クズとブスとゲスのレビュー・感想・評価

クズとブスとゲス

劇場公開日 2016年7月30日
13件を表示 映画レビューを書く

ゴツゴツとした違和感

DVDでの鑑賞だが、「東京プレイボーイクラブ」「ろくでなし」そして本作の順で見ての感想

まず3本ともストーリーがどうのこうのと云うのはナンセンスな作品なのかな

スキンヘッドでゴリマッチョな奥田庸介、リーゼント男、ロン毛の眼帯男と主要キャストがいずれも異形の形相の登場人物に目を奪われてしまう

特に今作で面白かったのは、レストランでスキンヘッド男が大学生女に絡んでいく件。ワンカットでの長回しで台詞もキレてるし、物凄い狂気のユーモアを感じた

学生時代に山本政志監督の「てなもんやコネクション」を観て映画から発せられるパワーを感じたが、時代や手法は変われど奥田監督からも同じようにパワーを感じた

この監督のパワーに物語がリンクすると名作が生まれる予感がする。今後も定期的に撮り続けることを期待してます

ミッドナイト
ミッドナイトさん / 2018年4月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人と獣の差

ハードボイルドやフィルムノワールでは、暗黒世界が描かれ、本作は、組織暴力には対抗できないという、北野監督作品以来と思われるリアリズムが踏襲されているが、人としての希望は描かれていない。主人公は生に執着するが、それは動物でも同じだろう。人として常識の範疇で生きる事が人生であり、踏み外した獣がいくら苦しんでも、人生の苦悩とは異なる。

ひろち
ひろちさん / 2018年3月4日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これぞバイオレンス。普通の人なら思いつかなさそうでラストが良い。日...

これぞバイオレンス。普通の人なら思いつかなさそうでラストが良い。日本の映画もここまでやっていいのかという感想。

分厚い映画。

yonda?
yonda?さん / 2018年1月16日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

好き

クズだけど最後まで自分を貫いた主人公に感動しました。
もっとずーっと話が続いて欲しかったです。
作るの大変だっただろうな。。と思う映画でした。

たっき
たっきさん / 2017年12月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

超攻撃的日本アンダーグラウンド ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

監督演じるスキンヘッドはかなり凶暴。
アクションは本当に殴り合っているため、
痛みがモロに伝わります。
途中半端なき残虐シーンあり。(心臓悪い方注意!)
衝撃的なラストはパルプフィクションを思い出した。

ken
kenさん / 2017年12月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

90分にまとめてほしい

面白かった
ただ、この内容だったら90分にまとめるべきだし、テンポも上げたほうが見やすいし面白くなると思った。他の人のレビュー見てもそんな意見があったのでそれはそうなんだと思う。
けど普通に面白かった。
で、観終わってから知ったんだけどあのスキンヘッドが監督かーい!

タケー
タケーさん / 2017年9月28日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

題名と

色々とオカシイしい人たちのバイオレンスなストーリー
リーゼントの彼女が微妙に可愛い過ぎじゃないかな?
タイトル通りのもっとブスな女を使っていたら、もっと滑稽で面白味が増したとおもわれます。

レンタルDVDの公開舞台挨拶の映像をみて、ハゲの監督が4年間映画作れなくて辛かったから、この作品は自分の妥協していないモノを作ったと言ってましたけど、妥協してなくてこの内容か、、、と、今後の成長に期待します。

takehito
takehitoさん / 2017年6月15日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

クズしか出てこない

なんの予備知識もなくDVDにて見た作品。
どうしようもない奴らのどうしようもないお話。
率直に意外に面白かったと思う。
映画の中に出てきたような人たちにはなかなか出会うようなこともないと思うが
この手のアンダーグラウンドな話は好き。
リアルアンダーグラウンドな人種の人が見たらどう感じるのかな。
アンダーグラウンドに生きてると必ずヤクザとぶつかるのは仕方ないことなのでしょう。
主人公のハゲた人が凶悪な奴なんだけど、ヤクザ相手に無双かますとかじゃなくて良かった。
喧嘩のシーンとかかっこ悪い殴り合いで見てるとコブシ当たってんじゃねって、リアルさを追求してる感じなのかな。
ヤクザ親分の息子との関係とか、万引きで謝るとことか実際はあんな感じなのかな…
エンディングはある意味ハッピーエンド(謎)、この流れだとここまでですね。
みんなクズだけど愛おしく思えた。
リーゼントカップルに幸あれ。

やま
やまさん / 2017年5月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

色物という認識で借りたが思ったより面白かった

女を脅して風俗に沈める男、薬の売人などなど、
日本のアウトローみたいな人々を描いた作品。
1シーンが無駄に長くて退屈もしたけれど、構成がしっかりしていて結構楽しめた。

主人公はアウトローというよりも、頭のネジが完全に飛んでおり、
この狂った主人公の行動が物語全体の流れを支配している。
そのせいで、他の個性的な登場人物が彼に塗りつぶされてしまうというか、
結局、彼の被害者という役割になっているのが個人的に勿体なく感じた。

暴力描写は過激で生々しく、趣味ではないので目を背けたが、
こういうものをリアルに描写すること自体に意義がある…のかなあ?
被虐または加虐趣味を映像化したかったのだろうか…
などと思いながら観ていた。

もりり
もりりさん / 2017年5月7日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

妙にリアルだと思ったら、、

暴力シーンが妙に違和感あったんですよ。
そしたら、リアルな音や血だったんですね。
納得です。 ビンを自分の頭で割った時なんてリアル過ぎてビックリしましたから。
役名を付けなかったり、1番ヤバイ奴が監督だったり、、 おもしろかったです。

NN.
NN.さん / 2017年5月4日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

問題作的

問題作的なタイトルと内容。
面白いテーマと切り口ですが、ちょっと長過ぎて、
まとまりの無い印象に。
監督自らの主演と、アート向きな監督なのかも?

komatsu
komatsuさん / 2016年8月6日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やっぱり躯は基本 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

まるでプロレスラー同士のストリートファイトのような内容。
確かに、クズやゲスなのだけど、それほど酷い状況とは思えなかったのは、リアリティに一寸欠けるトコロが故かもしれない。
それに、ラストは結局そのゲスが自分も助かりたいとはいえ、敵だったクズと共闘してヤクザをやっつけるっていうのは何だかダークヒーローに昇華してしまっている感が・・・
いずれにせよ、監督自ら主役を演じてるところは興味深かった、というよりこの監督、俳優の方が向いているんじゃないかと。
きちんとあれだけ身体を作ってくるところとか、かなりのストイックさが伝わる。

多分、そんなに気持ちが落ち込むような程の『鬱』には成らないと思う。アメリカンニューシネマやATGの方向性だけど、わざと誇張してるところもあるし、人間刺されたら直ぐには動けないもの(苦笑)

いぱねま
いぱねまさん / 2016年8月1日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

バカとガキとヤクザ

良い歳して半グレの様な生業のボウズが良い歳して言い訳ばかりで働かないリーゼントの彼女を陥れてヤクザに売り、ボウズとリーゼントとヤクザが絡んで行く話。

登場人物の皆がみんなダメ人間ばかりで、なんとも言いにくい不快感とモヤモヤが漂い作中に引き込まれた。最後はちょっと行き過ぎ感もあったけどなかなか面白かった。

ただ、いらないシーンが結構多く少しダレ気味なのが残念。

Bacchus
Bacchusさん / 2016年7月31日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

13件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi