劇場公開日 2017年4月8日

  • 予告編を見る

T2 トレインスポッティングのレビュー・感想・評価

3.7144
23%
52%
21%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全144件中、1~20件目を表示

3.5おめおめと歳を取るということ。

村山章さん
2017年4月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

悲しい

20年経って4人は変わったか。変わったに決まっている。当たり前のことだが、20年は若者をオッサンにするのだ。どれだけバカをやろうが、それぞれには20年という歳月が刻み込まれている。だから前作のような勢い任せの魅力が本作には感じられないのは、しごく当然のことだし、似て非なるテイストの映画になっていることが、この映画が信用できる一番の理由だろう。

本作からとりわけ感じられたのは、容赦なく人間は老いるということ。それはシックボーイが薄毛になったという外観的な意味だけでなく、4人全員が昔のままではいられないと心底わかっていて、それでもココロには“大人になれない自分”が棲みついて離れない。そんな中年の宙ぶらりん感が、可笑しくも切なくて骨身に染みる。懐かしさよりリアルな実感が勝っている点だけでも、20年ぶりに撮られた意義は充分にあった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 12 件)
村山章

4.0かつての勢いを繰り返すのではなく、物語として成熟している

2017年4月26日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

20年ぶりの続編。ボイルやキャストもかつての二番煎じでは成り立たないことをちゃんと理解している。だからこそ、勢いではなくスローに、それぞれの歩調、立ち位置をしっかりと確かめるように物語を起動させていく。ややもするとオーソドックスな語り口にも見えるかもしれないし、観客によっては自分の過去と現在すらシンクロさせ多少の“痛み”を感じる場合もあるだろう。でもこの痛みがいい。素晴らしい。時代と人生に折り合いをつけ、多少絶望しながらも、各々のリミックスとテンポで“Born Slippy”と”Lust for Life”を全うするかのような生き方。そうせざるをえない生き方。その行き着く果て、観客と登場人物の記憶と鼓動が同期するときに、懐かしい風景が眼前に蘇る。こうやって続編でしか成し得ない、唯一無二の語り口を推し進めていくボイル。彼が選びとった方法論に“ストーリーテラー”としての成熟ぶりを感じずにいられなかった。

コメントする
共感した! (共感した人 5 件)
牛津厚信

4.04人の加齢具合がいい塩梅

2017年4月12日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

楽しい

トップ俳優として活躍を続けているユアン・マクレガーはまあ当然としても、他の3人もしっかり昔の面影を残しながら、いい感じで年輪を感じさせるルックスになっている。20年も経っていたら、見る影もないほどしょぼくれていたり中年太りになっていたりしてもおかしくないのに。4人のキャラクターが、不在の20年間もしっかりそれぞれの人生を生きていたのだなあと信じさせてくれる。そんな嬉しさがある。

地方の駅のプラットフォーム、トイレの個室、自室のベッドなどなど、前作で印象的だった場所もひとひねり加えて再登場。懐かしさを覚えると同時に、あ、こうアレンジしてきたか、と感心させられた。

ダニー・ボイル監督、前作の「スティーブ・ジョブズ」では円熟の方向に進むのかという気がして少し寂しい気もしたが、「T2」ではまだまだ挑戦する姿勢を示してくれた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
高森 郁哉

4.5一作目以上に「戻る」が印象的。ただ、戻っただけではない。

2021年1月17日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
すっかん

3.5同窓会的な映画

ハルさん
2021年1月15日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

前作のあのキャラクターたちが、同じキャストで20年ぶりにでてくるだけでも、ファンとしては嬉しい映画。
ただし全員のダメ人間っぷりは相も変わらずなのだが、そこが悲しくも全く変わっていなくてやはり安心する。
かといって、彼らは普通の底辺の人間なのかと思いきや新規ビジネスを即軌道にのせたり、文才があったりと、本気出せば彼らは堅気の暮らしできるのではないかとも思うので、本当にダメな奴らではないのかもしれない。
唯一立派になったのは弁護士になったダイアンくらいか。
それにしても、ケリー・マクドナルドが相変わらず可愛らしくて安心した。
ちなみに、前作でレントンがくすねた金は一人あたり40~50万円くらいなのだが、その額であそこまで恨み続ける(特にベグビー)あたりがショボくて良い(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ハル

4.0人生を選べ

marさん
2021年1月5日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

ハードボイルドとは違うんだけど、男の生き様を描く点では同じというか。
あれから20年、街の風景は変わってもクズはクズのままだし、
なんだかんだ言っても変わらない友情ってのも確かにある。

かつて少年だった人にはやっぱり染みるストーリーだったと思うし
あんまり狙いすぎてない感じも好印象だった。

個人的に序盤がけっこう退屈に感じたんだけど、
レントンがサイモンにある告白をしたシーンから引き込まれてしまった。

うん、見てよかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
mar

3.5同じクソでも老いると切ない

Tetさん
2020年12月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

20年経ってもクソ野郎。

同じクソ野郎の物語でも、老いてるだけで切なく感じる。

嗚呼、若さって素晴らしい!

