サクラダリセット 前篇のレビュー・感想・評価 (2)

サクラダリセット 前篇

劇場公開日 2017年3月25日
45件中、21~40件目を表示 映画レビューを書く

不思議な映画

能力の部分、突っ込んでたらきりがないけども、メガネの子の力はちょっと強すぎる気がする。そんな強いんであれば、と思うよね。後篇は、もうぐちゃぐちゃになることを期待。

khapphom
khapphomさん / 2017年4月9日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白い!

野村周平と黒島結菜だからね、面白くないはずがないんだけど、期待をちょっと上回ってきた。原作と脚本が良いんだと思う。演出もいいのかな。

能力者の話だから「能力を組み合わせてどう戦うか?」って話になんだけど、そこが凄い。「あ!」と思うよ。

終わりの方は「後篇へ続く」の布石を打ってくんだけど、そこはちょっとダレたかな。でも、まあいいの。

平祐奈もやっぱり表情の演技がうまかった。話し始めたら「え?」と思ったけど、あれは役柄なのか。

Scott
Scottさん / 2017年4月8日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白かった!

ストーリーと言うか設定?が面白かった。
映画の2時間程度にしては色々な事件を詰め込みすぎて、見終わったあとに疲れました。

また、高校生の話なので若手俳優の演技力が……上手い人もいたけれど内容の面白さで覆い隠してる感が否めませんでした。

一緒に観た友人との最終感想は野村周平に前編・後編の映画の主演は早かったかも?でした。でも、最初に言ったように面白かったです。

よく観る巫女
よく観る巫女さん / 2017年4月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

後編観てから

全体のストーリーは面白い。

前編なので終わらせ方は難しいけど、なかなか良いラストだった。
これが後編に効いてれば完璧。

設定を理解するのが難しいから意味不明なところも多々ある。

ライトオ
ライトオさん / 2017年4月5日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

めっちゃくちゃ良い

前篇を観た後、すぐに「はやく後篇を観たい」と思いました。言葉では、表せないくらい、良い💕

Erika
Erikaさん / 2017年4月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

すごく面白い!ただし予備知識必要かも

 知的な戦いがとても面白かったです。何でもありの能力ではなく、使い方が限られているなかでどう使うか。後編への期待十分です。限られた時間のなかで、岡絵里と村瀬の登場の仕方もうまく考えたなあと思いました。
 観客があまりいないと聞きましたが、私が行ったところは満席に近い状態でした。が、興味の無い人までが知っているような有名出演者が少ないので観客が入りにくいところもあるかと思います。
 とっても面白く見ごたえ十分でしたが、この世界観に慣れていないと理解しにくいシーンがあるかも。
 予備知識として、原作1~2巻を読んでおくほうがいいと思います!

haru
haruさん / 2017年4月4日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

青春ファンタジーの快作

超能力を扱った青春ファンタジー。一人一人持っている能力が違うところが個性を際立たせるという意味では、超能力と青春ストーリーって究極的に相性が良い。伏線の回収具合が素晴らしい。
少々説明不足感があるもののスピーディかつメリハリのある展開で、二部作の前編としては最高の構成で、後編に向けて期待大。超能力の演出部分は、ハリウッドほど予算を掛けられない中で抑え目な演出にした点は好印象だが、あと一歩。

若手俳優が多く演技は今ひとつだなぁと思ったが、それでも満足度は高かった。監督を見て納得。深川栄洋監督でしたか。白夜行とか半月とか、深川作品好きなんだよなぁ。

青春ストーリーの色合いが強かった前編。後編がどんなテイストになるのか、期待と不安が半々である。

あいわた
あいわたさん / 2017年4月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

おしい!

特殊能力好きの私は楽しめた。リセットをはじめとした色々な能力を上手く使ったミステリー要素が面白い。アクションはない。ただ俳優さんが無名の若手ばかりで演技がビミョー。

mz
mzさん / 2017年4月1日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

見れば見るほど面白い。

今日二回目を見に行きました。
いやーはまるはまる。特に能力の設定がこっていて、ある条件下でしか使えないとかの制約があるなかで、ここのちからをあわせてどうやって相馬を蘇らせるか、魔女をたすけるかが、とても頭を使って面白かった。後編も見に行きます❗

ヨッシー
ヨッシーさん / 2017年3月31日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

不思議で不気味な世界観。能力を持つ者達の葛藤と戦い。

【賛否両論チェック】
賛:能力が故に心に傷を負いながらも、一連の事件を通して運命を変えようと奮闘する主人公達の姿が、切なくも心に残る。
否:登場人物達のどこか子供じみた言動や、小説チックなセリフの言い回しには、結構違和感を覚えそう。

