バースデーカードのレビュー・感想・評価

バースデーカード

劇場公開日 2016年10月22日
64件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

とてもよかった

須賀健太くん目当てで見たのですが、とてもよかったです!
家族愛の映画で、ここまでまっすぐ心に入ってくるのも久しぶりだなあ、と思いました。
万人におすすめしたい映画。

mi ki
mi kiさん / 2019年3月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

宮崎あおいの趣味が活きている

以前日本アカデミー賞受賞式時、この映画内にて刺繍・編み物している姿に、私生活でも趣味・得意だという宮崎あおいのインタビューを思い出しながら鑑賞。

やはり、上手かったw
これが後々、この物語の重要ポイントになるとは知る余地も無い訳で、、、。

さて内容ですが、主人公紀子(成人役 橋本愛)が10歳の時、母親芳恵(宮崎あおい)が病気にて亡くなる。
亡くなる前、子供宛に毎年バースデー用の手紙を用意する訳ですが。

理想的なマイホームで理想的な家族、グレる事ない子供達で少々嫉妬・共感薄い面があるが、母親の手紙は心に届くものがあるし、それに従い育つ子供達には心温まるものがあった。

しかし中盤での母親地元の際、ピンクレディの話があったが、どう考えても母親芳恵の世代では無いと思ってしまった。ここが寒かったw

後半は少しダレて来たきた感はありました。
しかし、ラストシーンは凄く良かったです。
もう「母親の得意技かよ!」って。
羨ましいと思う事でしょう。

手紙っていいですよね。
最近は活用減りましたけど、直接話すや電話、LINEよりかは本音を書けるというか、心に残るというか。

良かったですよ。
宮崎あおい無しでは観られないので評価少し厳しいですが、家族の暖かい御話を観たい方はどうぞ。

巫女雷男
巫女雷男さん / 2018年11月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

私も母を中学生の時病気で亡くしました。

母に聞きたかったこと。
母と過ごしたかった今までの日々。
教えてくれるはずだった母の得意料理。

足りないものが多すぎて
それでも誰が悪い訳でもなく
誰を責められるわけでもなく
ずっとずっと心の隙間は大きくなる。

周りの人のほんの少しの当たり前が羨ましい、
周りの人の嫌がる当たり前が羨ましい。
そしてその当たり前を目にして、悲しい。

19歳の紀子に届く手紙
『ママは19歳の紀子がどんな紀子でも、大好きです。』

私は今年19歳になりました。
慣れない一人暮らし、たまに日々を投げ出したくなって苦しくなる。
でも、それぞれに頑張る大好きな家族を心配させたくなくて、そんな気持ちの行き場はどこにもなくて。
毎日を適当に過ごす、寂しさは埋まらない。
ドンピシャでこの言葉が心に刺さりました。

分かっている。
この歳になって、何を言われても大抵の事は
そんなことわかっている、と思う。
わかってはいるけど上手く出来ないから、悩む苦しい。
だからこそ、どんな自分にも無償で愛をくれる母の存在は大きい。

あー、会いたい、会いたい。

私とママが空で会えた時
私は自分の人生、満足したって言えるように
目の前にある毎日を私らしく過ごしたい。
たまにまた挫けると思う。
悲しくて、やりきれない日もあると思う。
それでもまた、深呼吸して1日を噛み締めて生きていきます。

たくさん泣きました。
家族構成や、家族の人柄
私の家族とそっくりで、重なりました。

ずっと見たかった映画、観れて良かったです。

も
さん / 2018年11月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良い話なんだけど

自分には刺さらず。

@Jankichi@
@Jankichi@さん / 2018年8月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

思いがけない、良作。

「亡くなった母から、誕生日に毎年バースデーカードが届く」。この設定、1980年のマーガレット系で出版された、大谷博子さんの「由似へ」シリーズと同じ。手紙がカードに変わっただけです。漫画が号泣ものだったのでどうかなあと思ってみてました。

これよくある作品だったら、1時間半で終わってます、きっと。
その20歳になった最後の手紙から、ノンちゃんが今度は自分で動く姿が、めちゃくちゃいい。そうきたかー。
ほろり来ました。親が子にできることは、せいぜい20歳までだよな。

姉弟の成長を、よく似た子役さんでうまくつないでました。

最後の弟役の須賀君、グッジョブ。

fukui42
fukui42さん / 2018年4月4日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

優しい作り

号泣程ではないか、心温まる優しい映画。
宮﨑あおいさんの母親像が見事に演じられて、ますます好きな女優さんになりました。

ツアステ侍
ツアステ侍さん / 2018年3月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

安曇野?海?あー、諏訪湖かとなる映画。

安曇野?海?あー、諏訪湖かとなる映画。

デブ・ピエロ
デブ・ピエロさん / 2018年2月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ジンワリ心に響く、泣ける映画でした

これはまた思いっ切りド直球の泣かせ系映画でしたね。
ただ号泣タイプと言うよりは、どちらかと言えばジンワリタイプの泣かせ系映画だったでしょうか、湿っぽいお涙頂戴的ストーリーではなく、爽やかに、程好く笑えるシーンを交えつつ、それでいてジンワリ心に響くタイプのストーリー構成でしたので。
派手な演出は少なく、割と淡々と話が進むタイプの映画でしたので、そこで好みは分かれそうですが、私はこう言うジワッとくるタイプの映画は好きなので、とてもいい映画だなと思いながら楽しませてもらいました、そして最後はやっぱり感動させられましたね、お母さんの思いが伝わってくる素晴らしい隠し玉でした。
お母さん目線、娘目線、勿論お父さん目線も含めて、どの目線で見ても感情移入できて感動できる、とても温かくて優しい映画だったなと思いましたよ。

どこにでもいる極々平凡な家族の物語だったのも、物凄く身近に感じられて心に届きやすかったですね、多少ご都合主義な部分もありはしましたが、そこはご愛嬌と言うことで・・・。
基本母と娘の話に絞ったのも私的には好ポイントでしたね、それでいて邪魔しない程度に弟と父もストーリーに関わってくる構成が、何気に上手いなと思いました。
人はいつ病気や事故で命を落とすかなんて予想がつきません、でも、もしそうなった時どうするか、逝ってしまう側、残される側、どちらになるかは分かりませんが、まあ何かと考えさせられましたね・・・何気ない日常の中にも幸せはそこかしこに散りばめられている、そんなことを気付かせてくれる、ホント素敵な映画だったと思いました。

しかし母親・芳恵役の宮崎あおいが最高すぎてまいった、天使のようなお母さんだったなぁ、娘への愛情の深さもグッと伝わってきました、お母さんとのんちゃんの何気ない日々、その描写の一つ一つがまるで宝物のように感じられて、見ていて本当に温かい気持ちにさせられました。
だからこそ、お母さんの無念たるや・・・そんなお母さんの思いが詰まったバースデーカードが20歳まで毎年届く、それだけでもう泣けてきます、最後の方に見せた迷いも物凄く印象深かったです。
それと手紙の中身が意外とファンキーな内容だったりしたのも、過去を紐解けば物凄く納得でした、少女時代を過ごした小豆島のシーンが何気にいいスパイスとなっていた作品でしたね、親友役の木村多江の好演も光りました。

一方の娘・紀子役の橋本愛も、引っ込み思案であまり前に出てこない感じが役にピタリ嵌っていて、本当に素晴らしい演技・存在感でした、紀子の成長物語をクイズで表現する手法もなかなか味のある演出で面白みがあったと思いました、アタック25を宣伝し過ぎなところは若干マイナスでしたけど。
宮崎あおい、橋本愛、素敵すぎる2人を見れただけでも、個人的には見て全然損は無い映画でしたね。
地味にユースケ・サンタマリアお父さんに須賀健太、それから中村蒼に子役達も皆いい味出していて、ホント素晴らしい家族愛を堪能させてもらいました、まあいい話過ぎてちょっとむず痒かったところもありはしましたけどね。

スペランカー
スペランカーさん / 2018年1月11日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

いい。これは泣いてしまう。最初からグッときてわーでした。そして須賀...

いい。これは泣いてしまう。最初からグッときてわーでした。そして須賀健太さんが素敵な俳優さんになって、最高です。

ころ
ころさん / 2017年12月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

号泣です

良い映画をありがとうございます!

movieholic
movieholicさん / 2017年11月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

宮崎あおい

好きだな~

トタ助
トタ助さん / 2017年9月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

感動 またちょいちょい小ネタが入ってきて、その後にまた母親のシーン...

感動
またちょいちょい小ネタが入ってきて、その後にまた母親のシーンになるとぐっとくる

dartstwo
dartstwoさん / 2017年9月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

橋本愛のキャラがいい

早くして亡くなった宮崎あおい演じる母親から毎年誕生日に届くバースデーカード。そこに書かれた母親からのアドバイスに従う橋本愛演じる娘。その娘の挑戦を描く。
最初の面接のシーン。人生をかけた就職活動とかのものかと思ったら、何とアタック25への出場をかけた面接とは。これは意外で面白い。また、この頃の橋本愛演じる主人公のキャラが明るく親しみやすいものになったのもグッド。
最後の予想外の弟を経由した母親からの手紙は当然ながら、終始目が潤むシーンが続く、なかなか感動的な作品だった。
ユースケ・サンタマリアも、娘を叱るシーン等、いい味を出していた。

321
321さん / 2017年8月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

良い作品でした

なんの先入観もなく、ビデオ屋さんで手に取りました。
思いがけず、素晴らしい作品に出会えて、良かったです。
原作も読んでみようと思います。

なつすけ
なつすけさん / 2017年5月28日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  幸せ 泣ける 笑える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

母親の愛

手紙に込めた母親の愛、いいですね。
生きて直接伝えるのとは違う親の愛の伝え方があるものですね。

ちびちょ
ちびちょさん / 2017年5月13日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

アタック25で冷めた

時間の無駄
途中までみれたが、クイズ番組からもう見るに耐えれない。

へまち
へまちさん / 2017年5月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

泣いた

久しぶりに号泣させれました。
主人公が成長していく中で、母親ってすごく大事な存在なんだと改めて実感してしまいました。

橋本愛さんも宮崎あおいさんも素敵な女優さん!特に宮崎さんのあったかくて優しいお母さんっぷりがジーンときました。
ユースケさん、いい味出してる(笑)

ちえみんぐ
ちえみんぐさん / 2017年5月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

よい

悲しい気持ちになった
宮崎あおいも橋本愛もかわいかった

あすか
あすかさん / 2017年4月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

主人公の成長を感じます。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

亡くなった母から大人になるまで毎年届くバースデーカード。こういう世界観、好きです!

海(カイ)
海(カイ)さん / 2017年4月19日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

一番感動した作品

アラフォーですが、今まで観た映画の中で一番感動しました。
宮崎あおいさん演じる母が、自分の死を迎える中で、一生懸命子供達のために手紙を残すという行為には、親としての本当の優しさを感じ、泣かずにはいられませんでした。特に19歳の誕生日のところは、とても良いシーンでした。
その後のアタック25の展開も、めっちゃ面白かったです。橋本愛さんのコミカルな演技が、すごい可愛らしく、幸せになっていく展開が嬉しかったです。
あと、ユースケ・サンタマリアさん演じるカッコイイ父親の役は、ハマり過ぎてます笑
この映画に出てくる登場人物は、皆がとても魅力に溢れています。物質的な幸福ばかり求める便利な今の世の中で、本当の幸せな生き方とは何かを考えさせてくれる映画です。

たいが
たいがさん / 2017年1月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

64件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報