みんな老けたな!

オレもか!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Tet

4.5相変わらずだけど…

2020年11月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

下層に生きる若者たちの、破滅的だけどどこか愉快な姿を独特な映像と印象的な音楽とともに描いた前作から20年後。
相変わらず皆んな悲惨な状況で、皆んなおっさんになったし(特にシックボーイ)、中年の悲哀もプラスされてる。まあ、中身は対して変わっていないのは少し安心した笑。でも、一度落ちたら、20年でも変われないというのはかなり刺さるなぁ泣。
ダメなやつほど過去にすがるんだよなぁ。
レイジングスパッドのシーンが好き。

結局、皆んなダメダメだし、前作のように裏切られる。
しかし、時が経った(時代が変わった)ことによる心の変化がそれぞれある(ベグビーなんか終始無茶苦茶だったけど、カッコよく感じてしまった)し、救いのある展開があったので良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いたかわ

1.0タイトルなし

ケイさん
2020年10月4日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ケイ

4.0懐かしい面々が…

MrPさん
2020年8月14日
iPhoneアプリから投稿

 過去を懐かしむと後悔に自殺したくなるからノスタルジーには浸りたくないし嫌いだ。そんな理由で星は1つ少なくしたがサマータイムのくだりは本当に最高!ブレムナーって何者なの?コメディアンなみに面白い🤣
 最高な映画の続編、素晴らしかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
MrP

4.5ノスタルジー

ゆいさん
2020年7月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

興奮

幸せ

実際と映画の中で同じ年月経過しているっていうのがめちゃくちゃ良い。
みんな元気だからこそできること。
1作目から2作目を見るまで1年も空いてないのにノスタルジーを感じたから、当時からのファンはどんな気持ちなんだろう。
1は期待しすぎたためか期待以下だったが、2はめちゃくちゃ面白かった。やっぱり愛着湧いてるからかな
説明できないけどすごい良い映画。ちょっとほっこり?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゆい

2.0期待していただけに…。

2020年7月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

寝られる

前作はめちゃくちゃハマった。
自堕落でシャブ中の若者の世界観、イギーポップやアンダーワールド等の音楽が映像と相まってかっこいい〜と何度も見返し、サウンドトラックも購入した前作。
続編があるのを今更知り、観て観たけど…。
う〜ん…。
シャブ中の幻覚の世界なんかをもっと表現して欲しかったけど、ほとんどなく、期待が高過ぎたのか、あまり楽しめなかった。二作目に過度な期待は禁物だなって思わされた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
movie freaks

3.5彼らが選んだ―20年後の「未来」。

としさん
2020年4月26日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2019年6月30日 T2トレインスポティング 鑑賞
彼らが選んだ-20年後の「未来」。
タイタニックの大ヒットでザ・ビーチの主役がユアン・マクレガーからレオナルド・ディカプリオに差し変わったことが原因でこの続編の製作が遅れてしまったんですが、さすがに20年は長いですよね。
#ユアン・マクレガー#ロバート・カーライル

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とし

4.5【20年経っても、人は本質的には変わらない。レントンもスパッドもサイモン”シック”ボーイもベグビーも誰一人変わっていない歓び】

NOBUさん
2019年11月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

難しい

幸せ

 1996年発表の「トレインスポッティング」の主要メンバーをダニー・ボイル監督が集結させた。(脚本、ジョン・ホッジまで)
 (今やスターの彼らをよくぞ集めたものである。苦労話をダニーが語っている・・。)

 当初、続編のニュースを聞いた際は俄かには信じ難かった。

 外見上はそれなりに経年劣化が見られる4人組だが、世間一般の(私の周囲の人間:含む自分)尺度で観ると、余り変わっていないなというのが率直な感想。であるから、物語も”年をとって・・”などというトーンはセリフでは一部出てくるが基本的なスタンスは1作目と同じなのが嬉しい。

 一番カッコよいと思ったのは、4人組が木道の上で並んで映っているショット。
 皆、良い年の取り方をしている。
 しょぼくれて居るわけでもなく、丸くなった訳でもない、20年前と変わらず、今を生きる彼らがそこにいた。

 (あと、個人的には、ケリー・マクドナルドの出演が嬉しかったな。)

<2017年4月8日 劇場にて鑑賞>

[蛇足:今作のパンフレットはポップカルチャーの変遷が細かく記載されており、私にとって貴重なものである。家人の”断捨離攻撃”に曝されているが、手放す気はサラサラない。]

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
NOBU

4.0がっかりしない続編をありがとう…!