 「泣いている人がいたら、その悲しみを消し去れるように。」
と、自分達の能力で世界を巻き戻していたケイと春埼。そんな春埼の能力を奪う者が現れたことから、物語は予想出来ない局面へと突き進んでいきます。
 どこか子供じみた言動の登場人物達や、小説の世界観を投影したかのようなセリフの言い回しは、やや現実離れしていて好き嫌いは分かれそうですが、それぞれが心に傷を負った者達がぶつかり合い、時勢を変えるべく奔走する姿には、共感出来るものがあります。
 物語は勿論後篇へと続いていきますが、本作だけでも充分その世界観を堪能出来ますので、ミステリー好きな方は是非。

映画コーディネーター・門倉カド
映画コーディネーター・門倉カドさん / 2017年3月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「ケイ」不在のサクラダ

 原作小説のファンで封切直後に見に行きました
 主人公の性格の違いが映画そのものの雰囲気を小説と一変させてしまっていました

 私のイメージの中では小説のケイはいつも微笑んでいます。誰にも心配かけないように。みんなが不安がらないように。そして、自分の内面にだれも踏み込んでこないように。だから追いつめられたケイはちょっと困った顔で微笑んで「大丈夫だよ」っていうのです
 それを狙ったのかもしれませんが映画の主人公は笑いません。いつも苦しんだ表情で無口。雰囲気からは他人に対する気づかいは感じられず、まるで軍人のよう。「サクラダ(祝福された)町」がまるで監獄のように感じられました
 他の配役はまさにイメージ通りでした。

MAMo
MAMoさん / 2017年3月30日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

淡々と進むストーリーが案外面白かった。

まずこの物語の設定である咲良田(サクラダ)町にて特集能力を持つ人間が沢山公認で住んでいる事に「設定ありえへん」と思ってしまった人にはつまらなく感じるだろう。

時間を最大3日前まで巻き戻す事が出来る春埼美空と、何回巻き戻されても記憶が唯一リセットされない浅井ケイ。
このコンビ能力で無いと、この映画は成り立たない映画。

些細な事ですが、ケイの指示でないと掛けれない「リセット」と「セーブ」の使い分けが私的には良かった。(意味わかるには演出観なきゃ)

尚、この前編にてサイドストーリー的な一つの物語は完結をするので、案外楽しめました。ストーリーの伏線は能力で回収しましたし。

淡々としたストーリーは観ている側に「この能力担当で、この能力使わせて」等謎解きさせる時間も与えてくれましたしね。
ただし、分かりにくかったのは第1魔女の解放方法と、第2の魔女の生き返らせ方。(どちらも玉城ティナの能力による。)

お金かかってないのに、ここまで内容が良いのは小説の勝利か?評価高めで星4で。
後編も映画館に行って観ようと思いました。
若い俳優陣にも後編期待します。
期待しない割には面白かった。じわじわ来ます。

巫女雷男
巫女雷男さん / 2017年3月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

能力活用術

原作未読、予備知識なしで鑑賞。
バンフにどこまで書かれているかわからないけれど、人物と能力の設定の知識は予め持ってみるべきかも。

能力の概要は説明してくれるけれど詳細はわからず、「多分こういうことなんだろうなあ…」で話が進んで行く部分が多く、置いてきぼりになり気味だし、こういう設定だから都合が良いのは仕方ないとしても辻褄が合っていない様に感じた。(鑑賞後にWikiで能力を読んで一応納得は出来た)

アクションではない為、こういう超能力ものにしては穏やかに話しが進み、柔らかめだけど若干陰を感じる空気感でテンポはゆったり。

一応今作でも話は通っており、能力やそれを上手く使って出来ることを楽しめるが、伏線や背景、じゃあそれは何で?の部分は投げっぱなしで、さあここからスタートという終わり方。

Bacchus
Bacchusさん / 2017年3月29日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

往年の星新一の世界を垣間見たような映画 音楽が良かった ストーリー...

往年の星新一の世界を垣間見たような映画
音楽が良かった
ストーリーもなかなか
私が作ったら、役者はそのままに、設定を高校でなく大学生にしただろう
後編がとても楽しみ

アップル
アップルさん / 2017年3月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

春埼美空のキャラが切ない

原作は未読で予備知識も無いまま鑑賞。
学園物で超能力物というので、もっと派手な感じを想像してたけど、役者の演技、特に主人公の二人は終始シリアス顔なので意外にも重くて暗い雰囲気の映画だった。
住人の半数が超能力持つ咲良田市という設定もすんなり受け入れられるかが心配だったけど、市街に出ると能力の事について忘れるという設定で割と受け入れるのは困難ではなかった。
この話の肝は超能力戦とかじゃなくて、浅井ケイと春埼美空と相馬の三角関係でしょう。相馬を生き返らせようとする浅井に黙って従い、最後にリセットを指示された時の彼女の切なさを思うと泣きそうになった。
でも浅井の考えた相馬が生き返る理屈がイマイチ理解出来なかった。村瀬の能力をよく理解出来ていないのが理由だと思う。
前編ではちょっと我が儘な女の子という印象の相馬が後編では本当の姿を見せるようです。相馬が立てた計画とは?後編、観に行きます^^

あと玉城ティナの使い方がちょっと勿体ないなと思った^^

月野沙漠
月野沙漠さん / 2017年3月28日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 泣ける 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

まあまあでした。

超能力集団の話。そんなに好きと言うわけでもないけど嫌いでもない。だから観ました。(2年前のストレイヤーズ・クロニクルも観たけど。そいえばこれにも黒島結菜さん出ていたんですね。)

まあまあおもしろかったです。俳優もよかったと思います。

他の映画のレビューで、「エンドロールが終わるまで席を立たないで。」というのがあったのでこの映画でもずっと見てたら・・・。最近多いですね。楽しいけど。

「at Home」を観てから黒島結菜さんのファンだけど、全然変わらないっていうかかえって若くみえました。最近、高校生役をやる女優さん多いけど・・・。黒島さんはよかった。

51
51さん / 2017年3月27日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

面白かったよ!

難しいと聞いていましたが、楽しめました。
気軽に見ても、面白いと思います。

それぞれが何かを背負っている演技よかったです。
後編観たくなりました。

ハル
ハルさん / 2017年3月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

個人的には面白かった

内容的には良かったが、スクリーンが真っ白になるときが多々あって漫画は読んだことないから分からないけど、もう少し工夫できたんじゃないかなと思った。
そこまで批評する気はないが全てを引っくるめてとてもではないけど面白かった。
主題歌も良かった

田中嵐
田中嵐さん / 2017年3月26日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純 知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

特殊能力のひとつひとつが伏線になっていてお見事です

ライトノベルにありがちな"特殊能力者"+"タイムリープ"。特殊能力者が出てくると"X-Men"パターンになりやすく、映像も派手なVFXに囚われる傾向にあるし、"タイムリープ"は言わずもがな。プロットをひっくり返す、便利な飛び道具に使われるだけ。どうせあるある話かと思いきや、これはタイプの違う、眉村卓っぽい青春ミステリー。

春埼美空の"リセット"と、浅井ケイの"記憶保持"。男女2人の能力が揃って初めて、過去の出来事を変えることができるという設定が見事だ。

特殊能力のひとつひとつが伏線となっていて、よく練られている。能力者の数だけ伏線がぎっしり詰まっていて、その組み合わせがこの作品のキモになっている。2部作とはいえ、映画という短い尺の中で、ひとりひとりの能力を説明しながら、ストーリーを進行しなければいけないのは厳しいはずだ。

詰まりすぎているので一瞬、"アレっ?"と置いてきぼりにされないように観なければいけないのだが、観終わってから、反芻してみると結構な満足感である、全7巻の小説はもっと充実しているのかもしれないが、映画としてはよくまとめられている。前篇でひとつの事案が解決するので、プロローグとして完結しているのがいい。

主演の野村周平以外は、けっしてメジャーではないキャスティングで、ヒロインの黒島結菜(ゆいな)のフツーっぽさが逆に新鮮でいい。日本映画は良くも悪くも東宝のトレンドに毒され過ぎているからね。

監督・脚本の深川栄洋が、この手の作品を撮るのは意外な感じがする。「先生と迷い猫」(2015)、「トワイライト ささらさや」(2014)、「神様のカルテ」(2011/2014)と・・・ヒューマンドラマが多いので、後篇に心情描写をキープしているのか。ヒロインの春埼美空と、主人公の浅井ケイのビミョーな関係の進展に期待したい。

(2017/3/25/ ユナイテッドシネマ豊洲 / ビスタ)

Naguy
Naguyさん / 2017年3月26日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

誰かの悲しみを消すためにリセット

超能力を持った人が集まる町サクラダ。その訳はよく分からない感じですが、その能力をめぐる善悪の戦いが後篇に続くという展開でした。
前篇のキーマンの魔女が代替わりする後篇に期待してます。

タイガー力石
タイガー力石さん / 2017年3月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

45件中、21~40件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報