疑惑のチャンピオンのレビュー・感想・評価

疑惑のチャンピオン

劇場公開日 2016年7月2日
38件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

スポーツビジネスとマスメディアの闇

人は、信じられるものを探し求めるあまり、事実らしいものを偽造してしまう傾向があるのかもしれない。マスメディアは、この傾向を極端に強める道具になっている。マスコミが作った熱狂を、マスコミの内部で真実の追求の名の下に突き崩そうという抗争があるのは、自己矛盾だと思った。人間誰しもが持っている優しさや正義は、偽善や功名心と渾然一体となっている。それがメディアを通じて色んな人の利害を巻き込んでいくと、物凄く歪んだ極端な虚構が出来上がる、という構図をとてもよく表す具体例だと思った。

a0064
a0064さん / 2019年1月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

勝てば官軍

勝つためなら何をしてもOK。
そんな狂気を淡々と描いた、実話ベースのドラマ。

別に薬物使用を肯定するつもりはないけど、
純粋にもっと強く、もっと速く、と追求したとき
そこにドーピングが含まれることは
ある意味で自然なのかも、と思ってしまった。
もちろんルールで禁止されてるし、倫理的にNGというのはあるんだけど。

mar
marさん / 2018年12月21日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ここまでとは…

僕がツールドフランスを見てたのが丁度ランスアームストロングが6連覇7連覇する頃で、ツールと言えばランスであった。
それからツールを見なくなり、久しぶりに触れたツールドフランスはランスアームストロングがドーピングで7連覇剥奪のニュースだった。

僕も何処かで癌を克服したヒーローがそんな事するわけない。と思って恐々観てみたら、
思ってた以上に汚れたダークヒーローだった。

まず、自己中心的で高圧的な性格に幻滅し、
禁止薬物に溺れて行く様に悲しくなった。

癌になる前薬物に溺れて、癌以降薬物から遠ざかるなら分かるのだけど、それ以降さらに摂取して体を痛めてまで薬物に手を出す、その心理はなんなのだろう。
死を身近に感じて、何としてでもなにかを成し遂げようと思ったのだろうか?

ある格闘家が相手がドーピングしてても構わない、
勝てば良いだけ。と言っていたのを思い出し、
ドーピングしてでも勝ちたい。と言う気持ちはアスリートとしてはやり方は絶対悪だけど、
正しいような気もしている。
それにしてもツールと言う世界自体が汚れすぎてて、
今はクリーンなのかとても気になりました。

自分だけ陽性になり、全部喋り始める本チームメイトも、ラストにツールには絶対的な勝者が必要なと言うランスアームストロングも、みんな狂ってた。

奥嶋ひろまさ
奥嶋ひろまささん / 2018年7月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

黒塗りの王者〜勝つために手段を選ばない男〜

サイクリングが趣味でロードバイクに乗っていることもあり、
興味本位で本作をみた。
主人公であるランス・アームストロングのことは、
ガンを克服しツール・ド・フランスで
7年連続総合優勝という偉業を成し遂げたが、
後にドーピングのため自転車ロードレース業界を
追放されたという概要は知っているが、詳しい経緯などは知らない。

映画を見てはじめて知ったのは、
アームストロングがどっぷりドーピングにハマっていたこと。
もっと葛藤みたいなものがある中、
勝ちたい気持ちを抑えられず
ドーピングに手を染めてしまったのだと思っていた。
が、実際は違った。
勝つためには手段を選ばない。
まるでトレーニングの一部かのごとく
ドーピングを行なっていたのが印象的だった。

この映画はデヴィッド・ウォルシュという
イギリスのサンデー・タイムス記者が
アームストロングの不正を暴いたノンフィクションを
実写化したものだ。
ウォルシュはデビュー当時からアームストロングに注目していた。
だからこそ、癌から復帰したあとのアームストロングが、
苦手だったヒルクライムを驚異的なスピードで登っていく様子に
疑問を抱いた。
アームストロングといえば、
癌患者の精神的支柱、復活の象徴、自転車ロードレース業界の
ヒーローだ。チームメイトも、UCI(国際自転車競技連合)も、
マスメディアも何も言わない。
黒い噂が絶えなかったのにだ。
ウォルシュだけがジャーナリストとして
この問題に正面から立ち向かう。

