サラバ静寂のレビュー・感想・評価

メニュー

サラバ静寂

劇場公開日 2018年1月27日
7件を表示 映画レビューを書く

十三七芸 ボーリング🎳したかった 監督のトークとサイン会ありました...

十三七芸 ボーリング🎳したかった
監督のトークとサイン会ありました
帰っちゃったんだけど監督のお土産がなんだったかきになりました

ちぃ
ちぃさん / 2018年6月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

空虚と静寂とノイズ

音は地球にいる限り存在していて、普段気づかない静寂な時間さえ、音に満ち溢れている。風の音、水の音、クルマの音、呼吸音、鳥の音、そんなことに気づかされる映画でした。
意識していない所に、その音の積み重ねとして音楽があるのだなと気づきました。
暴力描写もありますが、作り手のメッセージの為に作られている気がして、素直に受け止められました。
役者に加え、出演ミュージシャンも多様で、見ごたえのある映画でした。

ガバガバヘイヘイホー
ガバガバヘイヘイホーさん / 2018年2月6日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

エモーショナルな芝居と音楽の豊潤さ

瑞々しく美しい芝居と音楽の豊潤さが、映画としての豊かさを満たしきっている。

どるーぐ
どるーぐさん / 2018年2月4日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

美しい映像、熱意のこもった芝居、一定の距離を保ち続ける編集、そして...

美しい映像、熱意のこもった芝居、一定の距離を保ち続ける編集、そしてなんといっても圧倒的な音。
神話のような話でした。

ラヴァン
ラヴァンさん / 2018年2月3日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

暴力や犯罪を好む描写に嫌悪感が先立ち、共感出来ませんでした。

先に良かった点です。

・映像の撮り方や構図が綺麗でした。1シーン1シーンが絵のように感じました。

・音や音楽の入り方はとても良く、その点はこだわりを感じました。

・役者の演技も良く、(良くも悪くも)キャラクターがスッと入ってきました。

次に素直な感想と、これから見る方への注意点です。

・男性の自慰行為や性的暴行シーンがあるので、苦手な人は注意です。

・終始、犯罪描写が多いです。
窃盗や暴力、殺人を楽しみながら行うシーンを生々しく幾度となく描写されます。(それによって表現したい意図はわかりますが、かなり人を選ぶ内容です。)

・全体的に登場人物は発言と行動が矛盾していて気になります。(気にし過ぎだとは思います。)

テーマは読み取れますが、個人的には登場人物に極度の嫌悪感しか抱けないため、逆に受け入れ難く感じました。

雪之丞
雪之丞さん / 2018年2月2日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

静寂よサラバ? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

音楽に出会うまでの静寂を丹念に描いているので、
出会ったときの感動がしっかり伝わってきた。

それさえ感じさせることが出来れば、この映画は勝ち。

ファーストカットの池に広がる波紋が印象に残る。
静寂→波が立ち→また静寂が訪れる
その中で別の波紋と呼応して新たな波を生み出していく・・・
テーマをよく表した秀逸なカットだった。

ヒカリの白い衣装は良かったのだが、
大事なカットで(衣装的に)お腹が目立ち過ぎて、
一歩引いてしまった。

おまつりちゃん
おまつりちゃんさん / 2018年2月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

音楽の破壊力

音楽でも何でも、芸術は破壊的な役割を果たし、日常化した意識を刺激し、既成概念を捨てて、割れ目を生じさせるものだ。現実への異議申し立て、否定から始まる。

そして、芸術を愛することは、その本質に迫ることだ。ロゴス(知性)よりエロス(愛情)という意味では、斎藤工が良いメタファーだったと思う。

ミズトがひとりでやるシーンで、虚無しかない現実がよく伝わるし、レザボア的拷問シーンも、耳を奪われることで、聴きたいのに聞けない苦痛と社会的背景を感じる。

そして、偶然と模倣と興奮と目眩をもって、音楽に出会った二人。実に生命的な感動である。

ところが最後まで、主人公もサノバノイズの大人たちも、打開不能な状況にすっかり埋没してしまっている。
NOを言うことからこそ新しいパラダイムが開けるのに、現実の否定、ビッグブラザーに対してNOを叩き付ける、といった破壊の視点がなかった。

抑圧されている者が、その状況を変えられない、または無力であると思い込むことは、抑圧する者にとっては大変都合が良い。
いくら夢を描いても、大きな声で泣き叫んでも、システムの中でネジたちが騒いでるに過ぎない。
ヘビメタスピリッツを受け継いだ子どもたちに、音楽の本当の破壊力を伝えて欲しかった。

全体的に、監督の音楽の趣味は堪能したが、音楽(芸術、遊戯)の本質の思索がよくわからなかった。

Raspberry
Raspberryさん / 2018年1月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

7件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi