T2 トレインスポッティングのレビュー・感想・評価

T2 トレインスポッティング

劇場公開日 2017年4月8日
126件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

おめおめと歳を取るということ。

20年経って4人は変わったか。変わったに決まっている。当たり前のことだが、20年は若者をオッサンにするのだ。どれだけバカをやろうが、それぞれには20年という歳月が刻み込まれている。だから前作のような勢い任せの魅力が本作には感じられないのは、しごく当然のことだし、似て非なるテイストの映画になっていることが、この映画が信用できる一番の理由だろう。

本作からとりわけ感じられたのは、容赦なく人間は老いるということ。それはシックボーイが薄毛になったという外観的な意味だけでなく、4人全員が昔のままではいられないと心底わかっていて、それでもココロには“大人になれない自分”が棲みついて離れない。そんな中年の宙ぶらりん感が、可笑しくも切なくて骨身に染みる。懐かしさよりリアルな実感が勝っている点だけでも、20年ぶりに撮られた意義は充分にあった。

バッハ。
バッハ。さん / 2017年4月29日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 悲しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 6 件)

かつての勢いを繰り返すのではなく、物語として成熟している

20年ぶりの続編。ボイルやキャストもかつての二番煎じでは成り立たないことをちゃんと理解している。だからこそ、勢いではなくスローに、それぞれの歩調、立ち位置をしっかりと確かめるように物語を起動させていく。ややもするとオーソドックスな語り口にも見えるかもしれないし、観客によっては自分の過去と現在すらシンクロさせ多少の“痛み”を感じる場合もあるだろう。でもこの痛みがいい。素晴らしい。時代と人生に折り合いをつけ、多少絶望しながらも、各々のリミックスとテンポで“Born Slippy”と”Lust for Life”を全うするかのような生き方。そうせざるをえない生き方。その行き着く果て、観客と登場人物の記憶と鼓動が同期するときに、懐かしい風景が眼前に蘇る。こうやって続編でしか成し得ない、唯一無二の語り口を推し進めていくボイル。彼が選びとった方法論に“ストーリーテラー”としての成熟ぶりを感じずにいられなかった。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2017年4月26日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 3 件)

4人の加齢具合がいい塩梅

トップ俳優として活躍を続けているユアン・マクレガーはまあ当然としても、他の3人もしっかり昔の面影を残しながら、いい感じで年輪を感じさせるルックスになっている。20年も経っていたら、見る影もないほどしょぼくれていたり中年太りになっていたりしてもおかしくないのに。4人のキャラクターが、不在の20年間もしっかりそれぞれの人生を生きていたのだなあと信じさせてくれる。そんな嬉しさがある。

地方の駅のプラットフォーム、トイレの個室、自室のベッドなどなど、前作で印象的だった場所もひとひねり加えて再登場。懐かしさを覚えると同時に、あ、こうアレンジしてきたか、と感心させられた。

ダニー・ボイル監督、前作の「スティーブ・ジョブズ」では円熟の方向に進むのかという気がして少し寂しい気もしたが、「T2」ではまだまだ挑戦する姿勢を示してくれた。

AuVis
AuVisさん / 2017年4月12日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 6 件)

苦く辛い青春

それほど苦悩した青春時代を過ごしてきたわけじゃないけど誰にだって悩んだ時はあっただろ
もしも無いままに大人になったのだとしたらとても不幸だ
この先取り返しのつかない決断をしてしまうかも知れない
とは言え今更そんな経験を進んでやる人もいないだろう

せめて映画なり小説なり漫画なり、疑似体験をして心をならしておくといいのかも

若い頃はそれなりにいっちょまえに悩んでいたふりをしていたように思う
未熟な心に折り合いとかつけられず出るはずのない答えを出そうとしてでもどうしたらいいのかわからずにただ飲んでばかりいたような時もあったかな
そこそこ生活に余裕があると人はろくなことを考えない
没頭する趣味でもありゃ〜良かったな

また映画と関係ない事ばかりになってしまった。

カルヴェロ1952ll
カルヴェロ1952llさん / 2018年10月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 怖い 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

前作も響かなかった派

……。汗。おわり。
と、いうかんじです。前作も響かなかった派なので、今回はさらに。結局おっさんが、昔にとらわれない、ようでとらわれまくっている、で?
って感じ。
まあ、好みでしょうね。全然はまらなかったです、はい。キャラも展開も映像も音楽も、ごちゃごちゃしすぎ。

okaoka0820
okaoka0820さん / 2018年8月19日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

幸か不幸か

あの頃は幸せだったと思う今は不幸かもしれないが、後々、あの頃はと思うかもしれない。幸せだったはずの頃に、そう実感していない場合もある。幸せは必ずしも実感ではなく、評価でもある。評価は、結果で、考え方によっても変わる。終わって、暫く吟味しなければ、結論は出ない。だから、人生はすっかり終わってしまうまで、幸不幸は誰にも分からない。

ひろち
ひろちさん / 2018年6月17日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

前作ありき。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

全員が全員、何も変わってない。
スマホを持ってて、ツイッターやフェイスブックをやってる、中年。そのまま歳をとって。
前作から、オシャレと勢いと、斬新さがなくなった。

昔馴染みの奴らが集まって、昔のノリで盛り上がっても、楽しいのは最初だけ。「また、これを始めようぜ」って、それは面白くないよ。そこのコミュニティは、年一回だから、復活できるんだよ。毎日は出来ない。

ときどき前作の名シーンのカットが、思い出として入る。良い思い出のままで留まってるから、それは先に進めなくて良いんだよ。

でも、ときどき、ハッとするシーンが、入るんだよなぁ。
チューズライフ!とか。
電車の部屋のレコードとか。

そういう意味で、+0.5

あの若かった頃には、もう戻れない。
見なきゃよかった。

そう思わせるための映画なのか?!

@Fxxk4ever
@Fxxk4everさん / 2018年6月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

おじさんになっても変わらない

欲のまま生きて、でも年をとって、変わらないとと思いつつも変われない。もう一度あの頃に戻りたいでも戻れない。切なさもあり、一生に一度の人生普通じゃつまらないぜ的なかっこよさがあったと思う!
2で完結した感もあってスッキリはした終わりかたで良かった!

まこと
まことさん / 2018年4月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

タイトルなし

あれから20年
みんなダメダメじゃん
そりゃそうだよね
あんなんだったんだもん
こうなっても仕方がない
中身は20年前と何にも変わってない
色々汚いし
暴れてやっかいだし
近くにいられたら大迷惑な
おじさん4人は
微笑ましく…ない😭.
.
…でもこの🎥好き😆.

lilyrose
lilyroseさん / 2018年3月8日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

私には興味の持てるストーリーではありませんでした。1も苦手ながら鑑...

私には興味の持てるストーリーではありませんでした。1も苦手ながら鑑賞し、2こそは?と期待したものの、やはり同じ。当たり前か。

Sheeta
Sheetaさん / 2018年2月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まさかスパッドにそんな才能が!

20年経っても全キャストが無事に出演出来ている事だけでもう凄いんやろうけど、それにしてもうまくまとめた続編。小説によりまた1に戻る無限ループの楽しさ。
色鮮やか。ヘロイン注射するからR指定なのか。汚い便器もチラッと、スパッドのビニール袋ゲロがエグい。
ラストシーンが良かっただけにそれに続くエンディングに違和感、お洒落過ぎるというか。
エディンバラゆかりの人は堪らないのでは。

下書き
下書きさん / 2018年2月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

色褪せた青春

スパッド以外のキャラに全く魅力がなくて、20年経って色褪せてしまった感。前半何度もここで観るのやめようかと思ったくらい退屈。ユアンマクレガー好きだったけれど…。ラストのレコードかける場面、理解できない。

non
nonさん / 2018年2月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これぞ、同窓会映画

昔のダチに会って、キャッキャと騒いで、遊んで、過去を懐かしむ。映画を観る側の心境はそうだけど、作品内容自体もそんなカンジ。

昔ヤンチャしていたヤツらは、現在は酷い生活をしている、という点は反面教師的なメッセージがあり、とても良い。

前作程のインパクトはないけど、まあまあ楽しかった。

サケビオース
サケビオースさん / 2018年2月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

理想のパート2

あのやんちゃな4人組が20年たって、こうなってしまった。
お金を持ち逃げしたマーク(ユアン・マクレガー)がエジンバラに戻ってくる。
服役中のベグビー(ロバート・カーライル)、売春と恐喝でヤク漬けのサイモン(ジョニー・リー・ミラー)、家族から見放され自殺しようとしているスパッド(ユエン・ブレムナー)。
懐かしい音楽とポップな映像、ダニー・ボイル監督らしさ爆発。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2018年1月31日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なるようになる!

ケセラセラ的思想で、人生を笑い飛ばす痛快なコメディ
全編に渡って何度も声出して笑った
相応に4人とも老いているけど、それぞれの気質や哲学は全く変わってなかった
ベグビーのクレイジーさは相変わらずで、その恐ろしさに笑ってしまう
今作ではスパッドがストーリーのキーとなって前作以上に魅力が増していた

無軌道に衝動的に欲のまま 非常識にやり続ける悲惨な中年なのに 陰湿に感じさせないのは、本作の主題が底辺層の社会問題をフォーカスするものでは決してないからだろう
因果はさておき、無茶苦茶にやり続けたからこそ
スパッドとベロニカの未来が開ける感があった、そう捉えた希望の作品

isukee
isukeeさん / 2018年1月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

登場人物がみんな年老いて、良い味出してる。 それにしても、人生、一...

登場人物がみんな年老いて、良い味出してる。

それにしても、人生、一度道を踏み外すと、こうも惨めな生活を送る羽目になるのか。

nata
nataさん / 2017年12月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ファンにはたまらないT2

トレインスポッティングT2はカメラワークや構成がオシャレ。トレインスポッティングが好きだった人にはたまらないT2ですね。

Momo flowers
Momo flowersさん / 2017年11月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

T1を見てから!

ずっと楽しみにしていたT2。
成長しているところと、変わっていないところ。
ストーリーも最高。レントンの現代の生きるということ、選ぶということに対しての長台詞もいい。しょうもないやつらのしょうもない話だけど、でも自分にも身に覚えのある。そんな話。

前作を彷彿させるシーンの数々、エディンバラが変わっていっているという描写。

ベグビーの過去。スパッドの才能。レントンの不妊。シックボーイのしたたかさ。

Kentaro
Kentaroさん / 2017年11月16日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

20年後

前作から20年の時を経て、制作サイドもキャストも再結集

こんな同窓会ってなかなか観れることないんじゃないだろうか

とはいえ、前作を見たのは小学生の頃で記憶が全くない

覚えているのは地上波でエヴァンゲリオンを深夜録画していて、そのCMでトレインスポッティング1の宣伝がBorn Slippyバックに流れていた、ということぐらい

映画の要素で覚えているのはクスリと暴力とセックス

ただそれだけ

たったそれだけの記憶を持って続編を鑑賞するには心もとなかったが…

続編もそれだけの要素で充分だった

どんなに月日が経とうとも、何も変わらないのがあの4人組

バリエーションの少ない楽曲に淡々とした絵作り、時代は変わってもシンプルさを忘れない作品だったかと。

nobe666
nobe666さん / 2017年10月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

T1を観たのは大学時代で自分の時間も20年が経った。 リアルに比較...

T1を観たのは大学時代で自分の時間も20年が経った。
リアルに比較すると、やはりあの頃は若さゆえに欲望に忠実だったことが日々を輝かしくも愚かしくもしていた。
誇りも後悔もいっぱいだ。
また20年後の彼らを少しだけ観たい。

じゅんぺい
じゅんぺいさん / 2017年10月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

126件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi