劇場公開日 2017年6月9日

  • 予告編を見る

パトリオット・デイのレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全149件中、1~20件目を表示

4.0ピーター・バーグが無双状態。

2017年7月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

興奮

現実に起きたテロ事件の顛末を、圧倒的に面白い群像劇として描き出したピーター・バーグの腕力に感服。本作でJ・K・シモンズが見せるまさかの無双状態を、まんま演出家としてのピーター・バーグと重ねてしまうくらいだ。

ただ、バーグについては気になっていることがある。この映画の「ボストン市民の団結がテロに打ち勝った」というメッセージは、「俺たち市民は武装してでも立ち向かうぞ!」と拡大解釈をすることができるのだ。いわゆる自警団的な考え方だ。

近年のバーグは「アメリカの英雄」に強い執着を抱いていて、報復の連鎖を描いた傑作『キングダム』が半愛国的と批判されて「俺は愛国者なのに!」と逆噴射した結果のようにも思える。いずれにせよ最近のバーグの映画には、持ち前のエンタメ力と無双状態の演出力に加えて無邪気なタカ派思想が見え隠れする。本音を言えば『ランダウン』や『バトルシップ』の続編なんかをやって欲しい監督なのだが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
バッハ。

4.0複数の視点で事件を立体的に浮かび上がらせる語り口の巧さ

2017年6月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

このところピーター・バーグは、アメリカ人の記憶に刻まれた象徴的な事件を圧倒的な熱量で語り継ぐことを自らに課しているかのようだ。いずれも現場の最前線に立つのはマーク・ウォルバーグであり、彼の生き様には等身大の人間が己の限界を超えて使命を全うしようとする姿が見て取れる。こと本作では、世界に衝撃を与えたテロ事件をいたずらにエンターテインメント寄りに描くこともなく、この惨劇の中で勇気を振り絞った市民一人一人をクローズアップ。そのバランス感覚や構成に関してバーグは非常に手堅く、作中に散りばめた人々がどこでどのように事件に関わっていくのか伏線を張りながらその糸を回収していく語り口も優れている。とはいえ、私が本作で最も惹きつけられたのは、謎の機関から派遣されてきた女性担当者による取り調べシーンだった。あの不気味さ。数分間、言葉を交わすだけの場面にあれほど緊張感を付与できるのもピーター・バーグならではのキャラ付けの巧さと言えるのだろう。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ぐうたら

3.0映画は世相に応じて異なる意味を持つこともある。

MPさん
2017年5月31日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

怖い

42.195キロを駆け抜けてきたマラソンランナーの脚が、ゴール間近で何かの衝撃を受けて折れるように倒れるニュース映像の、何と不気味で静かだったことか!?そのボストンマラソン爆破テロ事件の全貌を映像で再現する上で、監督のピーター・バーグは本物のニュース映像と、現場に転がっていたであろう肉片を配置する等の演出を絡め、また、事件に関わった人々を俳優に演じさせることで、これを実録パニック群像劇として再構築。さらに、 ボストンがテロを克服できたのは市民間の愛だった、と言い切る。これぞまさしく"パトリオット(愛国者)・デイ"。しかし、そのバーグも今のアメリカが愛とは真逆の憎悪によって分断されようとは思ってもみなかったに違いない。映画は世相に応じて異なる意味を持つこともあるということを、改めて実感させる作品だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
MP

4.5「アメリカはテロに屈しない」

かつさん
2019年10月5日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
かつ

4.5マーク・ウォールバーグ主演&ピーター・バーグ監督のタッグ作に外れなしの法則は継続された

NOBUさん
2019年8月15日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

知的

 2013年に発生したボストンマラソン爆弾テロ事件の裏側を、マーク・ウォールバーグとピーター・バーグ監督が生々しく描き出す。

 ドキュメンタリー映画としても、充分通用する程のリアルな場面の数々に思わず引き込まれる。

 この映画が感動的なのは、ボストン市民の”テロには屈しない”という強い姿勢が控えめながら、しっかりと描かれているところだと思う。

 若き素人テロリスト兄弟が「圧力鍋爆弾」でテロを実行した背景は未だに明らかになっていないが、この事件後も世界の各地で同様のテロが頻発している事実から目を背けてはいけない、というメッセージを強く感じた作品である。

