劇場公開日 2017年9月9日

  • 予告編を見る

散歩する侵略者のレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全219件中、1~20件目を表示

4.5「侵略者」と「散歩」。このギャップがすべてを物語る

AuVisさん
2017年9月1日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

笑える

怖い

宇宙人による地球侵略もの、と聞けば大仰なSFスペクタクルを予想しそうだが、意外にも映画の中心は会話劇。それもそのはず、原作は舞台劇の戯曲で、これをホラーの名手・黒沢清監督が映画化した作品なのだ。

特撮も爆薬も使えない舞台で、宇宙人による侵略をどう具体化するか――そんな出発点から、人間の概念を奪うという基本コンセプトが生まれたのではないかと想像する。これなら、概念を奪う行為そのものは台詞と動作の演技で表現できるし、概念を奪われた人間の変わりようも、日常に突然生まれた非日常を可視化できる。

こうした原作のアイデアに黒沢監督の演出によるショッキングな場面とほどよいユーモアが加わり、さらに映画らしい派手なアクションシーンも添えられて、邦画のスケール感で十分に説得力あるSF侵略劇と相成った。「侵略者」という非日常と、「散歩」の日常。このギャップを無理なく繋げたところが本作の肝と言えよう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
AuVis

2.0宇宙人の類型がいびつ

2019年8月15日
PCから投稿

なぜか、長澤まさみが可哀想に思うだけのストーリー

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アサシンⅡ

2.0なんだかなあ

リンクさん
2019年8月13日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
リンク

5.0面白かった

2019年8月8日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミツハシ

4.5なんとなく

2019年8月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

怖い

幸せ

最後の展開に愛を感じた

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
喜怒哀楽

4.0愛は地球を救う

2019年8月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

ミニマムな世界で宇宙人侵略
人の概念を奪って理解というのが斬新でした。
鳴海のイメージする愛は地球を救えるほど素晴らしかったのだろうか。
面白かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カタヤマ

3.5お願いだから邦画の銃撃戦は禁止!

カメさん
2019年7月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

個人評価:3.5
SFサスペンスとしては原作はきっと面白いのだろう。
邦画特有のクオリティなので、よくあるA級キャストを使ったB級映画に仕上がっている。
黒沢清らしかぬ演出である。
銃撃戦や爆破など、最初からちゃんと作れないシーンは脚本からカットすべきだろう。世界観やリアリティはその瞬間に崩壊し、冷めた目線となる。
SF仕立てで、人間同士の交流や、夫婦の再構築をテーマに描いているが、人間描写も希薄で、センスの無い会話劇の為、ただのテーマの無いB級SF映画に仕上がっている。
ただ長谷川博己と宇宙人役の男の子の演技は良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カメ

3.0空気感は悪くないが、意味不明。

2019年7月25日
スマートフォンから投稿

知的

難しい

『散歩する侵略者』

*主演*
長澤まさみ
松田龍平

*感想*
気になったので鑑賞。ん~不気味な映画だったな~

宇宙人の侵略…ね。。

概念を奪ったり、愛について意味を知ったり、よく分からないけど、キャストが演じる「宇宙人」の見た目がノーマルな人間なのが逆に不気味で言動も気持ち悪い。しかし、ホラーとサスペンス要素も含んでて、リングや呪怨のような重くてどんよりとした空気感が良かったけど、全体的にストーリーが意味不明。
あと、キャストが何気に豪華で、個人的に光石研さんが好きです。(笑)

侵略するんならもっと派手なアクションが欲しかったな、、ウィルスとか正直よく分からなかったし、ガイドの役割もイマイチだった。

以上ですw

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ひろっぴ

4.0(*´-`)侵略者の代償

2019年6月30日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

知的

難しい

侵略者の代償は計り知れず。愛の概念を簡単に得たばかりに大好きなものを失った。
そんなに簡単に得られるものでなく、時間がかかるのだよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おにっち弐号

4.5※ロクでもない感想です※

2019年6月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Twitterから映画感想を移行中のでんでん

3.5愛は人類を救えるか…?

syu32さん
2019年6月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

楽しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 5 件)
syu32

3.5よくわからん

2019年6月14日
Androidアプリから投稿

でもそれなりに楽しめた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
タウンマーチ

3.5ミギー???????!!?!

sさん
2019年3月10日
iPhoneアプリから投稿

ミギー???????!!?!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
s

2.5後半がな~

2019年2月25日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

興奮

知的

残念な作品。。としか言えない…途中まで期待できただけに・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mark108hello

1.0タイトルなし

@Pigmonさん
2019年2月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

これまでの宇宙人の侵略モノの概念を覆す設定はそれなりに面白かったが、クライマックスでの宇宙人の総攻撃が〈火の玉〉って何んじゃこりゃ?!
また、人類の調査をしている若者の姿を借りた宇宙人たちが、こんな知能指数の低そうなバカップルでいいのかと思った。
日本のSF映画の限界を見る思いである。
「愛は地球を救う」みたいなところは、いかにも日テレらしいが…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
@Pigmon

4.0侵略者の設定が面白い!

2018年11月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

興奮

知的

ヒトのもつ概念を奪って成長する。という設定がメッチャ面白いし、とても舞台演劇っぽい。

概念をひとつずつ獲得していく様をみて、ヒトがヒトである本質が見えてくるし、概念を奪われた側のおかしな行動をみて、ヒトがとても危ういバランスでヒトたりえているのがわかる。

侵略者の演技演出的も、奇抜でなかなか面白い。印象深い作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
サケビオース

2.0これもあかん

2018年10月14日
iPhoneアプリから投稿

これもおもんない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
@Jankichi@

2.5人間の概念って…⁉️

bunmei21さん
2018年9月30日
iPhoneアプリから投稿

宇宙人が人間になりすまして地球侵略のために、人類の概念を奪っていく。やがて、宇宙人の侵略が始まる…と聞けば、ハリウッドならCGを駆使した大作SF映画になるのかも…。

本作品は、元が舞台劇だったそうで、淡々とした宇宙人の会話で地球侵略の危機を表しているだけに、役者さんの力量が試される作品なのかも。

その点では、長澤まさみや松田龍平、長谷川博己等の一流の俳優さんを配し、なかなか良い味を出していると思いました。

但し、やっぱり舞台設定やストーリー展開は雑さが目立ち、今ひとつ入り込めなかった。
最後は何を訴えたかったのかな…❓

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
bunmei21

2.0響かなかった

ちかしさん
2018年9月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

なんかもっと薄気味悪いJホラー調の作品を想像していたので、個人的には残念な結果に終わりました。
なんだか生ぬるい時間が延々と続く。キャラクターたちの心理もいまいち飲み込めない。
あと乗り移っても肉体は人間なんでしょ?女子高生がなんでそんなに強いわけ?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちかし

2.5まあ

2018年9月5日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
せきはんたくべ
「散歩する侵略者」の作品トップへ