グレート・ウォリアーズ 欲望の剣

解説

「ロボコップ」「スターシップ・トゥルーパーズ」の鬼才ポール・バーホーベンが1985年に手がけたアクション。戦乱が続く中世ヨーロッパ。領主アーノルフィニに雇われた傭兵マーティンは、仲間たちとともに敵の城塞を攻略する。しかしアーノルフィニは約束の報酬を払わずにマーティンたちを追放してしまう。復讐を誓ったマーティンたちは手始めに荷馬車を襲撃し、小さな城を占領する。戦利品の中には、アーノルフィニの息子スティーブンの許婚であるアニエスがいた。スティーブンはアニエスを救うべく、マーティンたちの立てこもる城に攻め込むが……。傭兵マーティンを「ブレードランナー」のルトガー・ハウアー、アニエスを「ルームメイト」のジェニファー・ジェイソン・リーが演じた。「スピード」で監督デビューする前のヤン・デ・ボンが撮影を担当。

1985年製作/126分/アメリカ・オランダ合作
原題:Flesh+Blood

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

映画レビュー

3.5ペストの犬

2022年11月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

興奮

萌える

ジェニファー・ジェイソン・リーが『初体験/リッジモント・ハイ』に続いて潔い脱ぎっぷり、モザイク掛かるけど男性はモロ出しの不思議感、単にアクションアドベンチャーかと思いきやそこはポール・バーホーベンの成せる技、エロからグロへと子供が観るには刺激的。

悪役にも取れるルトガー・ハウアーがシリーズ化にも出来そうな傷心の主人公を、揺れる乙女心を妖艶に最後までハッキリさせないヒロイン像が魅力的なジェニファー・ジェイソン・リーが素晴らしい。

見慣れた役者がチラホラと外野がウルさくて過剰な演技が玉に瑕、先に物語があるのならばハッピーエンドが覆されそうな余韻が残る終わり方でジャンル違いでも映画に出来そう!?

コメントする (0件)
共感した! 0件)
万年 東一

2.5女のしたたかさ

2022年3月31日
Androidアプリから投稿

当初ルトガー・ハウアー演じる主人公の復讐劇かと思いきや、結局は王子とお姫様のラブストーリーですか。

この作品は主人公マーチンがなんとなくブレてる気がするんだよな。変に良心が残ってて中途半端って感じ。でも成り行きでリーダーになり、周りに踊らされた感もあるよな。

傭兵崩れの復讐者マーチンや科学者志望の王子様よりも印象に残ったのが捕らわれの許嫁のアグネス。
生き残る為に股を開き、媚びを売り、周りに馴染む為に汚い言葉を吐く。この時代の貴族にとってとてつもない苦痛だろうにそれを耐える。正直凄いよ。

でも敵とはいえ、優しくしてくれたマーチンに対しても好意があり、最終的に見逃すのは義理か乙女心か。

派手なアクションシーンとかはないが、中々引き込まれる映画でした。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
カミムラ

4.0活劇

2020年4月12日
iPhoneアプリから投稿

それだけで十分に愉しめる内容。戦車と攻城戦のシーンにはその構図が楽しいし、大セットをぶっ壊す迫力に圧倒させられる。
それでありながらフックが効いたシーンが多数。腐乱死体がぶら下がる木の下で永遠の愛を誓う儀式を行うという異様なシーン。一体何を見せられているのか?と自問してしまう。恥辱を受けざるを得ない中でも自分のポジションを探りつづけるアグネス。男どもの立場の激しく切り替わるドラマの中で彼女がどのように乗り切っていくかがスリル要素として用意されており、そこにドギマギする。単に世渡りというだけではない情を絡めた彼女の複雑な振る舞い、同監督の後年の作品と共通する。
アグネスによって地位を追われたマーティンの情婦スーザンの哀しき話でもある。それに堪える姿をカメラはとらえている。ゲイカップルや隊長とスナイパー修道女なども、そこにフォーカスすれば、それだけで1本になりそうな豊富な設定を放り込んでくる。
当然のことながらルドガーハウザーの圧倒的な存在感なくして成立しえない映画でもある。それが中世感なのか、脱ぎっぷりの良さも見所。影画を再利用して、ジェニファーの肢体と乳首を浮かび上がらせる悪趣味演出にニヤリ。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
Kj
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「グレート・ウォリアーズ 欲望の剣」以外にこんな作品をCheck-inしています。