ダークネス

0%
6%
35%
47%
12%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「パラノーマル・アクティビティ」シリーズなどのヒットメーカー、ジェイソン・ブラム製作のもと、「インビジブル」のケビン・ベーコンと「サイレントヒル」シリーズのラダ・ミッチェルが共演したオカルトホラー。郊外へ家族旅行に出かけたテイラー一家。息子のマイキーは洞窟で見つけた奇妙な石を家に持ち帰るが、その日から家族の周囲で不可解な現象が続発するようになってしまう。実はその石には、古代の悪霊が封印されていたのだった。監督は「マンイーター」「ウルフクリーク猟奇殺人谷」のグレッグ・マクリーン。

2016年製作/92分/アメリカ
原題:The Darkness

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ディスコード
  • ポゼッション(2012)
  • ぼくのエリ 200歳の少女
  • サンドラ・ジュリアンの催淫吸血鬼
  • ブラック・サバス 恐怖!三つの顔
  • 怪談新耳袋 怪奇 ツキモノ
  • 怪談新耳袋 怪奇 ノゾミ
  • 心霊
  • 心霊2
  • 心霊スペシャル
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)2016 Universal Studios. All Rights Reserved.

映画レビュー

3.0ホピ族の儀式

kossyさん
2021年10月6日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

 見どころはホピ族の儀式!ばあちゃんのテレサと孫のグロリアがともにカッコいいのです。状況を説明しなくても全て把握しているようで、ダウジングや羽根を使ったまじない(?)にはちょっとほれぼれしてしまった。

 すべての原因はテイラー家の息子マイケル。自閉症児ではあるが、可愛い男の子で、母親ブロニー(ラダ・ミッチェル)の溺愛ぶりが滑稽に見えてしまうほど。そんなマイキーがグランドキャニオンの穴に落ちて、祭壇に置かれていた五つの石を持ち帰ってしまう。そこからテイラー家に異変が続発。水道が勝手にひねられたり、手形がいっぱいついたり・・・姉のステファニーの拒食症もその頃からなのか・・・ちょっとわかんない。

 それほど怖くないけど、なぜか憎めない作品でした。宇宙の神秘というか異次元の世界というものまで感じられ、科学で解明できない不思議な現象もすべて呪術で解決してるような、そんなホピ族の平和的な生活も想像してしまう。

 ただ、ストーリーが雑で、異常現象も怖くないけど、なぜか惹かれるのです。冒頭のカーター家や建築士の職場なんて意味の無い設定だし、なんだかんだと白人至上主義も感じてしまう。しかし、ボスの妻(ミンナ・ウェン)も魅力的だし、グロリアも魅力的。非白人のほうが凄いじゃん!てなことで、有色人種から見たほうが楽しめる作品なのかも・・・で、犬はやっぱり可哀想。大人になってからでいいから謝ろうね、マイキー。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

3.0マイケル死すべし

2019年11月18日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゴース、あるいはゴスム

2.0えーーーーーー!!!!

2018年12月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

面白くなかった……残念……

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
喜怒哀楽

2.5豪華な演者の意味

Minaさん
2017年7月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

最近伸び悩んでいるジェイソン・ブラムらしい作品。特に今の彼を象徴しているのではないか。なんせケビン・ベーコンやラダ・ミッチェルら豪華な俳優陣にも関わらず、日本未公開。この時点で期待するのは止めた。結果その考えは間違えておらず、案の定という感じであった。

定番のオカルトホラーで、上流階級のとある家族は負のオーラが漂ういかにもな設定。しかし、ポイントは問題を引き起こす原因が家族関係とは関係無く、自閉症の長男が拾った石がきっかけ。普通は曰く付きの物件に越してきたギクシャクした家庭が…的なことが多いが、障害を持った子供が原因となると防ぎようが無いというか、なんともコメントし難い展開。新しい試みだと思うがこの自閉症の子供は正直要らない。終始観ていてイライラさせられる行動が多すぎる。自閉症という設定だから仕方ないが、限られた上映時間の中で、もっと他の部分を描けと釘を刺したくなる箇所が中盤に多くある。よってこの設定が仇となり中だるみが大いに発生していると考えられる。所々好感触な設定もあるのだが、イライラが勝り印象にほとんど残っていない。

「未体験ゾーンの映画たち」にもラインナップされず完全未公開作だったが、これは劇場まで行くほどの作品ではない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Mina
すべての映画レビューを見る(全7件)