さん
2019年9月12日
PCから投稿

もうそれだけで十分!!と、
1作目が大好きでほぼリアルタイムで観ていた私はとにかくほっとしました。

1作目に比べ映像やストーリーにスピード感はないけれど、20年後なので同じスピード感だと無理やり過ぎ(若作り?)な気もするので悪くなかったと思う。そして実に自然な20年後のシナリオ。

1作目を観ているとファンサービスの様な作品だけど、初めてこの映画から見るとどんな感想になるんだろうと思う。ぜひ未見の方は1作目も観て欲しいところです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
恵

4.0それでもかっこいいオヤジたち

猫柴さん
2019年8月4日
iPhoneアプリから投稿

20年たっても冴えない生活
若い頃はそれでも未来を変えられる何かを信じていられたが、、、

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
猫柴

3.520年という月日が変えたものとは

riKiさん
2019年6月21日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

楽しい

興奮

20年という月日を経ての続編
続編ものはあんまり良いイメージがないけれどこの作品は良かった
まず演者達がちゃんと20年という月日を経たんだなあという容貌をしてて、しかもそれがスクリーンのキャラクターとしての20年が刻まれてる感じ。
またストーリーも前作のトーンを映像や編集、音楽で残しつつも現代感もしっかり混ぜてある。ただ前作の時代や風潮を現代より優れたものと捉える懐古主義に陥ってるのではなく、だが昔と変わってるようで変わらない4人の今を周りとの差異や比較、彼らの中自身の葛藤や喧嘩で現しています。
ちゃんと現代がありつつ、彼等の中にもそれぞれの今とは違う時間があって、、、それを直視しようとするけど出来なくてもがく感じとその後
また前作が見たくなります

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
riKi

4.0むなあつ

8716さん
2019年5月29日
iPhoneアプリから投稿

スパッド!かっこえかった
20年前の映像と重ねる演出多数!
クラブでのトイレシーンをはじめ
過去作を彷彿とさせてくる映像で
昔見た興奮が蘇る。
街を走るシーンも好き。
SNSや非正規雇用とか現代の社会問題を
一方的に話していたのも、
過去をただ憂いてるだけじゃないんやって
そういうマークが見えてよかった。
そして本作紅一点のベロニカ!
見た目も若さもばっちしで。
したたかで可愛かった◎
これ見たら若かりし頃の4人に
会いたくなること間違いなし。
明日借りてこよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
8716

4.0期待しなてなかった分

keisukeさん
2019年5月28日
iPhoneアプリから投稿

良かった!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
keisuke

4.0Danny Boyle

vary1484さん
2019年3月5日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

素晴らしい続編。
ダニー・ボイル監督の良さが詰まっているような作品。万人受けするような、美しい映画ではないけれど、男なら、一度は憧れたであろうやんちゃなことを、人間臭くかつ1人の人間として社会で問われるようなストーリーにも触れています。犯罪やドラッグといった、世界では悪として扱われることが当然のものを中心として、4人のキャラクターたちが描かれるのですが、2時間の映画を通して伝わってくるのは、彼らに対する憧れなんかよりも、彼ら4人を繋げる、運命だったり、友情だったり、歴史だったり。そこに感情を持っていけるような長編映画としてのつくりが美しかった。

1作目の1995年の”トレインスポッティング”を観ていない人にとっては、「何じゃこりゃ。」かもしれないが、それもまたダニーボイルらしい。観たい人だけみてくださいって言う感じですね(笑)。1作目ファンにとってはたくさんオマージュもあって、笑えるシーン盛りだくさんでした。スコットランドという馴染みのあまりない文化やアクセントに必死について行くように、前のめりになるのですが、それをかわされるようにコメディ要素が入ってきます。ほんで、映画の中のキャラクターたちが笑わないのがまた面白い。真剣にやっているのにバカしているのがこの作品の一番いいところ。

ダニー・ボイルとアンソニー・ドッド・マントルのコンビのフレーミングは本当に見習うところがたくさんある。まず、レンズの選択。個人的にコメディなどでのワイドレンズが好みなのですが、そのワイドの使い方がすごく好き。ずっとワイドでいくとワイドの良さが消えてしまいます。50mmとか35mmとかで基本を作りながら、24mmとか18mmとかをつかって違和感を作り出すリズムとコントラストが芸術的。さらには、外に出ると150mmとかのロングレンズを使ったりするから、その良さやコントラストがさらにはっきりする。そのレンズの使うリズムっていうのが、キャラクターに比例しているから、さらに映画に入り込める。
シネマトグラファーの役割として、空間をどう操るかというのが一番大事だと思うのだが、今年のアカデミー賞を制した、”ローマ”や”万引き家族”にはそのチョイスが視聴者にオリジナリティーと波長を与えたのではないだろうか。本作もその分野においては素晴らしい仕事をしている!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
vary1484
「T2 トレインスポッティング」の作品トップへ