劇場公開日 2017年11月3日

  • 予告編を見る

「子供の成長とホラーを両立させた上質の映画」IT イット “それ”が見えたら、終わり。 サケビオースさんの映画レビュー(感想・評価)

3.3445
11%
46%
32%
8%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0子供の成長とホラーを両立させた上質の映画

2018年11月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

興奮

面白かった〜。
なんとなく『スタンドバイミー』に雰囲気が似てるなぁ〜、と思っていたら、スティーブキング原作なのね。

《ホラーとして》
ビックリ箱的な怖さだけではなく、ゾクゾクとくる恐怖があって、ホラーとしての出来が良い。また、グロやスプラッタにも寄せていないあたりが、かなり好感。

《子供の成長として》
ルーザーズ・クラブのメンバーは、皆色々なコンプレックス(兄弟、親の抑圧、親の死、病気、弱虫、潔癖など)を抱えているが、ITに立ち向かうのと平行して、そのコンプレックスとも向き合い、成長していく様が描かれている。また、ITとの対立の中で、友情も深めていく。子供の成長譚として、素晴らしい出来だと思う。

《紅一点》
ベバリー役のソフィア・リリスがかわいい💕

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
サケビオース
「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」のレビューを書く 「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」のレビュー一覧へ(全445件)
「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」の作品トップへ