劇場公開日 2016年1月16日

  • 予告編を見る

縁 The Bride of Izumoのレビュー・感想・評価

3.429
27%
37%
17%
13%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全29件中、1~20件目を表示

2.0今話題やん💦希やん‼️フジモンやん🧨

2020年6月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

結婚を控えていた真紀が亡くなった祖母の遺品の中から大量の婚姻届の封筒を見つけ出し、その男性側に書かれていた「秋国宗一」を探しに出雲へ向かう。

結婚間近だと言うのに彼氏には幸薄そうなそぶり、出雲ではいつ浮気と言われても仕方ない行動の佐々木希。
佐々木希級美人にびっくりしない相手役の大森充。
出雲市民は縁結びに躍起。
躍起とはいえ、人気居酒屋の主人にフジモン、、、
異性と縁があるんだか、ないんだか今の芸能界を考えると何故か複雑😅

淡々と秋国探しと出雲観光。
出雲PRの方が強かった💦
まあ、出雲には一度は行って観たい。ただそれだけ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
巫女雷男

3.5出雲にまた行ってみなくなった。

光陽さん
2020年5月21日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

幸せ

縁結びの国、出雲は一度旅したことがありますがとても素敵なところでした。
この映画は出雲のPR映画といった感じですがこういう映画があってもいいですね。神聖やる出雲の祭りや儀式、美しい出雲の景色の映像、温かい出雲の人々を観てまた行ってみたくなりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
光陽

3.5しじみ漁師にとっては失恋か。

Takehiroさん
2018年11月10日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Takehiro

4.0

2016年12月25日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

はっきり言って、出雲観光PR映画の域は出てない。
もはやストーリーが蛇足なレベルだったし、出演者の演技も良くはなかった。

ただし逆に言うと出雲PR映画としては最高級とも言える。
クリストファー・ドイルの青、藍を基調とした映像美はキレキレだったし、佐々木希が出雲の街で過ごしたというだけでも価値はある。
いっぺんストーリーを無くして、ドイル×佐々木希で映像だけの作品を撮り直しても良いレベル。
それだけで十分。

102

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ヨッシー

4.0佐野史郎の出雲弁に笑った

きなこさん
2016年5月27日
iPhoneアプリから投稿

県内で先行上映を観に行きました。
出雲や松江の風景に、佐々木希が立っている、それだけで島根県民は嬉しかったです笑
県外の方々にはちょっとつまらないかもしれません。
出雲弁の指導が中途半端。佐野史郎は完璧でした笑
ストーリーはあまり面白くないといったのが正直なところ。イマイチでした。
出雲独特の天気が悪いところもばっちり写っていましたね。佐々木希に強風…笑
仕方ないですが、もう少し出雲で時間を掛けて撮影されたらよかったのでは。
でも出雲大社の厳かな雰囲気など景色が綺麗に撮影されているところには感動しました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きなこ

3.5出雲大社の想い出

2016年3月11日
Androidアプリから投稿

2年ほど前に出雲大社を中心に小旅行したので、親しみがありました。佐々木希さんも好演で良い作品でした❗

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
タイガー力石

4.5新しい日本映画、全て美しい。

弥太郎さん
2016年2月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

幸せ

佐々木希、出雲大社の美しさ。
山陰の神秘的な風景、映画的なトーンが作品全体を支配している。
特に何も起こらない。が、何かは起こっていて、映画は進む。
最近の邦画に馴れている若い方は、難しいかなぁ。こんな映画がもっと増えれば。懐かしくも、新しい日本映画を観た気分。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
弥太郎

1.0佐々木希はお飾りのお人形。

栗太郎さん
2016年2月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ここのレヴューの前半がずいぶんいいが、どこがいいのか。
全体に暗い。テンポがのろい。
ミステリーっぽい作りにしているが、粗い。婚姻届けを全部持ってくる意味がわかんないし、人探しの格好じゃないし。
参道の真ん中歩くし柏手二回してるし。あとでどちらも訂正はしているが、あれを見た時点でこの映画にダメ出ししてしまった。
地方ロケの映画が物足りないわけではない。例えば島根なら、『渾身』などは映像の美しさ、残すべき伝統、そして人と人のつながりなど、素敵な映画だった。
そのクオリティを期待してはいけなかった。
(ちなみに、本日2/13の鑑賞だったが、上映後のイベントは不参加。)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
栗太郎

2.0単調な観光映画

2016年1月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

幸せ

萌える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ゆたぼー

5.0心に沁みます。

Ivyさん
2016年1月25日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

幸せ

派手さはないけれど、ぐっと心に響いて、あたたかい余韻が残ります。
出雲の神々しく美しい風景の中で、ふと立ち止まって、手繰り寄せる縁。
ディテールにまでこだわりを感じさせる映像に、冒頭から引き込まれます。
上手く言葉にできませんが、確実に自分の中にあたたかな感情を残した作品。観ることができて良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Ivy

4.0出雲大社に行ったような気分に

younさん
2016年1月25日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

幸せ

出雲には行ったことがありませんが、まるで自分が行ったような気分を味わえました。映像が綺麗で少し暗い部分もありますが、映画の全体の穏やかな雰囲気が素敵でした。
前半はどうなるのか分からないまま見ていましたが、途中から謎解き要素も加わり伏線もあり引き込まれました。
穏やかな気分になりたい時、雑踏に疲れた時に観ると、映像とストーリーに癒されます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
youn

1.5駄作!

TAZAさん
2016年1月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

結構映画レビューで好評だったので見たんだけど、ありゃサクラだな…。観光ご当地映画にはよくあるんだけどさ。こんな映画に5点満点とかつけてる人って信じらんねーよ…。どう考えてもまとまってないでしょ。

まぁ映像はキレイだよ。でもちょっと暗い。音楽も無駄に大げさ。何より、何の話なのかがさっぱり分からん。アイドルとかいるの?大人の事情もいい加減にしろよ。逆効果だってことに気づこうよ、スポンサー!日本映画をダメにしてるのはアナタたちだよ。クリエイターの好きにやらせてやればもうちょいマシだったんじゃないかね。

充の存在もすげー中途半端。真紀と充が出会ったその結果こそが展開的には肝だったはずなのに、投げっぱなし。完成度が低過ぎるだろー。プロデューサー、きちんと仕事してね。

佐々木希は下手なりに頑張ってた。が、毎回思うのは声が残念なんだよねー。これ以上は伸び代なさそう。ルックスでカバー出来る年齢でも無くなって来たから、これから本格的に「女優」のキャリアを積んでいくのであればちょっとキツい感じは否めない。

ただ、衣装はアリエナイ。一応常識人の設定なのに、祖母のゆかりの知らん人を訪ねるのにあんな生脚を出して行く女がいるかよ…。佐々木希を綺麗に撮りたいのは分かるけどさ、TPO弁えた服を選べよなー。スタイリストがクソ過ぎて世界観ぶち壊し。結局スタッフも二流なんだよねー、この映画って。

ま、一番は結婚に不安がある女の話なのか、祖母のルーツ探しの話なのか、どっちに比重を置いてるのか分からんのが最大の問題かな。佐々木希のルックスが無ければ1~2点。褒めるところが特に無い駄作。Yahooのレビューを当てにすると痛い目を見るよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
TAZA

3.5伝統と現代と一日一歩

lynx09bさん
2016年1月24日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

幸せ

描きたい事を丁寧にそれでも説明は最低限で、皆の中に抱えるものにそっと寄り添ってゆく作品。所々で「え?」と思うと、後でキチンと回収してくれるのが気持ち良かったです。縁は求めるにあらず、歩み行動する中で培われていくものなのだなぁ、なんて考えてみたりしました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
lynx09b

4.0人に会いたくなる

2016年1月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

幸せ

「縁」というタイトルがピッタリはまる、人との繋がり、家族、友達、周りの方々に支えられながらまた自分も誰かの役に立っていることを考えられる映画です。

最近会えていない友達に連絡してみます\(^-^)/

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カモナンバン

5.0幸せになりたい人は必見

2016年1月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:試写会、映画館

泣ける

幸せ

久しぶりの主人とのデートでした。出会ったときを思い出させる、大切な人と出会えたこの喜びをもう一度考えさせる映画でした!幸せになりたい人向けの映画です!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きーちゃんママ

5.0映像が美しい‼︎

2016年1月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

楽しい

映像がとにかく美しく、とても癒される映画でした!印象に残る色が色々なところに散りばめられていて、芸術性の高い映画です。また、観に行きたいです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あおちゃんママ

5.0映画好きと旅行好きの方は必見です。

ちゃまさん
2016年1月22日
スマートフォンから投稿

単純

知的

幸せ

一言で言えば映像がとてもキレイな映画でした。
出雲の景色、出雲大社ってこんなにステキなところだったんだー、と思わず佐々木希さんと一緒に出雲を回っている錯覚に陥りました。
俳優陣も演技派で構成され、映画に没頭し易かったです。
出雲を題材にした映画、出ていた場所に行ってみたくなりました。
スピード感のある映画ではないですが、心が洗われる絆を感じさせる映画だと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちゃま

3.0人同士の演技を大切にしていると感じた

SHさん
2016年1月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

幸せ

縁というものをテーマにしているだけあって、人同士の関係性を自然と捉えることができた。無理のない演技演出に、違和感なくストーリーを最後まで受け入れることができた。ラストもさりげないながらも、大きな感動を作り出せていて、ストーリーやシナリオなどは非常に優れていたように思う。
映像に美しさを感じたものの、あまりにも全体的に暗すぎると感じた。単純にもっと光を与えた方が良かったのでは?暗さを基調としていることは何となく伝わってくるが、単に見づらさを感じてしまったので、残念に思う。
展開的に終始平坦な作品であるため、非常に長い印象を受ける。やや退屈であるというところは否めないのではなかろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
SH

5.0いぶし銀のような良い作品だった

2016年1月18日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

撮影監督のクリストファー・ドイルといえば映画通の私としては「恋する惑星」の映像が(トニー・レオンの名演技とともに)鮮烈な印象として残っている。あの映像は、まさに「香港」だった。
今回は「まさにこれは出雲だ」という映像を見せてくれた。

脚本もなかなか良い。謎の人物の消息を追いかけるというのがストーリーの中核であり(おおげさかもしれないが)謎解きとサスペンスの要素もある。
また出雲に住む人々の郷土への思い、今に息づく信仰心、伝統文化の継承とは何か、親子とは何か、夫婦の絆とは、過疎化に抵抗する地方びとの意地など、多くの要素をさりげなく詰め込んだ作品であり、生きてきた自分の人生の意味も振りかえさせるような、しみじみと考えさせてくれるストーリーとなっている。

出雲大社の位置づけも、現代は島根地方以外ではほとんど学校で教わらないであろうが、神話をもとにさりげなく解説されている。(出雲大社の神様は「大国主神(おおくにぬしのかみ)」ということくらいは島根出身でなくても知ってほしいものだ)

「出雲の国ゆずり」の神話は日本の古代を象徴する実に深く美しい話であると思っている。猜疑心の強い現代人はこの物語に国を明け渡した怨念を見る。しかし私は神々に守られ神話に生きた古代の日本人の美しい心情、神々となって郷土を守りたいという深い信仰心を感じてやまない。
神事と芸能が一体化した神楽も力強く美しい。

この映画で以前の名作「おくりびと」を思い出した。物言わぬ親子の再会。だが「おくりびと」よりも良い余韻が残った作品であった。物言わぬ者どうしでも心で会話する。その深い余韻を感じた。

また映画のタイトルとなった「縁(えにし)」。主人公の飯塚真紀は出雲大社のお守りを職場の同僚にお土産として手渡す。このお守りと一緒に渡されたのは、人との出会いを大切に受け止めようという「縁」の気持ちではなかったかと、ふと思った。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
マンボー星人

4.0ラストは必見の価値あり

2016年1月18日
スマートフォンから投稿

楽しい

幸せ

ラストのカット本当に良かった。
佐々木希の女優の仕事として残るシーン。
ところどころハッとするセリフがあった。
また、謎を見る側に残して終わっていたが、今時の説明が多すぎてお腹いっぱいになる映画では見れない展開。
監督は、こちらに考える余白を与えるので、見ていて面白い。
今の日本には居ないタイプの監督。
次回作にも期待。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あーちゃん
「縁 The Bride of Izumo」の作品トップへ