「アニメ版の焼き直し」美女と野獣 相楽さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「美女と野獣」 > レビュー > 相楽さんのレビュー
メニュー

美女と野獣

劇場公開日 2017年4月21日
全697件中、60件目を表示
  •  
映画レビューを書く

アニメ版の焼き直し

公開初日に映画館に見に行き、DVD・Blu-rayでも改めて鑑賞しました。
高評価されている作品ではありますが、周りの意見に惑わされずに正直な意見を述べさせていただくと、全体的に物足りないというか、単なるアニメ版の焼き直しのような映画だと感じました。

華やかな冒頭のシーン、魔女の描写、ルミエールたちがただの骨董品と化していくラストシーンは感動的でしたが、ストーリーの80%くらいがアニメ版そのままで、オリジナルシーンがほんの僅かしかなかった為『次にどうなるの?』『え!そんな展開に!?』という風な驚きやワクワク感は全くありませんでした。むしろ全て無駄を排したアニメ版の方がテンポも良くて、安心して見れます。

主演はエマ・ワトソンですが、ごめんなさい、正直彼女がベルには見えませんでした。ベルの優しい雰囲気やチャーミグさがエマのベルからは全く感じることが出来ず、ただの気の強い女性にしか見えませんでした。エマ・ワトソン自身がフェミニストであるせいか、それが役柄にも表れているように思えました。
ベル役にはもっとスレンダーで、コケテッシュな女優さんが良かったと思います。

作品的にCGがかなり多様されていますが、丘の上とかベルの村の全体像とかちょっとしたシーンにもCGが使われていたのは「う~ん」という感じ。実写版のシンデレラの時は、魔法のシーンではCGを多様しつつも、舞踏会などのシーンでは衣装もセットも全て本物の美しさで勝負していて綺麗だったのに、本作では殆んどがCG頼りという感じで、如何にも作り物感が出ていて残念でした。

皆さんが評価されているエマの歌声も、それほど上手いとは感じられず(…というかかなり編集入ってますよね?)、野獣とのダンスシーンも「ただ踊っているだけ」という感じで、黄色のドレスもアニメ版のようなボリュームも艶やかさもなく単なるパーティードレスのようでした。

美女と野獣はディズニー作品の中でもかなりの人気作であり、実写化するのなら高度なCG技術が必要です。本作は “現段階の最高”のCGが駆使されてますが、正直 実写化するのが早過ぎたのではないでしょうか? あと6、7年も待てばCG技術も更に進化しているでしょうし、2017年という中途半端な時期に実写化した意味も分りません。これを20年後に見た人はCGの荒さに苦笑するかも知れませんね。

相楽
さん / 2017年12月1日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  単純 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報