「ここまでとは…」疑惑のチャンピオン 奥嶋ひろまささんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「疑惑のチャンピオン」 > レビュー > 奥嶋ひろまささんのレビュー
メニュー

疑惑のチャンピオン

劇場公開日 2016年7月2日
全38件中、3件目を表示
  •  
映画レビューを書く

ここまでとは…

僕がツールドフランスを見てたのが丁度ランスアームストロングが6連覇7連覇する頃で、ツールと言えばランスであった。
それからツールを見なくなり、久しぶりに触れたツールドフランスはランスアームストロングがドーピングで7連覇剥奪のニュースだった。

僕も何処かで癌を克服したヒーローがそんな事するわけない。と思って恐々観てみたら、
思ってた以上に汚れたダークヒーローだった。

まず、自己中心的で高圧的な性格に幻滅し、
禁止薬物に溺れて行く様に悲しくなった。

癌になる前薬物に溺れて、癌以降薬物から遠ざかるなら分かるのだけど、それ以降さらに摂取して体を痛めてまで薬物に手を出す、その心理はなんなのだろう。
死を身近に感じて、何としてでもなにかを成し遂げようと思ったのだろうか?

ある格闘家が相手がドーピングしてても構わない、
勝てば良いだけ。と言っていたのを思い出し、
ドーピングしてでも勝ちたい。と言う気持ちはアスリートとしてはやり方は絶対悪だけど、
正しいような気もしている。
それにしてもツールと言う世界自体が汚れすぎてて、
今はクリーンなのかとても気になりました。

自分だけ陽性になり、全部喋り始める本チームメイトも、ラストにツールには絶対的な勝者が必要なと言うランスアームストロングも、みんな狂ってた。

奥嶋ひろまさ
さん / 2018年7月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報