劇場公開日 2016年4月22日

  • 予告編を見る

「正統派の映画作るじゃん!と思いきや奇妙なイニャリトゥ節」レヴェナント 蘇えりし者 cani tsuyoさんの映画レビュー(感想・評価)

3.7450
23%
55%
18%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.0正統派の映画作るじゃん!と思いきや奇妙なイニャリトゥ節

2016年5月29日
iPhoneアプリから投稿

日本でいうとこの浦島太郎とか桃太郎、落語だと芝浜レベルのアメリカで有名なお話を映画化。
しかもバードマンでおなじみのイニャリトゥ監督とディカプリオがタッグを組んで、見事ディカプリオがアカデミー主演男優賞を受賞ということで観たかったが、タイミングが合わず、ようやく飛行機で観た。

そしたらこれ、ディカプリオがたけし軍団みたいな扱い受けてる…
熊に襲われるわ、生き埋めにされるは、極寒の川に流されたり、崖から落ちたり…
もうみんなでディカプリオをいじめて楽しんでるとしか思えないくらい。
でもそんなズタボロになりながら不屈の精神で生き抜く彼の姿は男優賞受賞への執念がだだ漏れたせいか、半端ないリアリティーと気魄だった。
そんな彼の気魄と極寒の大自然により緊密な作品の絵面だったのだが、所々イニャリトゥ節の『このシーンいる?』『何?このアングル』『不穏なドラムス』があり、バードマン好きとしてはたまりませんでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
cani tsuyo
「レヴェナント 蘇えりし者」のレビューを書く 「レヴェナント 蘇えりし者」のレビュー一覧へ(全450件)
「レヴェナント 蘇えりし者」の作品トップへ