アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たちのレビュー・感想・評価

アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち

劇場公開日 2016年7月21日
12件を表示 映画レビューを書く

不思議な世界観

全く期待しないで見たらこれが面白かった。
秀逸なサイコサスペンス。

aopon
aoponさん / 2018年4月9日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ただのサイコパススリラーではない?!

本作品はジム・スタージェスを主人公として描かれているが、私的にはパッケージの4人それぞれが主人公であると感じる。それぞれの人物の過去の出来事が上手く劇中にちりばめられており、ストーリーの繋ぎがとても綺麗である。

サイコパススリラーとは言え、その裏に隠された人間の罪や愚かさから込み上げる羞恥心を描いている点が大変素晴らしい。

でもやはり、サスペンス映画なだけ最初のシーンから最後のシーンまで見逃せない。

おがちゃん
おがちゃんさん / 2017年12月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

闇を照らす光

人には誰しも忘れたい過去と、忘れたくない想いがある。
ある者はそこに恐怖の芽を植え、またある者はそこに希望の芽を植える…

本作に出てくる精神病患者も人間として扱われることを望んでいるように見えた。彼らにとっての幸せは何なのかは分からないが、心に傷を負っている者にとって自由に扱われることは何より幸せなことのように思う。

ミステリー的な要素を追いながら観ていなかっただけにラストの展開には少し驚いたが、仮に彼が病気だとしても現代で普通に暮らしていけるような感じがした。

居眠りんタカちゃん
居眠りんタカちゃんさん / 2017年10月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まあ、面白かったな

主役の女優さんは、アンダーワールドの印象強すぎるけど…

JK
JKさん / 2017年9月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

意外性

怖い映画かな〜とハラハラ
しながら観ていたけど、
最後は意外な感じで終わった。

面白味のある映画だった。

最後のどんでん返し…が。!(◎_◎;)

Angela222s
Angela222sさん / 2017年7月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

どこが正常でなにが異常なんだろう

病人として人権侵害を受けている人たちが、世の中にはまだまだいるのだろうかと心配になります。

いちとら
いちとらさん / 2017年5月4日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

精神病院の医者と患者

精神病院に新しい医者がやってくる。
院長(ベン・キングズレー)が応対するが、患者は多いのに他に医者はいないようで看護婦もなんかおかしい。
患者に美しい上品な女性(ケイト・ベッキンセール)がいて、新任医師は心を奪われる。
スリラーの定石で、ケイト・ベッキンセールの美しさがすべて。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2017年4月14日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あやしい監禁病棟

ジュゼッペ・トルナトーレ監督の『鑑定士と顔のない依頼人』に出演しているジム・スタージェスが本作にも顔を出しているので、こんな見るからに安っぽい副題を付けてしまったのだろうか。
でも思わぬ掘り出し物のサイコスリラーでした。
恐怖や苦しみに怯える美女ちゅうのはずっと見ていられるね。
ケイト・ベッキンセールの美しさは、暗闇を貫く一筋の光のようだ。
ただ精神科病院の絶対的な支配者であったラム院長が、あんなにも呆気なく精神に異常を来してしまうのがどうしても納得がいかなかった。

みつまる。
みつまる。さん / 2017年3月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白い

なかなか見ごたえのある作品だった。
アサイラム=精神薄弱者などの保護施設の意味。

精神的な病を持っている人のことは、普通に生活しているとあまり考えないところ。

人を殺してしまったり、家族などに耐え難い不幸が起きたり、人によって様々だが、過去のトラウマなどが原因で頭のネジが抜けてしまっているような状態になっている人たちがたくさん出てきていた。

専門家でもなんでもない素人なので、どのような治療法があるのかは全くもってわからないが、思考が猟奇的な方向に向かってしまったりするケースも多いとすれば犯罪性が高く、とても大変なことだと思う。そういう意味でいろいろ考えさせられた。

最後まで展開が読めないところも見ている者を飽きさせない配慮が見られる。話に小さな伏線はないが、テンポよく、時には不安になりながら進んでいく感じは、こういうのが好きな人にはたまらないのかも?

だにそん
だにそんさん / 2016年11月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

思わず膝を打った佳作

人里を離れ、門の奥に姿を見せる19世紀末の精神病院。
そこに君臨する王たろうとする二人の名優の存在感。

非人道的な処置を施してきた精神科医療の歴史が背景にあり、患者と健常者との境界線の曖昧さや対照的な治療法の狭間で見事に揺さぶられた。
それぞれや病院の「正体」は比較的すぐに明かされるが、そこから単に観客を騙すのではなくその先に踏み込んでいく様に惹き付けられる。

主人公エドワードも人間味ある“研修医”として共感を呼ぶ。
J.スタージェスは勿論、K.ベッキンセールやB.キングズレーら豪勢キャストも見応えがある。

一捻りあって迎える着地点も粋だ。

ベチィ
ベチィさん / 2016年11月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

精神病院を舞台にした異色サイコミステリー。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち」字幕版 DVDで鑑賞。

〈あらすじ〉
何か様子がおかしい精神病院を舞台に、一人の医師がやがて恐ろしい秘密を知り、巻き込まれる物語。

◎良かった所
・精神病院の雰囲気が怖い。

・ミステリー要素がてんこ盛り。話のテンポはやや遅いですがこの先どうなるのか知りたくなる。

・ラスト5分に最大の秘密が明かされる。一気にバラバラだったピースが一つになる。

・エドワードが何気に強い。

◎気になった所
・エドワードの感情が読みづらい。

・フィンが少女をどうして殺した理由がちょっと分からなかった(^^;

・エドワードがシャンパンに毒薬を混入させて、ラム達が飲もうとした瞬間、生き埋めにされてたハズの悪面フィンが「シャンパンを飲むな!」と叫んだシーンがあまりにもタイミングが良すぎるw

~まとめ~
ん~普通でした。
でも、ラスト5分で意外な真実が明かされるので、ある意味どんでん返しでした!(^^)

ひろっぴ
ひろっぴさん / 2016年10月30日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

支配と開放

変わり者の医者かと思ったら患者が医者に成り変わり…患者のことを本当に考えているのは誰なのか、成る程考えてしまう。

なかなかサイコでハラハラドキドキ、しかも最後は一本とられた。

Bacchus
Bacchusさん / 2016年7月24日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

12件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi