アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男
6%
52%
34%
7%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

第2次世界大戦後、海外へと逃亡したナチスの戦犯アドルフ・アイヒマンの捕獲作戦を実現へと導いたドイツ人の検事長フリッツ・バウアーにスポットを当て、バウアーがいかにしてアイヒマンを発見し、追い詰めていったのかを描いた実録ドラマ。1950年代後半のドイツ・フランクフルト。ナチスによる戦争犯罪の告発に執念を燃やす検事長フリッツ・バウアーのもとに、数百万人のユダヤ人を強制収容所送りにしたアドルフ・アイヒマンの潜伏先に関する情報が寄せられる。ナチス残党が巣食うドイツの捜査機関を避け、イスラエルの諜報機関モサドと接触したバウアーは、アイヒマンを追い詰めていくが、同じ頃、バウアーの失脚を狙う者たちが策略をめぐらせていた。

2015年製作/105分/G/ドイツ
原題:Der Staat gegen Fritz Bauer
配給:クロックワークス、アルバトロス・フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ジェーン・ドウの解剖
  • 機械じかけの小児病棟
  • ハンガリー連続殺人鬼
  • 怪談新耳袋 百物語【TBSオンデマンド】
  • クリーピー 偽りの隣人
  • 霊的ボリシェヴィキ
  • もうひとりいる
  • 喰女 ―クイメ―
  • オーディション
  • カオス
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2015 zero one film / TERZ Film

映画レビュー

4.0華はないが執念がある。鬼の検事局長の魂に魅せられる一作

2017年1月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

このところアイヒマンがらみの映画が数多く発表される中、戦後ドイツの混乱期を生きた鬼の検事局長の執念を描いたドラマとして実に見応えがある。彼ときたら、パッと見た感じだと刑事ドラマの脇役くらいが無難で、『イレイザー・ヘッド』のような逆立ち髪。決して華はなく、観ている我々も「まさか彼が主人公とは・・・」と不安になるが、いざ自殺疑惑から復帰してからは目の色が変わっているのを感じる。何が彼をここまで突き動かすのか。ナチス親衛隊の生き残りも残存する当時のドイツの政情は一体どのようなものだったのか。検事局長はTV出演で若者たちへ向けて自分の信念を語り、同性愛者として悩む部下(彼の存在感も素晴らしい)にも親身になってアドバイスを与える。無骨なキャラだが少しずつあらわになるその個性、人間性に、すっかりと魅了されずにいられない。あの時代の雰囲気を伝える美術や、訪れる国ごとに巧みに色調を変えた絵作りも見事。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
牛津厚信

4.0ドイツもか…

mtmtさん
2020年6月6日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

ちょっと前に裏切りのサーカスを見たので、比べるとストーリーや展開が分かりやすくて見やすかった。戦後なのに何故ナチスが畏れるの?と思ったら、まだまだ政府内部に関係者が力を持ってたりしてた。裏切りのサーカスではロンドンでも内部の敵がいて、あードイツもかーと思ったけど、権力の集まるところは、政府はもちろんそれ以外でもそれにしがみついたり利用したりは、まぁあるよなーとげんなり。
最後のあの人の行動こそ、国とは一人一人が何をするか、誇るべき善行とは何かを示していた。
自分の信じる正義を貫く力をくれる一本。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mtmt

4.0フリッツ・バウアーの物語

yuyuさん
2020年5月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
yuyu

3.5こういうジャンル好きです

asaさん
2019年9月2日
PCから投稿

総じて好きなジャンルでした。

特に驚きの展開はありませんでしたが、歴史ものとしていい映画だったかなと思います。配役もいいですね。

各個人が善いことを行っていくしかない、というワードはいい言葉だなと感じました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
asa
すべての映画レビューを見る(全29件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」以外にこんな作品をCheck-inしています。