「みんなのレビュー間違いではないですか」不能犯 アサシンさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「不能犯」 > レビュー > アサシンさんのレビュー
メニュー

不能犯

劇場公開日 2018年2月1日
全169件中、12件目を表示
  •  
映画レビューを書く

みんなのレビュー間違いではないですか

いやいや、松坂桃李は良い役者になりましたね。
これはね、かれが人殺しだとみんな思うから、そんなお門違いのレビューになるわけですよ。
彼は、そもそも人間では無いのですよ。
だから、人間は愚かだとゆう訳ですよ。
神か悪魔か天使か、多分、死神とゆうところでしょうか。
彼は殺してませんよ。
人の心の中にある邪悪なものを引き出しているだけです。
死神はメタファーであり目印になるものなので、デスノートみたいに色々出てきたり、戦う事もないのです。
この役がつとまるのは彼くらいかもしれない。
死をニヒルに他人ごとのように扱う口調と態度は、松坂桃李の口の微妙なサインがよりこの作品を深くさせている。

アサシン
さん / 2018年10月8日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報