沈黙 サイレンスのレビュー・感想・評価

沈黙 サイレンス

劇場公開日 2017年1月21日
358件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

日本人社会の本質をあぶり出すスコセッシ監督の手腕

序盤、アンドリュー・ガーフィールドの「キチジロー!」とたどたどしく呼ぶ台詞が、シリアスな状況にもかかわらず微笑ましい。とまあ、そんな些細なことはさておき。

もちろん宗教と信仰が大きなテーマとしてあるわけだが、過去から現在まで不気味なまでに変わらない日本人特有の社会、支配と服従の構造と手法、個人が集団に属したときの暴力性と残虐性といったものが、外国人監督の客観性によって的確に――的確すぎて日本人観客には痛いほどに――描き出されている。その意味で、クリント・イーストウッド監督の「硫黄島からの手紙」に通じる作品でもある。

日本人キャストも、とてもいい。イッセー尾形の役作り、窪塚洋介のしたたかな弱者っぷり、塚本晋也の凄絶な死にざま。彼らの熱演の前にややかすみがちだが、浅野忠信のつかみどころのなさ、厳しさと親しさを自在に使い分けて宣教師に棄教を迫る複雑なキャラクターも、確実に効いている。

AuVis
AuVisさん / 2017年1月19日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い 知的
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 22 件)

『形だけでいいから...。』というところにこそ潜む本質 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

宗教的バックグラウンドがないだけに、
余計にキリスト教文学の深さに驚かされ、キリスト教と日本の仏教観についてより深く知りたくなる作品でした。
何度か出てくる、
非常に日本的な『形だけ...』というのが非常に印象的で、
日本の隠れキリシタンを題材にしてキリスト教を描く本質的な深みがここにあるのではないかと感じます。
最後にロドリゴが火葬されるシーンでキリストの像を握りしめているカットが入っていることからも分かるように、
(しかも恐らくは死後に妻が本人の意思を察して?そのように握らせて火葬されたのかもしれないと思えば、)
単に批判的な観点ではなく、
日本的な共同体の中では自我を抑えて『形だけ』でもその場を成立させなければならない文化、民族性があり、
たとえ、そのような背景においても個人の信条というものは奪えないものであるということについても考えさせられました。
フェレイラもロドリゴもキチジローも全員転んでいますが、
置かれた環境と状況に合わせてその信仰の形を進化させただけであって本質的な棄教はしておらず、
その心の中では各自の宗教観が生き続けているように見えました。
かつての自分の師がこれまでの教えを全否定するという、
それまでに生きてきた人生や自分自身の誇りや生きる糧を一瞬ですべて否定されるような強烈な場面は釘付けになります。
原作も読みましたが、
自分自身の信念を曲げることが出来ずに殉教する(それまでの価値観にこだわる)ことが、
はたして本当に正しいといえるのか?
という問いかけは普遍的で、
キチジローの惨めに苦悩する姿や、転んだ宣教師たちの姿を軽蔑するマッチョな世界に対する違和感を気づかせてくれます。
そして同時に、
カトリック思想が強く、神学校で学んだこともあるというスコセッシ監督が28年かけて完成させたというカタルシスに思いを馳せると感慨深いものがあります。

bladerunner995
bladerunner995さん / 2018年11月27日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 知的 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

全体としては、よい作品

さすがに読み返すことはしていないが「沈黙」は二回くらい読んでいる。こんなだったかな?とてつもない凄みのある小説、という印象は残っている。
えっと、主題は「神の沈黙」で、そこはなんらぶれていないと思う。おそらく原作に対するリスペクトがあるためだろう。とくに監督色があるわけでもない。
モキチがこの映画のひとつのピークかな。殉教の残酷さと美しさが一番わかりやすく出ている場面。主人公がはじめて踏み絵するシーンも力を込めているのが伝わってくる。とても印象的である。
まあ、意見はいろいろありそうだけど、キチジローはミスキャストか?声質が軽いのと、汚くなりきれないルックスはマイナス。(俳優としてダメとかじゃなく、単にミスマッチという)
全体としては、よい作品と言えるのではないでしょうか。

okaoka0820
okaoka0820さん / 2018年11月26日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

信仰の本質を炙り出す良作

前半一時間がとにかく見ていて辛すぎた。
信仰心を絶やさない為、周りの犠牲を見ながらも何も出来ないという無力さ。
そのいたたまれなさと言ったら想像を絶するだろう。

日本人キャストとハリウッドキャストのアンサンブルも見事だった。

ジョイ☮ JOY86式。
ジョイ☮ JOY86式。さん / 2018年11月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

信じていたのに救われないだなんて。

神の存在とは一体なんであろうか?
己の命を捨ててまでも神を信じるべきであるのか?

そんな疑問を投げかけたくなる終わり方でした…。
仏教が主流の日本では、異国の宗教はなかなか受け入れがたいもの。
それでも村々の人たちは、宣教師が隠れていることをひた隠しにしながら生活していたようです。

役人に捕まって拷問を受けてもひたすら耐え忍び、死んでいった数多くの日本人たち…。
祈っても祈っても死罪となってしまう虚しさに、パードレの心はボロボロです…!

信ずるものは救われないのか…。
裏切り行為を繰り返す男が生きながらえるのに、真面目な信仰者は死罪というやるせない現実…。

神も己自身も信じられなくなったパードレの、辛く悲しそうな表情が心に残ります…。

結局、日本にキリスト教の教えは根付かず、泥沼の中でもがき苦しむしか出来ないのでしょうか?

仏教がここまで根強い影響力を持っていたとは⁈
色々と考え深い作品でした。

ガーコ
ガーコさん / 2018年11月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 怖い 難しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大学三年のときに原作を読んだ。 当時、あまり本を読む習慣はなかった...

大学三年のときに原作を読んだ。
当時、あまり本を読む習慣はなかったが、なぜかすっと読めた記憶が。
三浦綾子といい、遠藤周作といい、キリスト教ものは共感できる点ややるせない点がなんとも惹きつけられる。

トッキー
トッキーさん / 2018年11月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

涙なしには観れません。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

クリスチャンの家に生まれ、親に信仰を強制された私としては、とても感慨深いものがあります。
キリスト教のすべてが悪いとは思っていませんが、人による勝手な解釈で歪められている部分が多いと思います。

この映画を観ていて、私は「生きてこそ」だと思いました。キチジローや主人公を責める気にはなりません。
踏み絵だってただの絵です。
真理が何なのか分かりませんが、殉教が正解だとは思えません。
「沈黙」という題でありながら、クライマックスで答えていますが、これは信仰によるものという解釈でしょうか?
神は沈黙しつづけることも神である所以だと思っていました。

わははふふぅ
わははふふぅさん / 2018年11月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アンドリューの演技に圧巻

日本の時代背景の描かれ方が、日本の時代劇よりもリアルで素晴らしいです。トニー賞受賞したアンドリューガーフィールドの演技は圧巻ですね。キリシタンの非情な拷問シーンが何度もあり目を背けたくなります。それでも棄教せず頑なに信仰を貫く姿に心が締めつけられます。何度踏んじゃえと思ったことか。重くて辛い作品でした。
リーアムのクワイガンジンを思わせるような和服姿は素敵でした。

サラ
サラさん / 2018年11月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

暗く重く、拷問シーンも多いが不快さは少しもない。きっとスコセッシが...

暗く重く、拷問シーンも多いが不快さは少しもない。きっとスコセッシが日本とキリスト教を愛し尊敬の念があるからだろう。他の人が撮っていたらこうはならなかったのではないか。
表面は棄教していても内はいつも神と共にあったというキチジローとロドリゴ。敬虔なクリスチャンからしたらダメな事なんだろうけれども神とはなんだ⁉️と問いかけ続ける160分は貴重な時間でした。

猫柴
猫柴さん / 2018年10月16日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 知的 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

レビュー

遠藤周作原作+スコセッシ監督作品。全体に対する期待とキャスティングに不安を覚えつつ鑑賞。序盤、住民の生活感や必死さがひしひしと伝わる。中盤以降は宗教と人間について考えさせられた…🦊💦
かなり普遍的なテーマに落とし込まれているので、現代でも響くものがいくつもありました😋

みそしる
みそしるさん / 2018年10月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

痛く、切なく…

熱い志しを持ち、大航海を経てジパングに辿り着いた宣教師達。そこは、島原の乱以降、キリシタン弾圧の過酷な運命が待ち構えていた。

今の自分達には、そうまでして布教に努め、神に縋るのかは理解し難いところでありますが、当時の貧しい百姓達の苦悩があまりにもリアルに描かれており、心痛くなりました。

信じるものが違うから、人が人をあんなにも苦しい拷問の末に命を絶つ。それっていつの時代も変わらない人の悲しい性なのかもしれない。

クリスチャンの原作者・遠藤周作だからこそ描けた作品なのかもしれません。

bunmei21
bunmei21さん / 2018年9月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

無宗教者でも

考えさせられ、心をえぐられる作品

90's
90'sさん / 2018年9月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

とても重くて難しいストーリー ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

・何をしてもこのような状況では良い答えが見つからないので、観ていて辛かった
・私は無宗教なので、意味が分からないシーンが結構あった
・キチジローの気持ちや行動に感情移入出来なかった
・映像はリアルに感じてスゴいと思った

不知火 氷河
不知火 氷河さん / 2018年8月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

潜伏キリシタン・・

原作はカトリックに改宗した遠藤周作の50年以上前の小説。踏み絵を踏んだ潜伏キリシタンのキチジローが悩み苦しむと云うもの。映画では弾圧する武士がリアルに・・2017年の作品。

亮一君
亮一君さん / 2018年8月4日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

神を信じる人の心情や日本人独特の宗教観が丁寧に描かれていて演技もみ... ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

神を信じる人の心情や日本人独特の宗教観が丁寧に描かれていて演技もみんな素晴らしかった ただ、アダムドライバーが死ぬシーンはなんかあっけなく感じた

コーヒー
コーヒーさん / 2018年6月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

体調いいとき観たほうがいい

答えてくれない神とストイックに向き合う描写、「最後の誘惑」にも通じますね。スコセッシ監督にとって重要なテーマなのでしょう、答えない神との対峙は。

最近、広い意味での歴史ものにちょっとハマっててうっかり観てしまったが、重い、暗い、長い。よくもわるくもとてもしんどい映画。(ちなみに一昨日「幕末高校生」を観てしまったのでギャップが...)
グロさ、痛ましさも下手な戦争映画よりよほど強烈、なので要注意。いや、この映画の過激描写が別段飛びぬけているというわけではない。戦争による死と弾圧による死に軽重があるわけでもない。戦争のように物理的に排除するためだけに殺すのではなく、見せしめとして苦痛を与えるために殺すから強烈なのだ。そしてある意味、神が主役なわけだか、まったく救いがないという皮肉。そして史実という現実...ヘビーだ。

正直いって、信仰心のない自分には殉教者の心情が理解し難くもあり、そういう意味でもストレスがかかる映画。
ひさびさに、観るの本気で途中でやめたくなった。
ひとつ指摘しておきたいのは、たしかにすごく残酷なことが我が国におけるキリスト教の迫害では繰り広げられたわけだが、こういった残酷なことが洋の東西で現在でも起こり、とりわけ中世以前ともなれば珍しくはなかったであろう、ということ。この映画は敢えてリアルに表現しているだけで、通常はここまで生々しいシーンはスルー、またはぼやかしているだけにすぎない。別に日本特有ではない。恐ろしいことだが人類が残虐性を内包しているのは確かということだ。

肉ネ~ム
肉ネ~ムさん / 2018年5月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ーーーー10

窪塚洋介が誰よりも役に入ってたと思う

LandBLUE
LandBLUEさん / 2018年4月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

宗教観

この映画があるのは知ってましたが、あまり興味を持っていなかったのですが、知り合いに強く勧められて観ました。

非常に丁寧に作られている映画でした。
キリシタンや宣教師に対する戦国末期から江戸時代における迫害とはこういうものだ!という視点と、神や信仰とは何かということを突きつけてくる内容です。

私個人的には前者に関しては良く知っていたので特に驚きや新規点は見出せず若干退屈でした。宗教観に関しても、非常にやはり西洋的な観点からの東洋観(特に日本でしょうか)であり、スコセッシを持ってしても難しいのかなと思いました。

しかし、非常にリアルな映画です。リアル過ぎて逃げることはできません。そこに3点を付けました。

こうへい
こうへいさん / 2018年4月24日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

当然だが重い…

アダム・ドライバー出演なので観た作品。
題材が題材なので哀しいし重い……。

戦争映画と同様、もう2度と同じ過ちを犯さないためにも日本人として観ておいて損はないと思うが、楽しめる映画ではない。

映画に付き物の音楽がほとんどないのが、この映画の内容に合ってて納得。

井上筑後守(井上政重)がキャラ的にも役者的(イッセー尾形)にもいい味だしてたと思う。

Ren
Renさん / 2018年4月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

すごいわこの映画

この映画、制作背景を知って解釈が全く変わってしまった不思議な映画。

日本酒には味の濃い料理は合わない。赤ワインには肉料理。酒には飲み方がある。
同様に、映画にも見方がある。
ロッキーはボクシングシーンがあるけれどボクシングの映画じゃない。

以下の解説を聴くて、沈黙の解釈は180度変わった。
映画っていうのは見方とかその人の思想によって様々な解釈が生まれるから面白い。
https://tomomachi.stores.jp/items/5893158f41f8e8dafe001b99

僕は自分の解釈を他人に押し付けるくせがあるので、気をつけないといけない。

t
tさん / 2018年3月24日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

358件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi