シャザム! 特集: 【結論:シャザム、想像以上に“ 大正義”!】マジで笑えて、ちょっとエモい…

ホーム > 作品情報 > 映画「シャザム!」 > 特集 > 【結論:シャザム、想像以上に“ 大正義”!】マジで笑えて、ちょっとエモい…
メニュー

シャザム!

劇場公開日 2019年4月19日
2019年4月8日更新

【結論:シャザム、想像以上に“大正義”!】マジで笑えて、ちょっとエモい
本編レビュー、今から「アメコミ映画史上“最年少”ヒーロー」の感想を記す──
【全米No.1!!】《ダサかわ》で《爆笑》! 心もほかほか、鑑賞後感が最高!!

画像1

もともと期待はしていた。そりゃあもうものすごく。だが、こんなにも“お気に入り”になるとは……! 何って? かつてないアメコミ映画「シャザム!」(4月19日公開)に決まってるじゃないか! この「見た目はオトナ、中身はコドモ」の“ダサかわ”ヒーロー、笑えるだけじゃなく最高にグッとくる! ギャグ、アクション、ノリ、予想外の「エモい」ドラマ……人々がエンターテインメントに求めるものが全て網羅され、見ている間とにかくずっと幸せなのだ。断言しよう、キミも間違いなくホレる!


【ネタバレなしで感想】 一言で表現すると、最&高──
映画.comの“GWイチオシ作”に、断然入ります!

画像2

底抜けに明るく、楽しく、しかもエモくて、見た後は超・爽快! 本作は、まさに「みんなが待っていた」一級の娯楽作だ。悪ガキがムッキムキのヒーローに変身するという「ワクワク感」、これまでのアメコミヒーロー映画の“あるある”を茶化しちゃう「悪ノリ感」、王道かつ大迫力の「バトル」、実はアツい「友情ドラマ」……良いところを挙げたらキリがない。ぜひ、本作の素晴らしさを前のめりで紹介させてくれ! もちろんネタバレは無し。安心してほしい!

画像3

[“笑い”が――ぶっちぎり!]
試写会場爆笑! “中身はコドモ”だからアレもコレもやりまくり!!

これほど面白い“ギャップ”は、今までの映画にはなかった! 稲妻パワーに怪力、シャザムが手に入れた力に全力ではしゃぎまくる姿には爆笑の連続で、こっちもつられて高揚してくる。ゲラゲラ笑ってしっかり共感、2時間通してずっと楽しい!

画像4

[“キャラ”が――超キテた!]
あえての“ダサかわ”にKO! “ヒーロー覚醒”の瞬間がエモい!

「パッツパツなスーツ、ちょっと古臭い……」なんて思うかもしれないが、これはすべて“あえて”の演出。見ているうちに、かわいく思えてくるから不思議。そして、身寄りのなかった主人公が、同じ里親宅に暮らす親友を助けるために“真のヒーロー”に覚醒する姿を見ちゃったら……とんでもなくカッコいいとしか感じなくなる! ドラマ部分も完成度が超高い!

画像5

[“クオリティ”が――本物!]
「アクアマン」も超良かったけど……映画.com的にはシャザムも最&高!

アクアマン」を大成功に導いたDC映画だけあって、ふざけっぱなしでは決して終わらず、むしろ超一級の大作映画の要素がぎっしり。全力で観客を楽しませようとする熱意とユーモアが、見る者の血潮を沸騰させる!

画像6

【予告編】見た目は大人、中身はコドモ! “ダサかわ”ヒーローが世界を救う!?

[“映画ネタ”が――最高!]
「ハリポタ」「ロッキー」「ボラプ」……映画ネタがモリッモリだった!

映画ファンならうれしい小ネタも満載! 「ロッキー」のあの階段で●●するシーンは、腹筋崩壊だ。他にも「ハリー・ポッター」や「ロード・オブ・ザ・リング」、さらに日本でも大ヒットした「ボヘミアン・ラプソディ」のあの曲が、あんなシーンやこんなシーンで使われる! これは見るっきゃないだろ!?

画像7

[“アメコミイジり”が――飛ばしすぎ!]
DCヒーローのよしみ!? アクアマンもバットマンもイジり放題だった

バットマンを●●呼ばわり!? 親友はヒーローオタク!? 「同じ“仲間”だからいいよね?」ってな感じで、他の映画だったら絶対にできないような攻め具合でDCヒーローをイジりまくり! 小道具に衣装、本当に細かい部分にまでネタが大量に隠されているから、何度も見てほしい!

画像8

[“エンディング”が――ヤバい!]
うおおおお! まさか●●が××する、だと!? 「キタコレ」感が半端ない!

「こんだけ好き放題にやってる映画、ラストはどうなるの?」と思ったら、クライマックスのバトルでは超ビッグサプライズが! いやさすがにこれは予測できないぞ……だが、これはまさに「完・璧・以・上」! カタルシスが半端じゃねぇ……しかも、それ“だけ”では終わらない。劇場で存分に驚け!

画像9

[総括:繰り返すけど、コレ見ないとダメなヤツだよ!]
辛口レビューサイトも海外批評家も大絶賛→全米No.1大ヒット!

全米初登場No.1の大ヒットを記録したばかりでなく、全米最大級の映画批評サイト「Rotten Tomatoes」では、まさかまさかの93%という超高得点をたたき出し、全世界を騒然とさせた! 映画のプロも、もちろん観客も、みんなが愛さずにはいられない「抜群にイカすキャラ」&「超アガるヒーロー誕生の物語」、絶対に見てくれよな!

画像10

【みんなあったよね?】“大人”とか、“ヒーロー”になれたら●●したい!
この映画、それ全部かないます! “わかりみ”深すぎ《妄想劇場》開幕!!

画像11

諸君、「シャザム!」の素晴らしさはお分かりいただけただろうか……。だが、まだまだ不十分だ。「ここだけは絶対に見てほしい」という部分を、もっとプレゼンさせてくれ! それは、“できたらいいな”な夢をかなえてくれるところ! 「大人になったらやりたい」と思っていた“願望”も「ヒーローになれたらしてみたい」な“妄想”も、全部実現しちゃう! 他作品と比べて、“共感性”と“ワクワク感”が比べ物にならないのだ。

画像12
・大人になれたら……まずカンパイ! 《ビール》買うよね? ・大人になれたら……全男子の悲願! 《ムフフなお店》に突撃するよな? ・大人になれたら……一国一城の主ってか!? 《豪邸》手に入れるよね? ・ヒーローになれたら……コンビニ強盗? “らしく”《敵を倒す》よね? ・ヒーローになれたら……《YouTuber》になって“能力”動画更新しまくり? ・ヒーローになれたら……《ヴィラン》に会ったらテンション上がるよな?
画像13

ヒーローコスチュームを身に着けたシャザムが、「酒を買う」「大人のお店に行く」「不動産会社に突撃する」などの“ザ・ベタ”な行動に走るシーンは、ルックの「ギャップ」と内容の「共感性」が融合し、かつてない大爆笑を巻き起こす! スーパーパワーをスマホの充電に使ったり、「能力テスト」の動画を上げまくったり、悪者に遭遇して歓喜したり……発想も思考も究極的に“庶民”なヒーローが、こんなにも面白いなんて! 新鮮かつ最大級の“笑い”が詰まった本作、童心に返って全身で楽しみ尽くせ!

「シャザム!」の特集

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

笑えて、愛情たっぷり。新ヒーローと新鋭監督のW覚醒は必見に値する
映画評論

ホラー出身の新鋭監督が、突如、エンタテインメントのど真ん中で快進撃をぶちかます。そんな魔法の様な顛末が本当に起こりうるのだ。その刹那、サンドバーグ監督が自ら「シャザム!」と唱えたのかどうかは知らないが、結果から言って本作は従来のヒーロ...映画評論

フォトギャラリー

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す