この一連の流れで感じたのは、
自転車ロードレース業界の根腐った環境だ。
ドーピングが当たり前で、
バレなければオーケーみたいな風潮があった。
UCIも規制強化に乗り出すが、
一度腐った風土はそう簡単には変えられない。
アームストロングも悪いが、ドーピングを野放しにしてきた
業界全体も悪い。
起きるべくして起きた事件ではないだろうか。
今現在もドーピングのイメージが残る自転車ロードレース。
それでもこの当時と比べると、
約10年でずいぶん良くなったと思う。
現状と比較しながら見ていくと、
当時のずさんさがよくわかり作品理解が
深まるのではないだろうか。
ウォルシュのようなジャーナリストが今後も現れ続ければ、
きっと自転車ロードレース業界全体が
クリーンになるのだろうと思った。

映画全体の流れとしては非常にわかりやすく、
どんどん際限がなくなっていくランスがよく描かれていたと思う。
富と権力を持ったアームストロングは、
自分にとって都合の悪い噂は
なんでも揉み消せると思うようになる。まるで王様だ。
ドーピング検査で陽性反応が出た際はUCIを金で買収する。
勝ち方が気に入らないチームメイトは丸め込む。
なんでもありだ。
しかし、ウォルシュの告発記事をキッカケに失墜。
1人の人間の栄光と転落を表したノンフィクション映画として
楽しめると思う。

最後に、「疑惑のチャンピオン」というタイトルが
最後まで引っかかった。
なぜ「疑惑」なのか。監督はアームストロングのことを
信じたいのではないかと思った。
認めたくないというか。
だからこそ映画の最後に2015年のランスの言葉を紹介している。「ツールファンに勝者は絶対必要だ。
私は7回のツールで勝利したと思う」と。
アームストロングがまた陽の目を見る日を
楽しみにしているのかなと思った。

YuuuuuTA
YuuuuuTAさん / 2017年8月14日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

思ったより淡々としていた

自転車が好きなので、一時はスーパースターだったランスの映画ということで興味があって見ました。
全体的に淡々としている感じ。
ドキュメンタリーのような、あたりさわりのない内容って感じ。
ランスの許可がなかなかおりなかったんだろうか(笑)

日本ではドーピングの話題はあまり耳にしないですが、ツールドフランスの世界ではやらないと勝負できない、のかなあ。
大変だなあと思った。

もうちょっとえぐってほしかったかな。

いくみ
いくみさん / 2017年6月30日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 難しい 寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

こちらがドラマ形式

ランス・アームストロングのドーピング人生をドラマ形式で描いている。
詰めが甘く、ランスが追い詰められていく様子が単調。
権威に弱いのはメディアも同じ。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2017年5月11日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

世界的競技の裏側が観れて良かった。

ランスアームストロングと言えばツールドフランス(自転車大会最高峰)でかつて7年間王者に輝いていた人間だ。
このスポーツを知らない人にどんなに強かった人か例えるには、相撲に例えると「昭和の名横綱、千代の富士」。ゴルフに例えると「全盛期のタイガーウッズ」。F1に例えると「フェラーリ時代のミハエルシューマッハ」である。

ツールドフランスが2000年ぐらいから日本でも有名になり、私もこのスポーツに魅力された1人。
だから興味があり、この作品を観た。
当時のランス(苦手は道でも飄々と走る姿)を観ていない人間にとっては、事前学習無しと言う事で面白みが無いだろう。

簡単にドーピングしたとレビューしている人がいる様だが、この映画は簡単には語っていない。
「ギリギリの所で科学的行動を起こし、陽性を逃れているのである。」
ドーピングの基準となる検査の裏側が面白い。
この映画はそういった裏側行動の中身を重視した描写があり、観る側を楽しませる。
(元々裏側に焦点を合わせた映画なので、表は普段ツールドフランスを観ている人にとっては丁度いい。表観たかったらツールドフランス観て下さいとしか言えない。)

競技をする仲間達、ドーピングを裏づけようとする記者達。チームの流れ&時代の流れも感じさせる。
また、第一線のスポーツ選手は表でも裏でもギリギリの戦いをしているのだなと感じさせくれる映画。

スポーツマン&スポーツ鑑賞好きなら楽しめます。
ツールドフランス好きなら最高です。

巫女雷男
巫女雷男さん / 2017年4月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ツール・ド・フランスに棲む魔物

自転車競技界において、厳格で公平なドーピングチェック体制が全く機能していなかったのは残念。正直者がバカをみるスポーツであってはならないのに。

いちとら
いちとらさん / 2017年3月5日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

自分への採点

寝不足では、流石に無理だった。
いい映画だと感じているのだけれど、多くの場所でウトウトしてしまった。失敗。
というわけで、自分への採点が3点だ。

CB
CBさん / 2017年2月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あっさり

インチキが大きすぎる結果をもたらし、もはや後が引けない状況が緊張感を高めてくれる。別世界の話ではあるがインチキ論文も同じような状況かな。その緊張感が話の推進力になり、興味は最後まで持続する。
しかしながら、道を外す動機や心理描写が説明不足のような気がしたし、肝心のインチキが露呈していく中での追い込まれ感や、この後にあるはずの誰も相手にしてくれないこの世でどのような生き方を見出せるかという点は、あっさりし過ぎていて、「ええっ〜、これで終わるの?」という気持ちが残ってしまう。
自転車レースだが、少しはスポーツ競技ものとしての盛り上がり部分も用意して欲しかったし、ドーピングしたら勝てる的な見せ方は、そんなに実際は安易にはいかんだろという疑念も湧く。
製作者側がこの話に本当に関心をもっていないような感じもした。

Kj
Kjさん / 2017年2月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

骨太で観応えアリ。

てっきりドキュメントだと思って、その部分でも裏切られ嬉しかった一本。

史上最強の伝説のヒーローの、ドーピングの発覚で地に落ちた栄光。
主演の俳優の派手さは無いが確実な演技と、時制をキチンと交通整理した演出で見事に描いており、非常に観応えがあった。

夢と勇気を与えてくれるヒーローが、果たしてその皆の期待としての偶像の役目を果たすために薬物なりを使用していたとして…
果たしてそれが責められるべき事なのか、考えさせられた作品。

レビューも書かない阿呆からのフォローは迷惑千万、好きこそモノのヘタレなれ
レビューも書かない阿呆からのフォローは迷惑千万、好きこそモノのヘタレなれさん / 2016年9月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 興奮 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

単純な経過報告映画。 ランスのドープに落ちていく様を見てると、今の... ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

単純な経過報告映画。
ランスのドープに落ちていく様を見てると、今のフルームが超人に見えるよ。
自転車のディテールはまずまず。時代考証はマニアの人に聞いてみたい。
コンタドールが似てない。
旗で落車しない。
最後駆け足だったのでこの点数。

ポテサラ
ポテサラさん / 2016年9月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

疑惑なくドーピング確証 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

1993年、

21才のランスは

完走を目標にツールド・フランスに参加していた。

ってことは、まだバリバリじゃなくて、下っぱの選手だったんだな。

だからその三流選手をぬけるために三週間後、

年はかわって1994年、

ベルギーでは販売されているエポなる

筋肉増強剤

つまり

ドーピングに手を出す。

このとき、ドーピングの魔術師、ミケーレ・フェラーリって医師に相談もしているです。

「勝てる体になりたい」

と。

でも、この時点では「ツールドに向いてない体だ」と断れて、

ランスのドーピングはエポだけ。

94年のこの時点で、医師がはっきり

「無謀な筋トレの時代は終わった。

これからのスポーツは科学だ。確かな実験結果による、

ピンポイントな練習によって

スポーツは飛躍的に進化する」

って叫んでいるんですな。

わたしがこの映画を見たときは、まだリオのオリンピックは開催していなかったが、

このあとのオリンピック情報を知るところ

(わたし自身は一度も見ていない。ただ新聞等のメディアや家人による情報にだけだが

日本は金メダルの数が過去最高に多かったそうだ)

結局、オリンピックは金持ち国しか勝てない競技になっていることを知り

ますますうんざりした。

練習にしても、

専属のトレーナーや、医師、管理栄養士がつき、

競技機具

たとえば水着とかラケットとか

最新の技術が施されている。

そんなもん、裸一貫で勝負しているアフリカの人々にとって、決して有利ではない。

あんな高価な水着

後進国が開発もできないし

買えるはずもねぇだろうが。

それで対等と言えるのか。

本当に嫌なオリンピック(もとから嫌いだったし、意味もなかったけれど)になりましたね!と!!さ!!!

四年か

五年かしらんが

日本でオリンピックが開催されるそうだが

決して、

一秒たりとも

開会式、および競技を見ない、

そう決意を新たにしたわけだが、

家人および祖父母宅では

開会式のチケットが買えるものなら買うし(バカバカバカ)、

テレビ中継はむろん見る、と六歳の娘までが言っている。

なのでその時期、旅行にでも行こうか考えているのだが、

わたしはなぜこんなことを書いているのだろう。

ツールドの映画に本題を戻すべきではないか?

で、エポのドーピングを繰り返していたランスは

25歳で、

ステージ3の精巣がんになってしまった。

睾丸と、脳に転移も見られるという・・・・・

病院の廊下を、点滴の棒に頼りながらよろけて歩くランス

非常に壮絶で

つらいですね。脳の手術のためにハゲにもなっているし・・・・

ランス、どうなるんだろう、

こんなボロボロになって・・・

と心配していると

命からがら(わたし、この表現好きですね?過去何回も書いた記憶が・・・)

退院して

先のドーピング医師フェラーリのもとを訪れて

ドーピングのプログラムを組んでもらうんですよ。

99年、第86ツールドでは、病気回復後、ランスが初めてトップに。

ここで自転車競技のシーンが入りますが、

山を登る自転車の群れとか、

すごーくうまいロングショットで、

どこにカメラ置いたら、全景入れて、スピード感とかっこよさを盛り込めるのかなぁ

すごい上手だよね。

いや、相手はプロだから当然なんだけれど、

山で走る自転車のかっこよさがよく撮れていると思います。

単調だけれど緊張感のある音楽もいいですよね。

で、ランスなんだけれど、やっぱりおかしいんですよ。

病気前一度もトップになったことのない男が

初トップ。

それもすべて最高のタイムでトップになる・・・

昔のランスはブレーキが多く、減速していて、39位だったのに

病気後はトップになる・・

おかしくね?

とスポーツ記者・ディビットが気づくんだけれど、

みんな見て観ぬフリをしているんですよ。

これ、賭けとかやってんだろうなぁ。

日本でも野球賭博があるように、フランスでもツールドは裏賭博のもとになっているんだろうなぁ。

ほんで一回勝つと、がんとデカいスポンサーがつくわけだし、

なんか引くに引けないんですよね。

あと、ランスの薬物疑惑が暴かれにくかったのは

彼が”癌”を隠れみのにしていたってこと。

ツールドやりながら、

癌患者のサポートをやっていて

本も出したし

癌サバイバー(なんて日本語。使いたくなかったが、鳥越さんが使っていたので使ってみた。

やはり書くべきではなかったか・・・)

向けの講演会や

慰問会をやっていて、

「善い人」

の顔で売っていたから

薬物疑惑を正面からぶつけることはなかなかできなかったんでしょうな。

ドーピングの手は映画でもあばかれていて

最初に点滴打つ前の正常な血液を取っておいて、

それからドーピングやって、

検査のときに

もとの正常値の血液を点滴で打ち直して、

とか。

あとチーム全員でドーピングやってんですよね。

車のなかで、みんなで笑ってベッドで点滴打ちながら、試合の話をしたり。

でも優遇されるのはチームの中のただ一人、ランスだけ、なんですよ。

ツールドで連勝

マイヨ・ジョーヌ着ているランスは

豪邸にプライベートジェット機、CM出て、金持っているけれど、

チームメイトは、チーム運営金のために自分の自転車すら売られちゃったりして、すごい差があるんです。

こんなことしていたら、仲間から不満が出て

ドーピングが明らかになるのに・・・内部告発のもっともたるパターンやな

って劇場でつぶやいていたら

案の定、202ツールのときの、ランスのサポート役をやるフロイドって男がやたらやたら演技派で

もう目の動きだけで

不満とか挙動不審とか

田舎でさえない半生送ってきた過去とか表現してしまって

ついにおしっこで陽性出してしまい、

ジュネーブの自転車競技会で査問にかけられんです。

足ひっぱられたランスも査問にかけられたけれど、

どうどう

「やってない」

できりぬけて

・・

こうしてランスのドーピングはとどまることを知らず、

ずっとずっと続けられる。

大体精巣がんになったのも若いうちから薬漬けだったのが原因だというし、

エポにコロチゾン、ステロイド

テストステロンビ

ほんとにいろいろ打ってたのね。

そして、ランスはドーピング自体に疑問は感じていなかった・・

勝つためには当然であり、

むしろヤクに対して苦悩しているのはランスチームのフロイドとか・・

やっぱりその辺が面白いですね。

彼が苦悩したのは最後、自分のドーピングがばれて

永久追放されたときだけ。

ファンを欺いていたとか

癌サバイバーを利用していたとか

ズルだったことに対する恥とか

いっさいないわけ。

カメラが静かに上下に揺れて、

左右を行ったり来たりして

目の動きを追って

彼の演技を動き出す・・・この最後のシーンがすごいっす。

ベン・フォスターはランスになりきっているというか。

こういう人間だったんだなぁ、としみじみするシーン。

ランスのうそつき自伝「ただマイヨ・ジョーヌのためだけでなく」も読んでみたくなりましたね。

ももぞう6
ももぞう6さん / 2016年8月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

凄い

ここまでやれば、神になれるのか。
神のままが居続けることは、非とを捨てねばならない。やはり正直者が良さそうだ。

ぽっくん
ぽっくんさん / 2016年8月9日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

結局…

ダメなものはダメなんだけど、それをよくも7年間も続けられたと、変な意味で感心してしまった。

当時は、本当にすごいと感動していたけど…。
ドキュメンタリーとして観たら、面白かったと思う。

kawauso
kawausoさん / 2016年8月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  難しい 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

