ユリゴコロのレビュー・感想・評価

メニュー

ユリゴコロ

劇場公開日 2017年9月23日
187件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

殺生と宿命の人脈曼荼羅を映像化した力作。清原果耶をもっと見たかったが

原作小説を未読の人なら、運命的な出会いや宿命の再会がたびたび起きるこの筋を、現実味に乏しいご都合主義のように感じるかもしれない。だが沼田まほかるのファンなら、彼女がかつて僧侶だったことを知っている。リアリティーを追求するドラマではなく、人を殺して生きていくしかなかったある女性と彼女とかかわりのある人々の姿を通じて、殺生とは何か、愛とは何かを考えることを促す説話だと考えるといい。

熊澤尚人監督は残酷な描写に果敢に挑みつつ、映像としての美しさも追求して映画の品格を保っている。吉高由里子は、「蛇にピアス」の主人公に匹敵する強烈なキャラクター・美紗子を体現。美紗子の中学生時代を演じた清原果耶は、いつも明るい役の印象があるが、ずっと暗い表情でも魅力を失わない。出番が少ないのが残念だったが、そろそろ彼女が主役の企画が出てきてもいいのではないか。

AuVis
AuVisさん / 2017年9月21日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 3 件)
  • 共感した! (共感した人 10 件)

前半はサイコパス、、、後半は、、、

原作未読で視聴。

さすがイヤミスと評される原作の映画化。
鑑賞後は、うーむ。と唸ってしまった。

後半になるに従って、愛に目覚める主人公なのだが、シリアルキラーが正当化されてるように感じてしまった。(可哀想と思わせられる)

物語的にもご都合主義というか、んなアホなというような展開も多々あり。

勧善懲悪が好きな方は、観ると胸糞かも?

フィル
フィルさん / 2018年7月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

すごい入り込んでしまう映画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

最初に見て思ったのは撮り方がうまい。
ホラー映画ではないのに、ホラー映画かと思わせてくる撮り方ですごく怖かったです。

リストカットのシーンが生々しくて見てられませんでした。

主人公が夢中になって読んでしまうユリゴコロの日記のように、こちらも夢中になって映画を見てました。

ユリゴコロは、幼少期の美紗子の聞き間違えの
ヨリドコロから来ていたんですね。
初めは完全なサイコパスのようでしたが
子供を産んで、心のよりどころを手に入れて
初めて喜びという感情も生まれたんですね。

殺人犯だということを忘れてしまうくらい、3人で幸せに行きて欲しいと心から願ってしまいました。
美紗子の変わる姿もすごく描かれていて、全てがひしひしと伝わってきました。

生き様が波乱万丈すぎて、初めて日記を読むシーンで
もしかしたらお母さんは美紗子なんじゃないかとか
カフェに来た知らぬ女の人は美紗子なんじゃないかとか
ドブのところで鉄の鉄板を落として殺してしまった時にいたのが、このお父さんなんじゃないかとか
だいたい全てよぎったこともあり、
だいたいよぎった通りになってましたが
どんどん吸い込まれました。

ドブのくだりを忘れていた時に、彼が昔子供を殺したんだ。
手が滑って鉄の鉄板が落ちて殺してしまったと言ったシーン、胸に刺さりました。

全て日記を読んだ後、美紗子に自殺させるために
こうするしかないと手を縛り重りをつけたのに
できなくて二人で泣くシーンでは、その時には
見ているこちらもすごく感情が入り涙が出ました。

松坂桃李さんの演技力がすごくて驚きます。
顔で感情が全て出てました。

人を殺してしまうという流れは分かってましたが出てくる人たちの使い方が予想と違くて、若い頃と今ので使い分けていたんですね。

この後、松坂桃李さんは、どんな思いで生きて行くのでしょうか。

良い映画という言い方は変に当たる映画ですが
見てよかったです。かなり引き込まれました。
演技派の方が出ていたのですごく見入ってしまいました。
手に汗握る作品でした。
美紗子は、お父さんも息子も本当に愛していたんですね。

血は関係ない。その通りです。

さきち
さきちさん / 2018年6月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

それぞれの演技が光る映画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

原作未読で、予告編で気になってやっと見ました!

