スイス・アーミー・マンのレビュー・感想・評価

スイス・アーミー・マン

劇場公開日 2017年9月22日
92件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

くだらないのに大まじめ。狂っているのに普遍的

突出した独創性。異能の超大型新人監督の出現に遭遇した気分だ。

浜に打ち上げられた溺死体から出る屁(より正確には腐敗ガスだろう)が推進力になって水上バイクみたいになる。何ともくだらないオープニングだが、死体をダニエル・ラドクリフが、遭難した青年をポール・ダノが大まじめに演じていて、妙に感動してしまう。

死体が十徳ナイフのように便利な機能を次々に発現させてサバイバルを助けたり、話し始めて写真の女性に恋心を抱いたりと、いい感じに狂っているストーリーが展開するのに、しっかりと心の琴線に触れてくる。大人のファンタジーでもあり、現実を突きつける厳しさもあり。

ダニエル・クワンとダニエル・シャイナートの監督コンビ「ダニエルズ」、どうかその突拍子もない発想でこれからも珍作を作り続けてほしい。

AuVis
AuVisさん / 2017年9月29日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

心にいつも、一体の万能死体を ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

本作は問いかける。人生とは、無人島で絶望しながら死を待つようなものなのか?と。この実験劇場に身を置く主人公が半ば諦めを持って死を決断したところ、思いがけず浜辺に打ち寄せられた身体を発見。この“死体”は死んでいるはずなのに、尻からガスは噴射するわ、口から岩清水を噴射するわと大活躍。やがて薄ら笑いを浮かべて、喋り始めたりもする。

両者の関係が面白い。片や生から死に向かおうとした者。片や死んでいる身体で精一杯に生を実感すべく方位磁針をキュルキュルと動かす者。二人は対極の存在なのだが、おそらく、いや絶対に、二人は互いに“もう一人の自分”として、繋がり合っているのだろう。彼らが心を重ねるに連れスクリーンに色彩が溢れ、イマジネーションが炸裂していく展開も楽しい。翻って最初の命題への答えだが、人は絶望しないためにも、心にいつも一体の死体を持つべきなのかもしれない。しかもとびきり生意気で万能なやつを。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2017年9月25日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 6 件)

なんだか面白かった

色々なもの作ったね
これからが寂しくなるねー
あんな万能な友達欲しいなぁ

れこほた
れこほたさん / 2018年9月1日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

好きです!

ホントのことを言うともしかして嫌われるんじゃないか
もう二度と一生会えなくなるんじゃないか
まだ若く恋は一度と思い込んでいた頃の私がそうだった
昔は方重いっ言ったけど今はストーカーって言う罪になってしまった
内気で恋をする人はどうすれば良いのだろう
自分のホントの気持ちが言えたら良いんだけどそんな怖いこととてもじゃないけど言えないや

気持ちを伝えるって難しいよ

カルヴェロ1952ll
カルヴェロ1952llさん / 2018年7月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

安定のポール・ダノ

人生に悲観した男と一体の死体が心通わせるファンタジー映画…と言葉にするとくだらない映画に聞こえますが、とても印象に残りました。
狂気だのサイコだのと片付けてられそうですが、死を直面し、生きる希望を見出し、色の無い世界に色を付ける。それに笑いと下ネタを含ませてるので暗い雰囲気が薄れています。
ジュラシックパークを口ずさむのが印象的

とても面白い映画でした。

100
100さん / 2018年6月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

死体の設定がおもしろい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ハリーポッターのダニエル君が出演してるということで見てみたがかなり面白かった。

サバイバルで必要なことはだいたい死体がしてくれるというおもしろい設定は笑ってしまった。
ドラえもんで言えば、道具ではなくドラえもん自体が道具として助けるという感じだろうか、

この映画で考えさせられたことは「生きる」について。人生は自分で決めるものだと強く思った。

rrr.
rrr.さん / 2018年6月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

一つのネタで引っ張るのキツイ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

死体を擬人化?してドラマを展開するのは面白いアイデアかもしれないが、全編それで引っ張るのはキツイかな。エンタメにしてはスッキリしないオチだったし。
死体に喋らせる展開が、制作側の逃げにしか思えない。最後まで喋らない死体を通すことが本来のユーモアに繋がるんじゃないか?

ドラゴンミズホ
ドラゴンミズホさん / 2018年5月31日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ぶっ飛んでるけど、考えさせられる作品 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

無人島で遭難したハンクが、水死体で浜辺に流れ着いたメニーの腐敗ガス(というオナラ)を使って、故郷の浜辺にたどり着くところから始まって。

一人なら助かるかもしれないのに、死体のメニーを浜辺に置き去りにせず、一緒に帰ろうと担いでいくところからおかしな旅が展開される。

歌でも自分の現状を表現したり、そのうちメニーのマルチな才能(生き延びる武器?)をフル活用して、狩も上手くなり、森で生きるのに満足してしまいそうになるけど、そこはやはり幻想でしかない。

当初彼女かと思ったスマホの待ち受けの子は、ただの片想いしていた女子(サラ)で、かつ子持ち。
彼女のインスタを見ればわかることなのに、それすらも怖くて見られなかったコミュ障だってことがだんだん明かされてく。

最終的には、故郷のしかも憧れのサラの家に辿り着くが、メニーが身元不明で引き取り手がない場合は墓にも入れないとわかると、また森に帰って二人(結局は一人)で逃避行。
あれ?最初にたどり着いた浜辺って、めちゃ近くやん。

それは、ハンクが現実に戻りたくなくて、故郷は森に激近だったのにワザと遠回りして心理的な遠さを演出していたのかなーと思った。

最終的には、メニーの笑顔でサヨナラ、が現実世界でもお前は頑張れ的なメッセージ…なのかな??
とりあえず、面白くて笑いが止まらない作品だった!

soleilヾ(´ε`○)
soleilヾ(´ε`○)さん / 2018年5月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

評価できない ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

序盤から死体をジェットスキーのように乗り回すぶっ飛んだ設定を見せつけられ、
中盤は遭難してることはさておいて死体との会話(実際は自分との対話)、
終盤はシリアスな雰囲気かと思いきや屁が大活躍

屁はどのシーンでも出てくるので決して上品な映画ではないですが、重要なシーンで活躍したり、意外と意味を持っていたりというあたりは面白かったです。

ただ、こちらがどんな顔をして観てよいかという点では非常に難しい映画です。
人におすすめできるかというとかなり疑問ですが、訳のわからない映画を観たいときはぜひ。

ダニエル・ラドクリフは頑張ってたんじゃないでしょうか笑

waisigh
waisighさん / 2018年4月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

どうしたらいいのだ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

この作品を観て、どう感じるのが正解なのだろう。
どんなリアクションをすればマトモなんだろうか。

そういう、ないようで大抵の場合には予め用意されている「安心の多数派感覚」みたいなものが、ない。

不思議で、シュールで、興味深く、、、
それなのに退屈で、イライラもする、、
それら全てが魅力に変わる、変わった毛色の作品。

ke_yo
ke_yoさん / 2018年4月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

荒いけど新感覚でした。

荒いけど新感覚でした。

P.N.映画大好きっ子さん
P.N.映画大好きっ子さんさん / 2018年4月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最早ツッコメない奇天烈映像

ダニエル君(死体)が腐敗ガスという名のおならでジェットスキーをしてみせるというのが冒頭に持ってこられているのが最高に良い。最初からブッ飛んでいる。

過去の思い出を取り戻す事でマルチな能力を開花させ、無人島で野垂れ死ぬ寸前だった男を助けてゆく という破天荒なストーリー。
ダニエル君のマルチパワーがいちいち爆笑モノで、主人公も遠慮なくそれを使う為にダニエル君をいろんなとこに叩きつけたりしてるのが圧巻。
森の中に色々な飾り付けをしているのもとても本格的で視覚に楽しい。

