「CGアニメが全てディズニーの様に純粋無垢だと思うなよ」ソーセージ・パーティー 巫女雷男さんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

ソーセージ・パーティー

劇場公開日 2016年11月4日
全65件中、11件目を表示
  •  
映画レビューを書く

CGアニメが全てディズニーの様に純粋無垢だと思うなよ

日本の映画館ではウケなかっだろな的作品。
これを何も知らないで当時映画館で観た無垢な日本のカップルや夫婦は唖然としただろう。
若い男学生同士だったらウケるかな?
お子様には無理ですね。

スーパーマーケットで販売されている商品達が個性を持ち破茶滅茶な冒険をするストーリー、
日本ウケしない様なキャラクターの数々。コンドームはマズイだろw
「入れる」「入らない」「先っぽ」とか下ネタ満載な台詞。
残虐性描写もかなりあり。
真面目に考えてもしょうがない。頭空っぽにして観ましょう的大人映画である。
私的には下ネタより調理されるシーンが面白かったですねw。

CGアニメとしてはよく出来ています。
何もCGアニメがディズニーの様な純粋無垢な作品の必要性は無い。それにチャレンジしたこの作品に私的には賛美を送りたい。ただし、映画館でお金を払いたいとは思わなかった。

アメリカウケのCGアニメ映画でした。

巫女雷男
さん / 2017年11月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報