前半は殺人シーンやリストカットシーンが多く、見るのも苦しい部分がありましたが、洋介(松山ケンイチ)と出会ってからだんだん変わっていく私(吉高由里子)を見ていて温かい気持ちになりました。
過去の罪は許せるものではありませんが、どうか親子三人幸せになってほしいと思ってしまいました。

ストーリー的に、現実離れした部分(偶然息子の婚約者が元職場の同僚で更に偶然息子に伝言を頼む、女性一人でヤクザを倒すetc…)もありましたが、ラストはなんとなくハッピーエンドで満足いく内容でした。

闇を抱える美紗子(吉高由里子)、過去を引きづりながらも優しさが溢れる洋介(松山ケンイチ)、爽やかで優しい男性から徐々に狂っていく亮介(松坂桃李)もそれぞれの役がぴったりで、改めてステキな役者さんだと感じました。

cheese824
cheese824さん / 2018年6月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

終盤までは良い

目を覆いたくなるような場面が幾つか出てくる本作ですがストーリーは目を離せない展開が続きます。やはり吉高由里子の危うい魅力と存在感は群を抜いており主人公だから酷い目に合わないだろうという安心感のようなものを観ている側から奪っていきます。しかし名作と言えるのは松山ケンイチが過去の苦悩を告白するまででそれ以降は無茶苦茶な展開で興ざめです。

IronApple
IronAppleさん / 2018年6月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なんか違う。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画化されると知ったときに
そういえば原作を買ったなーと思い出して
まずは原作を読んでみた。
気持ちわるーい空気感の小説なのに
どうしても一気読みしたくなった。
気持ち悪くて寝れないから。

で、結局映画は観に行かず
今ごろ自宅でDVD鑑賞。

最初から何か違う。
亮介の松坂桃李が違う気がする。
車の運転とか、そんな気性の荒い感じ?
殺人鬼の子供は気性が荒い設定?

穏やかで普通の家族だからこそ
子供たちに隠してきた秘密が
壮大な愛だったってところがミソじゃないのか

木村多江も何か違う。
普通のおばちゃんであって欲しかった。
妙に吉高由里子に似せようとしてて気持ち悪い。

ただ、松ケンの演技は素晴らしかったなー

それだけなので
いまいち。

シゲオ
シゲオさん / 2018年5月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

親子の愛 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ラストの亮介のセリフの俺にも人殺しは出来る、だってあんたの血が流れているから
それに応え、自分自身を殺させることで自分と同じ殺人衝動を持った、自分の子であることを証明させようとするようなシーン

中盤以降はあらすじから想像していたような作品ではなかったのですがこれが逆に作品としての良さを感じさせてくれました
何もなく中盤までの勢いでラストまでいってしまえばただただ陰鬱な作品だったと思うのですが、終盤には人としてズレて生まれきてしまった美紗子が特異な部分を持ちながらもたしかに人として生きられた、そういったことを感じさせるようになっていて、個人的にはとても良いラストだったと思いました。

ただグロテスクなシーンが多かったので苦手な人は要注意だと思います笑
しかし、それ以上に絵として綺麗な場面もたくさんありそういった楽しみ方も出来る作品だと感じました。

あ
さん / 2018年5月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

言葉を発するには・・ユリゴコロが必要なんです ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「ユリゴコロ」(熊澤尚人監督)から。
なかなか難しい作品だった。(汗)
「ユリゴコロ」は「ヨリドコロ(拠り所)」の聞き間違い、
そう作品の冒頭で、説明しているのが可笑しかった。
子どもの言葉の発育に不安になった親は、病院へ連れていく。
そして、医者はこう伝える。
「言葉を発するには心が安全な場所で生きているというような
何らかのユリゴコロが必要なんです」と。
心の拠り所が「ある・ない」は、人間の成長にとって、
大きな影響を与えることに気付いた。
ところが、気になって仕方ないのが、いつものように
ワンシーンの小道具として用いられる掛け軸に書かれた文字。
きっと監督を始め、スタッフが作品の意図を組んで選んだ、と
勝手に決めつけているのだが・・。
今回は「雲蒸龍変」(うんじょうりょうへん)
英雄や豪傑などのすぐれた人物が、時運に乗じて出現し活躍すること。
雲がわき起こり竜りゅうが勢いを増して、変幻自在に活動する意から。
▽天に昇る竜は雲を呼び起こし、その勢いをさらに増すという。
「雲蒸」は雲がわき起こること。「竜」は「りゅう」とも読む。
これが、作品にどうかかわっているのだろうか、う~ん。

shimo
shimoさん / 2018年5月19日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

辛かった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

吉高さんの演技はドラマだと明るい感じがイメージだたけどこいう感じも合ってる怖い世界に引き込まれていく生まれつきこういう人いるんだろうな真実味があってますます怖い
桃李くんが時折見せる抑えきれない感情の怖さもうまい
そんな人も自分を愛してくれる人には生まれ変わっていけるのに運命のいたずらが切ない
最後の方は少し展開が読めたかな

ダムのとこの緊迫感には震えた

ta-toru
ta-toruさん / 2018年5月9日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ユリゴコロ

蛇にピアスの吉高由里子よりさらに大人っぽく深みのある演技になったと思わされた作品。

人を殺すことにしか自分の拠り所がないゆりこ。
しかし後半はうって変わり自分の家庭を大切にする明るいゆりこを見ることができます。
この役の切り替えはすごいなあと思って見てました。
また、松山ケンイチ、松坂桃李の演技もすごくよかった。

「あなたの優しさには容赦がありませんでした。」
このセリフはすごくお気に入りです。

まぁストーリー的には出来すぎかなって言うところもありますが、まぁ肝となる、自分の1番憎らしく、また1番愛しい人に対しての愛情……
ここの描き方はすごーくよかったです。

あと主題歌の「ミチシルベ」
この曲はめちゃめちゃ良くて映画館で聴いてからすごく大好きになりました。

一人で見てよかったなあっていう映画。

ま ど か
ま ど かさん / 2018年5月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

繋がり過ぎてない?