こんなに笑わせておきながらラストはすごく切なくて泣かせてくれるというズルさ。

下ネタがややきつく、中盤しつこいのが個人的には嫌だったけれども、そこを差し引いてもおつりが有り余るサバイバル・コメディだった。

幸ぴこ
幸ぴこさん / 2018年3月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

85点 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

すごく綺麗なユーモア!
ユニークな演出!
最強の演技力!
最後ヤバいやつで終わると思ってたけど、
全員見たよねw

コウセイ
コウセイさん / 2018年3月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

レビュー

かなりエッジの効いた設定で興味がそそられ、下品よりのギャグと明るい音楽で軽く見せながら、話は進む。いわゆる思春期の社会性との葛藤を、映画でしか出来ない演出で楽しませながら魅せた手腕はすごい。キャスト起用含め、まとめあげた手腕に感服😅

ニックネーム
ニックネームさん / 2018年3月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

前代未聞のオナラ映画(褒め言葉)

途中まで「俺は一体何を見ているんだ……?」という気持ちになるけど、中盤以降物語のテイストは変わり、この映画の本当のストーリーやテーマが見えて来る。

前代未聞、荒唐無稽なオナラ映画だけど、ラストシーンでは思わず涙が……。

青空ぷらす
青空ぷらすさん / 2018年3月13日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3/10 DVD

全く見たことのない話に出会った。ユニークすぎる。ほぼ二人しか出ないのに間延びしない。ポールダノのオタク臭、現実と幻想とをゆらゆらしてる感じがすごい。死人相手だからこそ、自分の欲望をその死人に重ねて、達成しようとする感じは共感が持てる。そもそも、死人は生きてるはずないというのは大前提。だから、苦境の中での幻想だと。ただ、街の人がその死体を見たときの顔がどうも、信じられないといった感じ。彼らはなにを見たんだろうか。

セスコーエン
セスコーエンさん / 2018年3月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

開発されて行くラドクリフ

馬鹿げていた。これはどういう意味だ?と考えるのはやめた方が良い。
最初から最後まで狂っていた。
ポールダノがどんどん頭がおかしくなって行く話かと思ってたら、話自体が狂っていた。
やばい奴のヤバい行動なんだけど、なんかもういいやとはならない。
それはラドクリフがしっかり死んでるしポールダノが真面目に悩んでるからだと思う。

基本的には最低最悪だけど、
ガスを噴射して飛んだり、水を出したり、武器になったり、火を出したり大人が馬鹿なことを本気で作ってる所は最高だった。

奥嶋ひろまさ
奥嶋ひろまささん / 2018年3月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ひどい冗談

悪いけど、ひどい冗談だと思った。
それが最初のフロント写真。
サンダンスが評価していなければけっして観なかった映画。

最初は、「ぐずぐずしないで死ねよ」って印象。
それが最後までつづく。
つまり、ひとを勇気づけるなにひとつない。
くずは、いつまでもくずだってことを映画で証明している。どうでもよい話だ。つまり、どうでも良い人たちがどうでも良いことをしているけど,最終的にどうでもいい。はっきいおうクズはクズでしかない。後援者から引き上げられたり、なんらかの価値を認められることはない。
はっきりいう。クズが、「すばらし」っていうのはどうでもよい。
努力した人達が、物語の中心であるべきだ。

だから、ぼくは努力する。

そんぼ
そんぼさん / 2018年3月5日 / PCから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2018_8

ラドクリフはやっぱり魔法使いだった。

レンタヌキ
レンタヌキさん / 2018年3月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

「何なの?」

『スイス・アーミー・マン』を観た。ダニエル・ラドクリフ(ハリポタ)を人形のように扱う単なる1点突破型映画かと思いきや、案外に結末がしっかりしていて期待以上に面白かった。でも、全編観終わった後の感想、まじでラストのヒロイン(に祭り上げられていた人)の一言に尽きると思う。

もりめろん
もりめろんさん / 2018年3月1日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

92件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi