「フリッツバウアー検事長のお話」アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男 eさんの映画レビュー(感想・評価)

アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男

劇場公開日 2017年1月7日
全20件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

フリッツバウアー検事長のお話

1950年代のドイツのお話。当時は車のサイズが小さいのね。
アイヒマンが主役ではなく、彼の事を描くパートも少ない。海外向けというより自国向け映画っぽい。
当時は公職者の中に元ナチスやシンパが多く存在していたという事が意外。
当時、モサドの組織力は然程大きくなくナチス狩りより対アラブ作戦に注力していたというのも意外。
ドイツでは同性愛は犯罪というのも意外。
主役の検事長は年寄りのユダヤ人で偏屈でゲイという何とも具合の悪いキャラ。
しかも右腕となるガタイのいい男性まで男色に走るとは。
最後がアッサリというか、アイヒマンは無理だったがアウシュビッツ裁判は遂行できたという偉業がテロップ1行で片付けられるのは如何なものか…気になったら自分で調べろということか。いや、当然知っていなければならない出来事ということか。
バウアーがアイヒマン逮捕に関与していた事が死後10年も秘匿されていた事が一番凄い事なのかも。

e
さん / 2018年1月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi