Every Day

劇場公開日:

Every Day

解説

これまで数々の短編作品を発表し、国内外の映画祭で高評価を得てきた手塚悟監督の長編デビュー作。音楽家・haruka nakamuraの楽曲「every day」に着想を得た手塚監督のオリジナル脚本作品で、何気ない日々の積み重ねの中で人が何を思い、生きるのかをテーマに描いた。ある朝、晴之の目の前に、交通事故で昏睡状態になったままのはずの恋人・咲が現れる。咲は「1週間だけ時間をもらった」と言うが……。主演は劇団「ヨーロッパ企画」の俳優・永野宗典、共演に映画やCM、舞台等で活躍する山本真由美。作品誕生のきっかけとなったharuka nakamuraが音楽を担当している。

2015年製作/95分/日本
配給:TEDOYA TOGO

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2016 TEDOYA TOGO

映画レビュー

3.0特別な日

2022年3月14日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

 タイムループものを期待して観たのですが、途中からは幽霊もの?ともとらえつつ、想像してたのとはちょっと違ってた。生きているうちにしなければいけない毎日のこと。若い人に向けたメッセージのようにも思えるし、歳を取ると、なぜか懐かしい日々を思い出すような、そんな可愛らしいアルバムを見せてもらった気持ちになった。

 弁当を中心にした小編を積み重ねて、最後には「死」の覚悟が重くのしかかってくる。職場の仲間たちが中心となるので、昏睡状態にある咲への想いと仲間の優しさが心に響く。ただ、離婚式なんて要らないし、皮肉のように思えて戸惑ってしまった。

 そして、吉田さんが神様だってエピソードはとても良かった。飲んでる人たちがみんな本当に飲んでるようでビックリした。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
kossy

3.5ダラダラ続くEVERY DAYと特別なMONDAY

2022年3月1日
PCから投稿

MONDAYはいつの月曜日なんだろう。
彼女が事故にあった次の日。ではないよね。
ある程度時間が経った月曜日?
だとしたら三井のリアクションがおかしいね。
次の日だったら同僚のリアクションがおかしいね。

TUESDAY。
半信半疑なまま無駄に過ごす。
WEDNESDAY。
やっと二人の時間を取り戻そうとする。
「おかえり」に「ただいま」と返せない日常。
THURSDAY。
進もうとする生活と、思い出に変わりつつある彼女。
FRIDAY。
写真の中に彼女はいない。やっぱりオレの妄想か。
SATURDAY。
突き付けられる現実。やっと本音が伝えられた。
それと、「おかえり」って言ってあげないとな。

「ただいま」
「おかえり」
「ありがとう」
「おはよう」
「おやすみ」
そんなダラダラした毎日を大事にしよう。
と、思った。
そんな映画。

あと、音楽がとても良い。
あまりに良すぎて映画としてマイナス。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
にゃろめ

0.5設定や展開から大いに泣ける結末を迎えるだろうと予想が出来て、

2021年11月24日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

また、それぐらいしか売りはないんじゃないかと思って見続けたが、残念ながら全く泣かなかった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
くそさいと

4.0haruka nakamuraの世界が…。

2021年8月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

単純

幸せ

男として主人公の三井という男がなぜモテるのか解らないが、世の中そういう事らしい…。
一般的にはとても寂しかったり、切なかったりするシチュエーションを無理ぐり笑いながら、痛い笑いで収めている。
大切な事は、当たり前。
当たり前という幸せはそこに…。

映画そのものの内容よりもharuka nakamuraが音楽監督を務めているというだけで、飛び付いた映画だ。是非とも音楽にも耳を傾けてもらいたい。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ウィリー
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る