも、当局が一枚噛んでいるのではないか。この、もはや何も信じることができない、香港人の焦りと不安。
 文化大革命のような混乱を再び現出されれば、小さな香港社会などあっという間に荒野に変わってしまう。そのことへの恐怖が表現された最後の短編「地元産の卵」。その少年隊が、ねっとりとした恐れを残す。
 とはいえ、香港がイギリスの植民地であったことは、悠久の中華世界の歴史に残る汚辱の点であることには違いない。
 その歴史への可逆的な言説を絶対に認めまいとする、中国の支配層の言動を批判できる者もいない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
佐分 利信

4.0実は現在?

2017年7月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

10年後の設定ではあるけれど、今あってもおかしくないシーンばかりなのではないか。現実をちょこっと誇張したらこうなるのではないかと思ってしまった。
各ストーリーは地味で面白味にかけるかもしれないが、それだけ身近に起こりつつあることなのだろう。ぬるま湯の中の蛙って、こういうことなのだろうなと思える。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
こばりん

4.0未来が現在の延長線上にあるのなら

ぴよさん
2017年7月24日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

2015年から見た10年後すなわち2025年の香港を描いた5本の短編のオムニバス。

いわゆる「テロ対策法」、北京語の普及と強制、独立運動、紅衛兵もどき…とテーマは様々だが、単にディストピアを描いて終わり、というだけでなく、中国本土の圧力が強まる中での危機感と抵抗の意志が見えてくる。

本当は、香港に関する知識がある程度あったり、北京語と広東語の聞き分けができれば、もっと深いところで理解できるのだろうけど、そうでない私にも感じるところはあった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ぴよ

2.0憂い

Bacchusさん
2017年7月23日
Androidアプリから投稿

怖い

難しい

エキストラ
オチは良かったけれどそれ以外の内容に深みや大した意味が感じられない。

冬のセミ
感傷的な内容ではあるけれど劇的なものはなく設定だけが面白い印象。ただ、十年後というには極端過ぎ。

方言
バカらしくも実際にありそうな話をコミカルに軽くみせており面白い。

焼身自殺者
2014年に反政府デモがあったし十年とは言わずもっと早く実際に起こり得る話。リアリティはあるけれど、現地人ではない自分には刺さらなかった。

地元産の卵
皮肉っぽくかなり行き過ぎた内容だけど、ゲシュタポの様な少年団の存在が可愛らしく軽くみせてくれる。

5作品ともかなり悲観的だったり反体制を訴えたりと、イギリスから返還されて香港の人々は情勢にかなり不安と不満があるのがみてとれる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Bacchus
「十年」の作品トップへ