蔓延する隠蔽。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

オリンピックを前にロシアがドーピング問題でまさかの出場停止。
ナニこの偶然って!と思ったほどドンピシャ公開だったこの作品。
ツールで偉業の七連覇を成し遂げ名実共にスーパースターだった
ランス・アームストロングの行動が次々と暴かれていくこの作品、
こんなに以前からやってたの?というショックも去ることながら
スポーツ界に当たり前のように蔓延していた隠蔽にものけぞった。
彼の勝利に対する異常なまでの執着は、引退後に復帰して3位に
終わったあとの涙に消化されるが、それにしても凄まじい粘着力。
一度覚えた快感は、もうこのへんで止めておこうという忠告すら
自身で撥ね退けてしまうのだろうか。あれほど狡猾にドーピング
を免れてきたチャンピオンもついにボロが出た直後やっと認める。
この複雑な男を魅力的に演じ切ったB・フォスターが出色の演技
で善悪の判別を越えた表情を何度も見せるのでこちらも困惑する。

(あの功績も一瞬で消えるのね。彼を目標にしていた人は可哀想)

ハチコ
ハチコさん / 2016年8月4日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

●嘘と真実と。

嘘をつき通して世界に幸せを与えるか、やはり嘘はダメだと真実を暴露するか。
ここまで世界中を巻き込んでしまうと、考えさせられる。こうして暴露されずに作られた歴史って、残念ながら実際にはあるものだ。もちろん、ドーピングは悪だ。とはいえ、暴露されても幸せになる人は少ない。オレなら最初からドーピングしないけど(そこまでの負けん気はないので)、一度やっちまったらどうするかなぁとずっと考えてた。

だが、7連覇はやり過ぎだ。彼はもちろん、チーム、協会すべてが腐ってる。ツールドフランスって、欧米じゃあ死ぬほど人気のあるスポーツなのにね。しかし、ああいう神をも恐れぬ博士ってのは、西洋人的発想だよなあと思う。

うり坊033
うり坊033さん / 2016年7月31日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よかった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 ドーピングが本当に悪いとは思えず、リスクと引き換えに勝利や成績を求める姿勢にむしろ頭が下がる。それというのも自分に闘争心があまりなく、そのような情熱を持っていることに対する憧れがある。ドーピングをしてまで頑張るとは大したものだと思ってしまう。

 そんな自分がこの映画でドーピングに対して意識が変わるかどうかがすごく気になったのだが、何も変わらなかった。ドーピングだけしても熱心に練習しなければ勝てないと思うし、しかもガンを克服してまで勝利に執着するのがすごい。

 自分がもし選手で、ドーピングをせずに勝てず2位や3位だったら果たしてどう思うだろう。その立場にないので全然分からない。主人公の感情を押し殺したような表情がメンタル強そうでかっこよかった。

 寝不足で見に行ったため、少しウトウトした。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2016年7月31日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

恐ろしいほどの勝利への執念

ツール・ド・フランスを7連覇した、元プロロードレーサーのランス・アームストロングの話。ランスが連覇する以前から、ツール・ド・フランスはドーピング問題に頭を悩ませていた。しかし、7年間もだまし通したのがすごいと思う。映画の中では、選手間でドーピングの話をするのはタブーのようだが、それでもながい月日が流れた。不思議なスポーツで、チームで戦うのに、マイヨ・ジョーヌの栄冠は個人。それが魅力なのであろう。チームのメンバーをつなぎとめるのは大変案だろうな。ランスに破滅が待っているのは、皆分っているのに、勝利の為にそこまでやるのかとも思う。組織的だし。オリンピックを前に考えささせられる。

フェニックス7
フェニックス7さん / 2016年7月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

野望と情熱の成れの果て…。

個人競技でもプロになると様々な利害関係が入り組んで好きなだけではやってられない事を痛感。これだけチームを巻き込んだドーピング事件が全く表面化しなかったなんて…。抜け道なんていくらでもあるんだな。
自転車が好き、という一途な想いで純粋に勝てれば良かったのに脇道が見れたらどんどん転がってしまうなんて。
今もドーピング問題でいろいろ囁かれてるスポーツもあるけど生々しい作品だった。

peanuts
peanutsさん / 2016年7月20日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

38件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報