「なかなかの大作」消えた声が、その名を呼ぶ osanさんの映画レビュー(感想・評価)

消えた声が、その名を呼ぶ

劇場公開日 2015年12月26日
全15件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

なかなかの大作

観てまず思ったのが、デビットリーンの作品を彷彿させること。インタビューを読んだらやっぱり意識してた。セルジオレオーネも意識したそうで、なるほどという感じ。

こういう大作風情の作品は少なくなった。最近の流行はインディビジュアルな視点の作品が流行りだから。

映画らしい映画。

前半のテーマが重たいので観ててきつい部分がある。

osan
さん / 2018年4月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報