劇場公開日 2017年9月23日

  • 予告編を見る

ナミヤ雑貨店の奇蹟のレビュー・感想・評価

3.2267
15%
41%
30%
8%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全267件中、1~20件目を表示

3.0製作委員会方式の弊害なのか

2017年9月17日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

東野圭吾原作、ジャニタレ主演に豪華共演陣、監督は売れっ子の廣木隆一と、お金も手間ひまもかかった映画なのに、つらい観賞体験だった。

冒頭で夜中の商店街(街灯は点灯)を逃走する不良3人。職質を気にしているくせに懐中電灯つけて無駄に目立つ。これは頭の悪そうな話だと早々にげんなり。林遣都が火事の孤児院に飛び込んで、2階テラスで救出対象の子を発見。燃えさかる屋内に戻っていくのだが、幼児を抱いて飛び降りれば軽い骨折程度で済んだのでは?山下達郎に劇中歌を書き下ろしてもらったから2コーラスは流そうという判断なのか、歌手に扮する門脇麦がライブシーンだけでなく、とってつけたようなPV風の映像で踊らされる。冗長。

廣木監督の好きな作品も多いのだが、本作に限っては「俳優が泣いて音楽流せば感動するでしょ」みたいな安っぽい演出が鼻につく。いろいろ大人の事情で、妥協の産物になってしまったのではないか。

コメントする (コメント数 7 件)
共感した! (共感した人 47 件)
高森 郁哉

3.5ナミヤ雑貨店の奇蹟

2020年11月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

どんどん繋がっていく。原作が良い。
「あなたが伝え、私が繋ぐ。」

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ABCD

4.0ほっこり

2020年9月2日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
bluetom2000

4.0なみや

alextmさん
2020年6月29日
iPhoneアプリから投稿

バックトゥーザフューチャーを感じさせるようなあらすじ。時代と人は繋がってるんですね。命を精一杯燃やして生きましょう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
alextm

2.0感情移入出来ない

2020年5月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

難しい

何処かで見たような映画の設定のmix
見ていて、
このシーンはどの時代なのか、わかりずらく、
いい曲?なんだろうけど、好きになれず、
火事のシーンも全然納得できないし、
そのエピソードをありがたくコンサートで披露?
しかも
主演?の3人組には最後まで全く感情移入出来ないまま。
施設を舞台にすれば感動が生まれるのか?

結局、
何処で感動したらいいのかわからないまま、
終わっちゃいましたとさ。

西田敏行を軸に、
ゆっくりとした叙情的な映画に出来たのではないか、
と思うと非常に惜しい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
まーわん

3.0過去と現在を行ったりきたり

cenrivさん
2020年4月26日
iPhoneアプリから投稿

タイムリープものとはちょっと違う時空もの
ひとの運命はちよっとのことで変えられるんだなと思いましま。

エピソードがちょっと多かったかな?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
cenriv

4.0繋がり。

2020年4月23日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

幸せ

悩み相談を受けるナミヤ雑貨店。
山田 虹郎 寛一郎がタイムスリップして32年前のナミヤ雑貨店に潜り込む。そこで悩みを書いてある手紙✉️受けとる。
遊び半分で悩みの返事を書くことに。
色々な人生に関わることになる。
でも皆。繋がっている。現在に。

西田敏行もよかった。
虹郎くんも。山田くんもよかった。
何か。最後はいい終わり方だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しろくろぱんだ

3.0日本での映像化はこれ1本だけとなるでしょう。

2020年4月9日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

泣ける

幸せ

寝られる

原作と比較すると原作の方がいいです。
ただ、更に数年後、リメイク映像化というのは不可能かと。年数経過して2012年が最早古い年代となってしまう時間的要素もそうなのですが、主役の波矢店主役の西田敏行氏を超える演技をする俳優さんはおそらくいないだろうというのがまず一つ。
で、もう一つあってそれは物語のキーとなる楽曲「再生」がこの映画の世界観にハマり過ぎてる事。仮に、リメイクをするとして、これ以上の楽曲が用意できるか甚だ疑問であるという事。

映画の評価を低くしているのは、劇中で歌っている門◯麦があまりにもいただけないから。
どーもこの女優さんは別にかわいくないとは思わないんだけど、何というか…可愛げがないという方がしっくり来るだろうか。見てて不快にはなってもいい意味で心揺さぶられる事はないんですよね。主演の山田涼介は悪くはなかったと思います。ジャニタレがあーだこーだっていうのもワタクシにはない。

友人知人に勧めるかとなるとビミョーかな…。「全然おもんないぞ」と言う事はないですが。でも、本好きの人になら原作本は勧めます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
星水松 愛菜

ノスタルジックで暖かいそして深い

Harukaさん
2020年4月9日
スマートフォンから投稿

泣ける

興奮

知的

私が、この映画で一番共感できたことは、悩みを聞くことの難しさと、人に対する言動や行動の大切さです。人から悩みを打ち明けてもらうと、頼りにされていると思って嬉しい反面、自分の器で、その人の人生を幸せにできないという不甲斐なさもあります。そういった、人の悩みに向き合うことの難しさを、様々な時代背景や、人生を通して伝わったと思います。この映画は、人間関係に悩んでいる人や、過去の言動に罪悪感を感じている人に見てほしいです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Haruka

3.5BSテレ東版鑑賞。うーん、どのエピソードもイマイチ刺さらず。 若者...

2020年3月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

BSテレ東版鑑賞。うーん、どのエピソードもイマイチ刺さらず。
若者3人、ただの犯罪者。魚屋ミュージシャン、
「結果、負け戦なら負け戦でいい。自分の足跡ってものを残して来い」
ちょっとグッと来たのに歌も運命も悲惨すぎる。
引き継いだセリ、この歌が良かったら、もう少し感動できたのだが…。
雑貨店主人の思い人は元恋人、奥さんが哀れ。
時代を超えた設定はいかにも小説的。これは原作の方に触れるべきかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
はむひろみ

2.0なんだかごちゃごちゃしてるなあ。 おそらく見せ場であろう大人セリの...

2020年3月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
あかね☪︎ *.

4.5ハートフルピース

2020年3月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

泣ける

興奮

幸せ

私もナミヤ雑貨店に相談したいー!
日本各地にこんな場所があったら、どんなに素敵なんだろう…。
今はネット相談でも親身になってくれる人はいますが、どんな人かも分からない他人…。
困った時、身近に親身になってくれる人がいたらどんなに救われるか。
ナミヤさんのような存在が、負けそうになった時に最後の支えになってくれるな…と。

東野圭吾作品なので、ただハートフルなだけでは終わらない。
ひとつひとつのエピソードがパズルのようにどんどん組み合わさって、ひとつの大きなストーリーになるのが見事でした!

評価が悪い人の感想も分かる…!私もそこは引っかかった!(だから、泣けなかったのかも…)
でも、引っかかる点はあったけど好きだな…と思いました。
人が嫌いになった時、落ち込んだ時、何度も観たくなる映画でした。

ナミヤさんのお悩み相談の回答も素敵で必見です。

<金ロー>

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
りりまる

5.0時空を超えた人と人とのつながり。

ガーコさん
2020年2月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

笑える

幸せ

やっぱり東野圭吾さんの作品は素晴らしい!

人の心に突き刺さる、メッセージがたくさん詰まっているから、観終わった後の満足感が全身を包み込む。

これは、雑貨店のポストに手紙を入れると、雑貨店の店主が手紙の返事をくれるストーリー。

人は悩み苦しむものだけど、その悩みを人に相談することってなかなか難しい。
ナミヤ雑貨店のような素敵なシステムがあれば、きっと数多くの人が自分の悩みの答えを見つけられたはず。

このナミヤ雑貨店では、簡単な悩みから難しい悩みまで、いろんな悩みを店主が丁寧に回答してくれるから素敵です。

また、このストーリーの面白いところは、単純な手紙のやり取りだけではないところ。
1980年代の店主が生きていた時代と、現代の2012年がリンクして、過去と未来で手紙のやり取りが実現するという不思議な力が⁈

SF要素を取り入れているにも関わらず、時空を超えた不思議なやりとりはなぜか違和感なくしっくりと自分の心に響きます。

また、悩み相談の人たちが、それぞれの人生の中で互いに繋がっているから面白い。

その時の何気ない行動が、未来を大きく変える力を見出していたというから、素晴らしい!

そう考えると、今生きている自分の行動や選択一つ一つが、沢山の人の運命を決めている可能性があるのかもしれない…!
ゾゾゾってなると同時に、一つ一つの行動や選択に責任を持たなければと実感させられました。

雑貨店の奇跡の数々にたくさん涙した感動作品!
この奇跡的なストーリーが手掛けられるのは、やっぱり東野圭吾さんだからこそ!

素敵な映画に感激でした!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ガーコ

3.02020/2/10鑑賞

虹孔雀さん
2020年2月10日
Androidアプリから投稿

人と人の繋がりはそんなに薄くないし、お互い生かしあっている存在なんだってことに気づけた主人公に共感したかもしれない。
とても不思議で温かいストーリーでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
虹孔雀

3.0「ナヤミ雑貨店1枚」と言ってしまったのは俺だけではないハズ・・・しかも“ざっきてん”と言ってしまった気がする。

kossyさん
2020年2月5日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 高度成長期から1980年まで、ある町の商店街にあるナミヤ雑貨店の店主・浪矢(西田敏行)は手紙を介して人々の相談に乗っていました。2012年のある夜、強盗を働いた幼なじみの敦也(山田涼介)、翔太(村上虹郎)、幸平(寛一郎)の3人はナミヤ雑貨店という一軒の廃屋に忍び込んで隠れる。すると、シャッターの郵便口から一通の手紙が落ちてきた。それは魚屋ミュージシャンと名乗る男性が、ジョン・レノンの死んだ翌日からミュージシャンとして生活できるかどうか悩んでいるという内容だった。

 古い雑誌から悩み事の返信を牛乳箱に入れると判明し、1980年という過去から来た手紙に対して、最初は興味本位で諦めるようにと返信する3人の青年。しかし、諦めきれない魚屋ミュージシャンこと松岡(林遣都)は店の前でハーモニカを吹く。その曲に聞き覚えのある3人は、同じ児童福祉施設「丸光園」の出身の歌手となったセリ(門脇麦)の歌だと気づくのだった。

 1980年、2012年という時代設定の時間軸が目まぐるしく交差して、3人が共に育った丸光園が絶妙なバランスで絡み合ってくる。2012年から手紙を出すと、1980年に届き、1980年にお悩み相談を投函すれば2012年に届くという仕組みだ。彼ら3人は何度も手紙のやり取りをするものの、2012年の時間は止まっているような雰囲気。時空を超えた不思議な空間で、厳しい生い立ちを経験してきた青年たちは悩み事に真剣に取り組むようになっていくのだ。

 “迷える子犬”からの悩み事は事務職とホステスとのダブルワークで生活しているが、お金のために愛人にならないかと客から口説かれているとのこと。その悩みに対して、事務職でまともな暮らしをして、バブルという時代に備えて経済を勉強し、土地を売り買いして儲けなさいと答える敦也。その答えを真摯に受け止め実行した子犬こと晴美(尾野真千子)。彼女も丸光園出身であり、経営に窮する丸光園を買収しようと計画を立てることになったのだ。

 登場する人物が全て丸光園に絡んでくるファンタジー。そしてその交差する時空の中心にいるのはナミヤ雑貨店なのだ。浪矢は三十三回忌にもう一度だけお悩み相談を再開してくれと、息子(萩原聖人)に遺言する。今までの人生でどれだけ悩み相談が役に立ったのかを投函してくれと頼んだのだ。その三十三回忌が2012年。敦也が試しに白紙のまま投函すると、それに返事が返ってきたのだった。

 2012年の時間経過がよくわからなかったですが、最後に氷解。ロウソクの長さや、ラストの映像、3人の行動で明らかになる。1980年、2012年以外にも他の時代の流れがわかりやすく挿入されているものの、丸光園が火事になった日などがスリリングには描かれてない。青年たちを中心に人の温かみは伝わってくるのだが、ファンタジーとしては面白さを半減させていると思う。山下達郎の「REBORN」がよかっただけに残念。

〈2017年9月映画館にて〉

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
kossy

0.5うーん

2020年2月2日
スマートフォンから投稿

いい話なのにジャニーズ使わなきゃならなかったのかねぇ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あおさまです

5.0久しぶりに泣きました

2020年1月1日
PCから投稿

全然期待せずに見ました。何か話題になっているので見る気になれず無視していたけど、お正月暇なのでアマゾンで見ました。養護施設にボランティアに行っていたのでいろんな気持ちが思い出されてちょっとした悲劇とか悪い道に進むのもその奥にはいろんなものがあるんだなーって。もしかしたら悪い道に進まなかったかも。誰かの優しい声かけがあったら。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
防災レンジャー

4.0間に合った

medyさん
2019年12月13日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

幸せ

もう終わってしまったかと思っていた「ナミヤ雑貨店の奇跡」がまだ上映されていたので観に行って来ました〜。舞台も観に行きましたが何度観ても良い物語ですね。西田敏行さんの演技は最高でした。何だかPOWERをもらった気がしました。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
medy

3.5幸せになって欲しい

ミカさん
2019年11月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

幸せ

例え自分の生い立ちに恵まれなくても、見知らぬ人に対して「幸せになって欲しい」と一生懸命思いやるその気持ちが、凄く愛しく私自身も幸せを貰いました。この作品に登場する人は、皆が人を思いやる人達です。ナミヤ雑貨店のあった80年代はまだ日本は牧歌的で人を思いやる事ができました。今のギスギスした現代でも人を思いやる事ができる、そんな現代人へのメッセージの様に思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
ミカ

4.5【2012年と1980年の時空を超えてナミヤ雑貨店は人々の気持ちを繋ぐ】

NOBUさん
2019年11月20日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

幸せ

 分かってはいるのだが、今作のような設定には弱い。

西田敏行扮する浪矢雄治の人間愛にあふれた姿にどうしても涙する。

 廣木隆一監督の、人間をしっかり描く力量が発揮された(青春ものもお得意であるが)秀作。

 これでもか!という位のベテランから若手俳優達がしっかり脇を支えている。
<1980年パート>
 ・小林薫
 ・吉行和子
 ・荻原聖人
 ・林遣都、鈴木梨央、成海璃子
<2012年パート>
 ・山田涼介、村上虹郎、寛一郎
 ・尾野真千子、門脇麦・・・

<1980年と2012年に生きる様々な悩みを抱えた人々を滔々たる演者たちが演じる時空を超えた群像劇。>

<2017年9月23日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
NOBU
「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の作品トップへ