<2017年6月9日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
NOBU

3.5観て損はない

META坊さん
2019年6月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

2013年のボストンマラソンで発生した爆弾テロ。
犯人逮捕までの102時間を緻密に丁寧に描いた作品。

監督・主演は少し前に公開された、メキシコ湾原油流出事故を映画化した『バーニング・オーシャン』と同じ、ピーター・バーグとマーク・ウォールバーグ。

実話の映画化と言うことで、実はそれほど期待して観に行ったわけではなかったが、いい意味で裏切られた。
これは大当たりだ。

悲惨な事件を扱った映画に対し、不謹慎な言い方かもしれないが、非常に面白い作品だ。

目を覆いたくなるシーンも多く、映像がとにかくリアルで嘘臭さがない。
事件発生直後の現場の混乱が上手く描かれている。

そして、捜査のスケールも大きい。
この辺がアメリカの底力なのだろう。

捜査本部が置かれた巨大な倉庫に、収集した証拠品を並べて現場を完全再現するなど、日本では考えられないことを迅速にやってしまう。
FBIと地元警察が協力し合い、 映像解析などまさに不眠不休で手掛かりを探す姿には頭が下がる。

逃走する犯人に人質にされた市民がいたこと。
その人質の一瞬の判断と勇気が、犯人逮捕に大きく近づいたことなど、この作品を観るまで知らなかった。

俳優陣はと言うと、

FBI特別捜査官のケヴィン・ベーコン。
はまり役だがずいぶんと老けた印象。
それもそのはず、『フットルース』から30年以上は経ってるんだもの。

『セッション』での怪演が光ったJ・K・シモンズも、犯人との壮絶な銃撃戦で身体を張って頑張っていた。

犯人の妻役が『スーパーガール』のメリッサ・ブノワ。相変わらず可愛い。

最後に実際に被害に遭い、お互い片脚を失ったカップルが登場するのだが、彼らの一言ひとことに胸が詰まる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
META坊

3.0You will be remembered

kossyさん
2019年5月17日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 ついジェイク・ギレンホール主演の『ボストン・ストロング』と比較して見てしまう。ストロングの方はテロリスト逮捕に関してはほとんど描かれていなかったため、事件の記憶としてはこちらの方が強く印象に残りそうです。しかも実際の映像はこっちの方が多く使われている。もちろん映画のテーマ、趣旨は全く違うのですが。
 前半でもっとも凄いと思ったのが、FBIが到着してから特別捜査班設立するまでの素早さ、そして大掛かりなセットを瞬く間に組み立ててしまったこと。これぞアメリカの捜査システムの偉大さなのだろう。ケビン・ベーコンが神のように思えてしまった。一番良かったのはこの特別捜査班かな。

 被害者たちが元気を取り戻し、「ボストン・ストロング」という合言葉が勇気を与えてくれる内容ではあるが、最も印象に残ったのは子どもの遺体を証拠が消えるから動かせないで、じっと横に立っている警官の姿だった。アメリカの強さの影には、こうした一見すると冷酷なまでの冷静な捜査が下敷きになってるんだ。と言いたそうなほど、このカットが何度も使われていた。

 全体的に再現フィルムのような作りなのに、後半になるとアクション映画のエンタメ性まで帯びてくる作りになっていた。かなり脚色してないですか?と言いたくなるくらい。しかし、中国人学生は実在してるし、MIT構内で射殺された警官も真実みたいだし、犯人兄がドンパチで死亡した爆弾アクション・シーンだけが脚色してあるのだろうか。とにかく手に汗握るほどの攻防戦だった。

 しかし、一方では、犯人の会話に「9.11ではアメリカ政府がビルを破壊した」「目撃者はみんな俳優だ」とかのセリフを言わせることに違和感もある。憎らしいまでの犯人の妻を描き、テロリストには人権はない(上層部の誰が指示したかは不明)とまで言う部分に、本当に自由の国なのかという疑問さえ残るのだ。そこまで描くと、犯人側の動機解明もできないし、テロが起きないような世界にするという本質から逃げているのがアメリカなんだと感じてしまう・・・。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
kossy

4.0緊迫感がすごい

たけおさん
2019年4月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

悲しい

怖い

ボストンで起きた爆弾テロの一部始終をリアリティな映像と緊迫感のある展開が醍醐味でした。
前半から中盤までが、すごく見応えがありました。
後半の銃撃戦は、長すぎるかなとは思いましたがラストの実映像を交えた展開はあつくなるものがありました。
市民がパトカーを送るシーンと球場の場面は、涙がでそうになりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
たけお

4.0レビュー

2019年2月4日
iPhoneアプリから投稿

安定しているピーター・バーグ監督でマーク・ウォールバーグというコンビ。実話に基づいているため、予想通りではあるものの、リアルな緊張感と熱量に完全に取り込まれてしまいました✨
自分があの場所にいたら…と思う

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みそしる

4.0中盤でギブアップ

友蔵さん
2019年2月1日
iPhoneアプリから投稿

色々な人が出でくるの苦手。我慢の限界

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
友蔵

0.5ショボい心意気の映画!!

2019年1月23日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

寝られる

オリヴァー・ストーン作品と対極をなす、御用映画だと思います。世界中で政府による偽旗テロや投機家ジョージ・ソロスの資金による人工芝運動(反トランプデモ、LGBT運動や日本だとシールズやしばき隊等)が明らかになっていますが、ボストンマラソン爆破事件の犯人を19歳の男性だと決め付けるというだけのプリパガンダ映画で内容はありません。日本でも秋葉原通り魔事件の加藤はわざわざ白の上下なのに返り血を浴びていませんので、色々な事件の報道内容は、本当にそうなのか考える必要があると思います。「911は政府がやった」と本当に彼が言ったか分からない台詞を犯人に言わせる事で、本作がどのような意図で作られたのかは明らかだと思います。犯人役がイライジャて・ウッドみたいで不良のウォールバーグに比べても圧倒的に弱そうだし、怖いとか緊張感とかが全くありませんでした。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
アンジェロ

3.5映画化するのが早くないですか

2018年11月3日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

丁寧に取材して忠実に再現している感じが伝わってきます。複数の視点からボストンマラソンで起きたテロを追いかける構成。実行犯の確保まで一気に見せます。
て、あんまり感想なかったりする。「再現」だからでしょう。
最近、大きな事件や事故など、映画化するのが早くないですか。結構最近の出来事をすぐエンタメ化する。あまり良い傾向とも思えない。(と、言いながら興味あって見ますが)
個人的には謎のおばはんの爆弾尋問シーンが好きかな。突如女の生い立ち語って、「爆弾まだある?」また、語って「爆弾あるの?」。で、結局聞き出せない。この無駄な感じは味がある。このシーンいる?っていう。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
okaoka0820

3.0いまいち。

mgさん
2018年7月16日
iPhoneアプリから投稿

素晴らしい実話だとは思った。
けどテンポ悪すぎ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mg

4.0ボストンは負けない

2018年7月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

愛を持って悪と戦う。
決して負けない、強きボストン。
ボストンマラソンの悲劇はニュースでは知っていたが、その後の捜査から逮捕に至るまで、
これほどのドラマがあったことを初めて知った。
こういう事実を映画化出来るアメリカはすごいと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
上みちる

4.0ボストンストロング

2018年6月10日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

やはり最後の本人インタビューが泣ける。
ベンツでの銃撃戦は知らんかった。
マーク・ウォールバーグよりJKシモンズの方が見せ場あったかも。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
個人的下書き

3.5非常にリアルだった

素子さん
2018年6月6日
iPhoneアプリから投稿

銃撃戦だったり、救急シーンだったり、非常にリアルで緊迫感あるエンタメ的演出もうまく、尋問シーンだったり、論理的なセリフも多く、メッセージ性も良くできている。尋問シーンは、未だ世界で起こる理不尽なイスラム社会での女性差別が解消されないことの象徴か?愛は暴力によって破壊されないというメッセージは素晴らしかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
素子

4.0this is our fuckin city

Shuheiさん
2018年5月27日
iPhoneアプリから投稿

Catch the mother fucker!

あの尋問官は何者だったのだろうか

Strong Boston

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Shuhei

4.0こんなテロリストはやっかい

2018年5月25日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

怖い

単純

興奮

2013年ボストンマラソンの爆弾事件を早くも映画化、記憶に新しいだけに生々しい。
犯人はイスラム過激派の兄弟で、兄の妻も共犯。
警察とFBIには敬意を表すが、こんな犯人像だと世界中に居そうで怖い。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

4.5見どころは尋問シーン?

ほんげさん
2018年3月9日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

興奮

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ほんげ

4.0怖さと感動と…ガッカリ感

ke_yoさん
2018年2月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

怖い

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ke_yo
「パトリオット・デイ」の作品トップへ