生き別れ後の繋がりは出来過ぎていてありきたりな感じになっていたが、個人的には物語の中の主人公に関心が向いた。発達障害なのか、精神障害なのか、先天的なものなのか、後天的なものなのか。どうして彼女がそうなってしまったのか、背景が知りたい。

いつこ
いつこさん / 2018年5月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

中盤まで良かった!!

他の邦画にはないダークな内容と、昔の2時間サスペンス風の映像がマッチしていました。終盤は予定調和なまとめ方になってしまって残念です。先回りで無双はどうかと思うので、有名な「今まで殺して井戸に捨てていた遺体は母が片付けてくれいていた」の方がまだ良いと思います。リストカットは何度観てもキツイです。ユリゴコロと言うタイトルは、吉高由里子だからという事以上のものは感じませんでした。

アンジェロ
アンジェロさん / 2018年5月3日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 怖い 単純
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

リストカットシーンが苦手だと知った。 面白かったです。

リストカットシーンが苦手だと知った。

面白かったです。

Mi-ku
Mi-kuさん / 2018年4月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

松ケンがかっこいい

小説とチラホラ違うところがある。読んでいてもゾッとするシーンが多々あったが、実写化すると尚更。松ケンがとてもかっこよかった。

gi
giさん / 2018年4月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

なんとも

最初は百合モノと思ったが違う。
サイコものと思ったが、また違う。
最後に純愛モノになったようだった。

さーばる18
さーばる18さん / 2018年4月16日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

殺人鬼

殺人鬼の心、姿、背景、育ち、
感服に描写している。

俳優人が素晴らしい。

吉高由里子、松坂桃李、etc
感激というより衝撃を受けた。

心にイチローのレーザービームを投げられたような衝撃だ。

「心がなくなる。」

実にリアル、そして、正確に殺人をおこなっている。

戎生太郎
戎生太郎さん / 2018年4月14日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

いい内容で、役者もよかった

飲食店を経営している亮介。少し、自分でも乱暴なところがあることを不思議に思っていました。
そんな時、「ユリゴコロ」というノートを見つけました。そのノートには、美紗子の一生が書いてありました。
幼い頃から人の死についてしか興味がなく何人も殺してきたりしたことが書いてあった。
そんな美紗子が洋介という男性に会い、幸せを感じることができた。しかし、洋介が美紗子の過去を知って、2人は別々の道を進んでいくことになった。
しかし、美紗子は愛した男性と子供のために自分を偽り、子供を助けるという内容だった。
幼い時に、「死」に興味があることは、個人的には、特におかしくないと思います。
「死」の反対「愛」についての感情を抱いてしまうとそっちのほうがいいんだなといつもこのテーマを目にするたびに思います。
愛はやっぱりすごいんだなと思います。
話の内容も、どんどん引き込まれてしまって時間がすぐに過ぎてしまった。
吉高由里子さんの演技がすごいと思いました。あんな無感情から明るい所まで演じるのはすごいと思いました。
松坂桃李さんもすごかったです。急に怒りのスイッチが入るところの切り替えがすごいと思いました。

やっすー
やっすーさん / 2018年4月11日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

どうやって殺した? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

役者はうまい。大切な人ができ変わっていく姿も悪くはない。
ただ、木村多江はどうやってあの屈強なヤクザたちを殺せたんだ?さすがに一人では無理だろ…
あとリストカットのシーン多すぎ。
婚約者のちえさんが失踪する背景も今時じゃない(旦那がヤクザで…というイマイチな筋)

asm0601
asm0601さん / 2018年4月5日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作には負けるが

面白かった

ほんとに容赦のない愛だ

れこほた
れこほたさん / 2018年4月3日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

気分のいい映画ではない

原作があるらしいですが、
原作未読です。

描写として暴力的というか、
破滅的といったほうがいいのか。
所謂日常的でない描写が多く、
見ていて気持ち悪くなる人もいるかもしれません。

ある意味で成功していると思います。

リアルさよりも、
印象最優先な感じですが、
ほんわかした映画に食傷気味なら、
見てみるのもいいかもしれません。

三日月キリン
三日月キリンさん / 2018年3月18日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

187件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi