BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアントのレビュー・感想・評価

BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント

劇場公開日 2016年9月17日
89件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

世界のどこかにBFGがいる

両親のいないソフィー。
ずっとビクビクしながら生きてきたBFG。
「昔の巨人たちは優しかった」とBFGがマルノミたちをたしなめていたので、もしかしたら心優しき他のBFGたちは、マルノミたちに殺されたり追放されたりしてしまったのかな…などと深読みもしてしまう。

はっきり言って起きる出来事は大したことはない。人間に夢を吹き込む仕事をしているBFGがたまたまソフィーに見られてしまい、他の人間に知られることを恐れて拉致してしまう。

後はマルノミら人間を食べることが大好きな巨人たちからの、ソフィーの隠れんぼをスリリングに描くのみで、一つ一つの場面も少し冗長に感じる。

他のファンタジーとちょっと違うなと思ったのは、巨人退治のお願いに、バッキンガム宮殿へ女王陛下に会いに行くところ。

頭の回転がとてつもなく早い女王陛下の毅然とした態度や、どんな相手でも最大限のおもてなしをする、英国紳士淑女たちの振る舞いが滑稽でかつ微笑ましい。

すれ違いや誤解でBFGが襲われる、などのストレスのたまる展開にならず良かった。

BFGが都会の闇に紛れて移動する場面や、巨人の国の場所のぼかしかたなどが上手いと思った。人間は見ているようで、みたいものしか見ない性質をよく捉えているなぁと。

それだけ闇というのはファンタジーに不可欠だし、想像力を掻き立てる。BFGは世界のどこかで子供たちの声にずっと耳を傾けているのかもーー。なんて素敵な世界観は、Peter Panのネバーランドと一緒。

ラストシーンは、ソフィーは孤児院から引き取られたのかな?BFGの書く本は、ソフィーのことかな?などと想像し、胸がじんわりとした。

REX
REXさん / 2018年3月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  幸せ 単純 笑える
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

絵本をそのまま映画にしたような。

児童文学をもとにしたディズニー作品。
まさに絵本をそのまま映像化したような脚本が耳に優しく、BFGが見せる笑顔に癒される。

正直、姿をみられたから女の子を攫って「家に帰さない」という滑り出しに納得がいかなかったのでその後芽生える友情も個人的に受け入れがたい思いが芽生えてしまいこの作品を好きにはなれなかったけれど、子どもが観るとカラフルで光輝く夢たちに思いを馳せられる可愛らしい映画なのかな…。

子ども食べてたマルノミ達だっけ?
考えると結構エグい。

幸ぴこ
幸ぴこさん / 2017年12月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

絵本のような

彼(BFG)は楽しい
彼から流れ出る言葉は分かりやすく
そして奇妙だけど温かく
それでいておもしろい

巨人なのに大きさを感じさせない
小さな子供達でも恐がらずにこのえいがを見れるだろうね

ひとりぼっちとひとりぼっちが仲良くなれば
きっと素晴らしい友達になるって
そう言ってるみたいな
優しい優しい絵本映画

メリッサ・マシスンさんありがとう

カルヴェロ1952ll
カルヴェロ1952llさん / 2017年9月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

児童文学が元ネタらしい

英国女王様まで巻き込んだ割にはアッサリ。コーギーは本当に王室を駆け回っているのか。
いいまつがえるのが特徴のBFGには吹き替えがしっくり。
映像に違和感が無いのはさすが。
おならが笑うところ?
小さな女の子と7メートルの巨人の話かと思いきやBFGも巨人の中では小人級。
オーロラと夢を色とりどりの光で表現し調合する描写がキレイ。
パフォーマンス・キャプチャー撮影と実写撮影を、特別に組んだリアルなセットの中で同時に行うというハイブリッドな撮影方法
児童養護施設の共同寝室内にはE.T.のぬいぐるみが置かれている

e
eさん / 2017年8月8日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

絵本

子供に絵本を読み聞かせるようなテンポのファンタジー。
主人公の少女が巨人の世界に入ってしまい、善人の巨人と力を合わせて悪い巨人をやっつける。
お金のかかったスピルバーグ印の児童映画。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2017年8月1日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 寝られる
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

子供向け(・∀・)

スピルバーグ監督×ディズニーのコラボ映画です。
1人ぼっちの少女と人間を食べない孤独な“やさしい巨人”の友情を描いたファンタジー映画。
ストーリーも単純明快。映像も美しいです。

冷静に考えると、結構酷い内容ですよ。
ある晩、巨人おじいちゃんが少女に自分を見られたからと、少女誘拐し、自分の家に連れて帰って監禁。
二度と家には帰さないなどとめちゃくちゃなことを言います。
その時点でファンタジーどころか幼児拉致監禁事件ですからね。

しかも巨人の国では小さい部類のお爺ちゃん巨人。
他の巨人に虐められています。それに同情したのか
少女は、お爺ちゃん巨人を応援するように。。。
いつしか友情が芽生えます。

ただ淡々と進んでいくので
盛り上がりに欠けますね。
英国王室のシーンが一番(・∀・)ワクワク♡しました。

でも人間を食べる巨人が、そんなに悪いのか??
彼らも生きる為でしょう?
人間の解釈で悪者に決めつけるのはいかがなものかと。
「人間に都合の悪い生き物を追い出した」だけのように見えました。

原作が児童文学ですから、そこまで深く考えるべきではないでしょうけど。

観終わっても何も心に響かない映画でしたね。
ただ最後のお爺ちゃんの巨人の笑顔が素敵でした(*´ω`*)ほっこり♡

えみR
えみRさん / 2017年8月1日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

みんなで見たかったのに・・・

みんなで見に行こうと友人達を誘ったのですが、
巨人の話だと言ったら、それだけで断られてしまいました。
とってもいいお話なんですよ。
映画もすごく良かったです。
心温まります。
子供が巨人を気持ち悪がっているから
見せたくないということで、
友人たちは見なかったんです。
映画館は一緒に行きませんでした。
DVDを見せたら、とてもいい映画だって
言ってました。

Senju Nsk
Senju Nskさん / 2017年7月6日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

スピルバーグ。

スピルバーグ色が非常に強い映画でした。
父親要素、ホラー要素、完全懲悪。スカッとする映画でした。
イギリス王室が好きになります。

ねじまき鳥
ねじまき鳥さん / 2017年6月17日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

プップクプーとプリプリプー

プップクプーとプリプリプー

エビちゃん
エビちゃんさん / 2017年5月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白かったけど、あまり集中して見れなかった。 淡々と進んでた感じがした。

面白かったけど、あまり集中して見れなかった。
淡々と進んでた感じがした。

Mi-ku
Mi-kuさん / 2017年5月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

キュウリが嫌いになった。

天涯孤独の薄幸な少女が、奇っ怪な巨人に拉致られ、さあ~大変!

2017年4月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

声だして笑った。ほっこり。

思ったより楽しかった!
子供向けではあるんだけど、イギリスっぽいユーモアが効いてて大人でも楽しめる。
後半のあるシーンでは、声だして笑っちゃいましたw
BFGもなんだけど、後半出てくる大人たちが大変チャーミングでよかった。
結末的にはちょっと切ないんだけど、ほっこりする。さすがスピルバーグさんなのです。

NAO
NAOさん / 2017年4月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

吹替は微妙

物ひとつひとつのスケール感が異世界。

Lanseros
Lanserosさん / 2017年4月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

BFG

技術がすごいね

まきお
まきおさん / 2017年4月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

プップクプーが全て

面白くないだろうと思ってずっと見てたら、いつの間にかエンディングを迎えてた。
凄い面白いわけじゃないけど悪くなかった。何が言いたいのかは分からないけど不思議とワクワクした。
今思ったけど、この映画こそ夢を見て起きたときのような、なんか訳わからない不思議な夢を見たけど心が温かいなぁと言う感じだった。
途中ダレたたけど、ワクワクするようなカメラワークとずっと見てると癖になる愛嬌と人間味あるBFGの表情にいつの間にか映画の世界に引き込まれていた。

スピルバーグは子どもの味方。子どもと観るのに持ってこいの映画でした。
プップクプーが最高です。

奥嶋ひろまさ
奥嶋ひろまささん / 2017年3月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

心がじんわり暖かくなる ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

とっても素敵なファンタジー映画でした。

映像はとても美しく素敵で
BFGの表情で一喜一憂させられました。

孤児院で育つソフィにはきっと
心を通い合わせる相手がいなかったのでしょう。
また、セリフでルールだらけで罰として地下室に閉じ込められると言っているので良い環境では無かったのだろうと思います。

BFGも同族の巨人がいるものの
こころが通い合う相手ではなく、たとえ同じ場所に住んでいたとしても孤独だったことでしょう。

そんな2人が心を通い合わせ、
最後は別々の生活になったものの
強い心の繋がりを感じて胸が熱くなりました。

ただ、あくまでファンタジーなので
現実的にしか理解出来ない方には適しません。

おきあみ
おきあみさん / 2017年3月21日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

この手の映画 とても大好きです。 流石スピルバーグですね〜

この手の映画
とても大好きです。
流石スピルバーグですね〜

toshi
toshiさん / 2017年2月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

夢作りの巨人

楽しめるお話でした。巨人とソフィーの関係が好き!夢を作ってるところが好き!

海(カイ)
海(カイ)さん / 2017年2月13日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よかった

レビューはそこそこでしたが私的にはすごくよかったです。
面白いしたのしい。ヒヤヒヤもあるし。
確かにちょっと子供向けかな?とは思いましたが大人でも充分楽しめました!終わり方も好き。
CGの技術もすごいです\(^o^)/

にゃんにゃん
にゃんにゃんさん / 2017年2月12日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

子供向けギャグ・ファンタジー ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

原作はよく知らないが、おそらくは子供向けの作品なのであろう。映画が幕を開け物語が進んでくると、その荒唐無稽さに一瞬驚く。というか、ストーリー自体があってないようなもの。上から下へ泡が落ちるジュースでおならを出したり、巨人たちが車で悪ふざけをしたり、突然女王陛下のもとへ出向いたりと、漫画的な展開に一瞬にして飛んで行ってしまう。これはファンタジー?というよりも、ギャグマンガ?とでもいいたいような。つまりは同原作者の「チャーリーとチョコレート工場」のような作品なのだろう。それならそれでいい。しかし何を間違ったか、それをスピルバーグが彼の映像技術と演出技術とを駆使して映画化してしまったため、本来物語が持っているおかしな魅力と、スピルバーグの真っ当なファンタジー性とが食い違って、ちぐはぐな印象になってしまったようだ。ティム・バートンとジョニー・デップでやらせてたらまた意味合いは違っていたかも。緑のおならも女王陛下もシュールなゴシックファンタジーとして魅せ切ったかも知れない。ただスピルバーグはこの題材に真っ当なファンタジーの演出を与えてしまった。物語と演出の完全なる齟齬。これはまるで「フック」(1991)の二の舞?

とは言え映像は夢の世界そのものでキラキラゆらゆらとしてとっても綺麗。こういうところはさすがのスピルバーグ。ただCGとヒロインの少女の間に歴然とした壁を感じたのも事実で、モーションキャプチャで演技をするマーク・ライランスとヒロインを演じたルビー・バーンヒルの間にはっきりと境界線が見えるような感覚。「ジャングル・ブック」を見てしまった今となっては、すっかりCGの目も肥えて、この程度では違和感すら覚えるようになってしまったか・・・なんて。

天秤座ルネッサンス
天秤座ルネッサンスさん / 2017年1月29日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

89件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi