シーモアさんと、大人のための人生入門

劇場公開日:

シーモアさんと、大人のための人生入門

解説

イーサン・ホークが初めて手がけたドキュメンタリー監督作品。アーティストとして、1人の人間として行き詰まりを感じていたイーサン・ホークは、87歳のピアノ教師、シーモア・バーンスタインと出会う。バーンスタインの漂わせる安心感やピアノ演奏に魅了されたホークは、バーンスタインのドキュメンタリー映画を撮ることを決意する。50歳でコンサートピアニストとしての活動をやめ、以後40年近くの人生を「教える」ことに捧げ、けっして平穏ではなかったバーンスタインの人生が、ピアノの旋律とともに繊細な言葉で語られていく。

2014年製作/81分/G/アメリカ
原題:Seymour: An Introduction
配給:アップリンク
劇場公開日:2016年10月1日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2015 Risk Love LLC

映画レビュー

4.0人生に幸せをもたらす ゆるぎない何か

2024年5月24日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

知的

幸せ

シーモアさんの姿勢はとても自然だ。
シーモアさんはいつもとても率直だ。
シーモアさんの言葉にはいつも愛がある。
シーモアさんの名言がたくさん飛び出します。

私はピアノ🎹は弾けないけど、言わんとしてることは感覚としてはわかる。
一番弱い音を出せるピアノを探してるってのがステキだった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
イズボペ

4.5極めて高尚な哲学的音楽映像

2024年5月20日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

知的

難しい

完全に見くびっていた。極めて知的な構成で驚く。映像・音楽・言の葉で構成された映像言語による哲学書。パスカルや、エマーソン、シモーヌ・ヴェイユの随想録を想起させられる。人に勧めたくなる逸品。作品内では数々の箴言が飛び交う。曰く「星座が目で見る事の出来る秩序であるなら、音楽は音として聞くことのできる秩序である」。曰く「宗教と音楽の違いは、宗教には信仰が必要だが、音楽は自らの内にあり、しかも楽譜と言う言語が存在する」。曰く「真の芸術とは創作と再現がセットでなければいけない」。作曲家と演奏家が別々の専門家として存在する事への継承。絵画で言えば修復と創作がセットという事か・・・。曰く「金や物で幸せを手にした人はいない」これもまた言い得て妙である。全てがギリシャ哲学の学問4元素、「算術(ARISMETRICA)」「幾何(GEOMETRICA)」「音楽(MUSICA)」「天文学(ASTRO)」の4つによって構成された解であり、この宇宙の原理である、という事を伝えようとしている。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
mark108hello

5.0イーサン=ホークが「オレ最近まじこのセンセーにハマってて!ちっと観...

2024年1月31日
PCから投稿

イーサン=ホークが「オレ最近まじこのセンセーにハマってて!ちっと観て下さいよォ!(脚色)」と前のめりで紹介するのは、当時87歳のピアノ教師シーモア=バーンスタインさん。

「とても良くなったね。私より巧く弾くのは許しがたいよ(^^)」

私はピアノ弾けないけど、観て良かった。
知らない人のドキュメンタリーって大抵ハマらないんだけど、本作は特別、馴染んだ。

自分勝手で我儘な音楽家が見放されるようになった今、注目されるべきアーティスト像の一例。
音符ひとつずつ、丁寧に大切にキャラクタを付けて奏でてゆく姿勢が、名匠と呼ばれる映画監督たちに重なる。

「私はピアノを弾くとき、楽器の鳴り響きに耳をそば立てます。この感覚を会話に応用すると、ほんとうに相手が言いたいことは何か?探る姿勢を養えるのです」
映画観るのとおんなじだと思った。監督と疑似会話しながら、自分との落としどころ、ハマりどころを探るのが楽しいから。

「私はレッスンで、音楽ばかり重視しません。生徒をはげまし、彼らが自分の感情を引き出せるよう助けます。人生のあらゆる場面で必要だからです。」
感情的にさせる、ということではない。
感情で武装する"中の人"の気持ちを引き出し、見つめるということ。
多くの他人と接する上で、必要なセンス。
ベートーヴェンは自らの繊細さを隠すために力強い曲を書いた、と推理するシーモアさんに唸った。

「素顔の自分と演奏する自分とが一体化すると、一気に高みに到達する」
書いてる文章と自分の本心とが一致すると、晴れやかな気持ちになる。
取り繕ったり背伸びした言葉は、胃を悪くするだけだ。
過激な乱文で憂さ晴らしをするのとも違う。なんか、ガンバっちゃってる装飾だから。
自分のバランスを思い出すために、アウトプットが必要なんだ。ことばでも音でも。
私はまだ未熟なので、うっかり他人を傷つけてしまうけどな。

シーモアさんや生徒さんたちの発言がちりばめられ、観る時々でどれを拾えるか違うので楽しい。
初見時にガンガン響いた台詞を見失う時もあるw。
その時必要な言葉は、自然に耳に入ってくるからそれで良い。
聞く気の無いお説教が、何も残らないのと同じ。

収録された音もとても良い。
「音量が増幅する不思議なピアノ」の音とか、よく拾えたなぁ。
ありがとう!あそこ、とっても驚いた。

手と手をあわせる。いちばん簡単に、自分の内に平穏を見出す方法。
難しいのは楽器演奏。だから練習が必要。

しかし、何十年もソファベッドで寝ててよく身体痛くならないですね。
シーモアさん93歳、ご自愛くださいませ。

=============================
音楽之友社『心で弾くピアノ―音楽による自己発見』
絶版なのが悔やまれるけどめっちゃ楽しい本。
「コンサート終演後、お客さんが演奏と関係ない話をしていても落ち込まないように」とか、とってもユーモラスで素敵なアドバイスを得られる。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
雨丘もびり

4.0【”人生の旋律” 第一級の指を持つ天才ピアニストの、優れた教育論をイーサン・ホークが描くドキュメンタリー作品。分野を越えて人に何かを教える者にとっては、値千金のドキュメンタリー作品でもある】

2022年1月5日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

知的

幸せ

ー 且つては、第一線のピアノ演奏者であった87歳のピアノ教師、シーモア・バーンスタイン。
 表情は穏やかで、彼のピアノレッスンに通う生徒達に掛ける彼の言葉は、常に適切で優しい。ー

◆感想

 ・楽器だけではないが、一線級の“生徒”達を指導する“教師”の殆んどは、厳しき指導をしているイメージがある。
 中には、人格を否定するような指導をしている人が、崇め奉られているシーンを目にした事もある。

 ・だが、シーモア・バーンスタインの指導方法の基本は”褒めて育てる”である。
 - 直近の例で言えば、青学の駅伝の監督だろうか・・。-

 ・声を荒げる訳ではなく、(ピアノの技法に関しては、良くは分からないが・・)シーモア・バーンスタインは、自らの生徒達に対し、穏やかな声で指導している。

<人生を美しく奏でる。
 若き日に苦労したシーモア・バーンスタインが、自らを頼って来る生徒たちに掛ける言葉は、優しい。
 けれど、的をついたアドバイスの言葉。
 今作を監督した、イーサン・ホークは自らの演技に壁を覚えた際に、シーモア・バーンスタインと出会い、刮目したそうである。
 (あの、順風満帆な俳優人生を送っていると思っていた、イーサン・ホークがである!)
 今作品は、分野を越えて人に何かを教える者にとっては、値千金のドキュメンタリー作品であると、私は思う。>

コメントする (0件)
共感した! 1件)
NOBU
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「シーモアさんと、大人のための人生入門」以外にこんな作品をCheck-inしています。