沈黙 サイレンス インタビュー: 窪塚洋介が語る、「全てが新鮮で刺激的」だった巨匠M・スコセッシとの日々

ホーム > 作品情報 > 映画「沈黙 サイレンス」 > インタビュー > 窪塚洋介が語る、「全てが新鮮で刺激的」だった巨匠M・スコセッシとの日々
メニュー

沈黙 サイレンス

劇場公開日 2017年1月21日
2017年1月19日更新
画像1

窪塚洋介が語る、「全てが新鮮で刺激的」だった巨匠M・スコセッシとの日々

なぜ神は苦悩する人間の前に姿を現さず、沈黙を貫くのか――巨匠マーティン・スコセッシ監督が、遠藤周作氏の小説「沈黙」に込められた問いに触発され、映画化を決意したのは1988年のこと。大勢の日本人キャストが集い、約28年の時を経て完成した「沈黙 サイレンス」の撮影は、ハリウッド初進出を果たした窪塚洋介にとって「全てが新鮮で刺激的、最高の経験だった」と熱を帯びるほど、かけがえのないひと時になったようだ。(取材・文/編集部、写真/江藤海彦)

世界20カ国以上で翻訳された「沈黙」は、江戸時代初期、キリシタン弾圧下の長崎が舞台。日本で棄教したとされる師の真相を確かめるため、長崎にやってきた若き宣教師ロドリゴ(アンドリュー・ガーフィールド)とガルペ(アダム・ドライバー)が、厳しい弾圧のなかで自らの信仰心と向き合う様を描く。71年には篠田正浩監督によって映画化されているが、本作は篠田版で省略されていた原作の要素も含め、遠藤氏が紡いだ物語を可能な限り映像として見せようというスコセッシ監督の気概に満ちた仕上がりになっている。

窪塚が初めてオーディションに参加したのは約7年前。「アテンドしてもらった方の手違いで、ガムを噛んだままオーディション会場に行ってしまったんですよ。それが原因で会場の空気がかなり悪くなってしまって。キャスティングディレクターからは『マーティン、あなたみたいな人は大嫌いだから』と言われてしまうほど」と実力を発揮できず、不合格になってしまうという波乱の幕開け。だが「2年後、再びオーディションに来てくれないかと誘われたんです」と予想外の展開を見せる。

「マーティンが最初のビデオオーディションで気にかけてくれていたみたいで。最終審査まで残ったのは自分と浅野(忠信)さんだったんですが、求められているキャラクターには『自分の方があってるかな』という思いはありましたね。読み合わせはマーティン自身が担当してくれて、役者への接し方がとにかく素晴らしかった。芝居のしやすい状況を監督自身がつくってくれて、最良のコンディションでの演技を見てくれました。久々に人の手の平の上で踊らされた感じ(笑)」

最終審査を勝ち残り射止めた大役は、ロドリゴたちと行動をともにする日本人のキチジロー。ロドリゴが「悪人にも値しない男」と評し“人間の弱さ”を身をもって体現する男を演じるうえで、ある言葉が重要になったという。「イノセントという言葉をキーワードにしていましたね。キチジローという男は、イノセントであるがゆえに、強い一面も見せれば弱い一面も見せる人物だととらえました。実はマーティンとキチジローの人となりに関して話し合ったことは一度もないんですよ。自分の中にあるもので形づくったキチジローを、撮影現場で披露するだけ。マーティンが『これこそキチジローだ』と言ってくれたのは、そのキーワードが上手くキャラクター像とマッチしたからだと思います」

台湾での撮影では、ガーフィールドとの共演が多かった。「メソッド演技で役に臨む人ですからね、後半の撮影ではかなりふさぎ込んでしまっていた」と明かすように、信者たちの壮絶な殉教を目の当たりにし、“神の不在”という考えに心を蝕まれていくロドリゴという役は、ガーフィールドにとって過酷な役柄だったようだ。「しかも馬アレルギーなのにロバに乗らなきゃいけない。さらにプライベートでも気を病むことがあって、撮影中に感情を剥き出しにしてしまう時も。だから自分も負担は大きいんですけど、ある意味隙のあるキャラクターを演じているので、現場の雰囲気を和ませるために“ピエロ”みたいな役割も担っていました」

画像4 ヘアメイク
KATSUHIKO YUHMI(THYMON Inc.)
[拡大画像]

「最初に想像していた集中力、忍耐力をはるかに凌駕する密度のものを求められた」と振り返る一方、スコセッシ組に参加できたことへの興奮が言葉の端々から伝わってくる。「日本人キャスト、ひいては日本そのものに対して敬意を払ってくれていて、カットごとに気遣いを欠かさない。あのマーティン・スコセッシがですよ? 監督の情熱にほだされて全員が“奉仕”するような気持ち。作品の質を高める努力、そして繊細なケアも含めて、本当に偉大な監督だと実感しました」

物語の魅力を問うと「まさにタイトル通り、沈黙の中に答えがあるのなら自分で見つけなければならないという点。非常に壮絶な時代を描いているからこそ、答えへのガイダンスがたくさんある」と回答。「現代へと通じる時代背景を踏まえて、当時なぜ弾圧が起こったのかという疑問も深まるといいですね。日本人である自分たちがなくしてはならないものを改めて考えさせられますし、なにより映像が持つパワーは圧巻の一言」

ハリウッドの現場を経験し、役者として大幅にステップアップした窪塚だが「今回はマーティンの望む役に自分がハマっただけ。英語が達者なわけでもないですし」と海外進出には慎重な姿勢。「またチャンスがあるならやりたいですけど、自分の今の状況にあっていて、ワクワクして挑めるものでないと」と述べつつも、エリザベス・バンクス主演作「Rita Hayworth With a Hand Grenade(原題)」への出演も決定。世界の映画人たちは既に窪塚の才能を認知している。「マーティン・スコセッシが認めてくれたというのは、僕らが思っている以上に影響力があるんだなと思う。今後は語学力を磨いていきたいですね」と万感の思いを口にしていた。

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

究極の試練を突きつけられ“なにが正しいのか”を見失った人間たちのドラマ
映画評論

少年時代のマーティン・スコセッシが「聖職者」か「マフィア」になりたかった――という逸話はもはや映画界の伝説のひとつと言っていい。ちょっと話が膨らんでいる気がしなくもないが、スコセッシが“信仰”と“暴力”に魅入られ引き裂かれてきたことは...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全366件)
  • 信仰心とは? キリスト教の「真理」が分からない自分には難解な部分もあったけど、 映画として非常に見応えのある作品だった。 現に「あそこまでして守りたかったキリスト教って何なの?」って疑問(好奇心?)は湧いてき... ...続きを読む

    mar marさん  2019年7月16日 11:27  評価:4.5
    このレビューに共感した/1
  • 原作の完璧性の証明 あくまで原作に則った映画で、オリジナルの要素はほとんどない様に感じました。 過不足なく忠実に描かれていて、というよりそれをするだけで完璧に素晴らしい映画になってしまったという作品だと思います。 ... ...続きを読む

    Rewind That Rewind Thatさん  2019年6月23日 02:10  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 丁髷が英語 日本以外の監督作品の場合、曲解された日本表現が心配になるが、全く気にならない雰囲気でしたが、やはり気になるのは英語。市井のおじさんが躊躇いなく英語喋ってるのは変というか不思議。 これだけ苦労し... ...続きを読む

    クリストフ クリストフさん  2019年5月5日 19:18  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 天気の子 「天気の子」醍醐虎汰朗&森七菜、立ちはだかったライバルは新海誠監督の“声”
  • インタビュー Diner ダイナー 蜷川実花、藤原竜也&玉城ティナと挑んだのは初の男性主演作「挑戦する面白さ」
  • インタビュー いちごの唄 峯田和伸×古舘佑太郎×石橋静河が爆笑トークで解き明かす「いちごの唄」
インタビューの一覧を見る
Jobnavi
採用情報