劇場公開日 2016年5月21日

  • 予告編を見る

ディストラクション・ベイビーズのレビュー・感想・評価

3.1147
13%
38%
32%
10%
7%
採点

全147件中、1~20件目を表示

3.0観終わったら胸ヤケしてました。

2022年4月4日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

ディストラクション=破壊、絶望、駆逐。

いろんな角度の暴力が描写され人の本質が垣間見れました。

新井英樹のザ・ワールド・イズ・マインみたいだった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
千冬

2.5完成度は高いかもしれないけど好みではない

2022年2月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

自分が最近ハマっている菅田将暉さんと小松菜奈さんが出演しているので見ました。

2016年 当時若手だった柳楽優弥さん菅田将暉さん小松菜奈さん。若手ばかりで構成されている割にはしっかりと役にあった演技をしており 完成度は高いのではないかと思います。
それぞれのくずっぷりが原作通り表現されており、これといったオチはなく 普通のひとでは理解できないような内容も多多い印象です。しかし 一部というか評論家などからしたらこの曖昧さ、気持ち悪さが高評価につながるのかな??とも思いました。
the暴力、theクズ、theサイコパスをもろに表現した映画でレビューには[会社の闇を見ているようだ]のようなコメントがあったが、暴力の表現の強さ、若手俳優たちの演技のすごさにより自分の身の回りを想像したり 映画から伝えたいことを感じ取り考えることなどできませんでした。なかなかマニアックな人以外おもしろいとは思わないと思います。出演している女優さん俳優さんが好きで時間が死ぬほど余っているひと以外おすすめできない映画だと思います。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
SAMURAI JAPAN

0.5これで賞総なめ?

2021年12月12日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

浅草キッドの柳楽優弥を見たらお勧めで出てきたから観てみた。

なんやこのクソ映画。。。こんなのが賞を取る日本映画って終わりやね。

まず脚本がクソ。弱いくせにイキがる菅田もクソ。こんな奴が幼児虐待やるんだろうなぁ。

キャストが勿体ないわ。

柳楽優弥、菅田将暉、小松奈菜、北村匠海、村上虹郎、、、勿体ない。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
かずっち

2.5狂気的

2021年12月10日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

柳楽優弥がガンガンだった、、

ほとんどセリフがない中で泰良っていう人物を完全に表してて、強い相手に喰らい付いていく泰良の行動はわからないけどわかってしまう。

くずばっか出てくるけど裕也にはひたすらにむかついた笑
大好きな匠海くんも中々のクズで^ - ^

感動するわけでも楽しいわけでもないけど飽きずに集中して見れた不思議な気持ちになる映画でした!

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ユナ

0.530分くらいで見るのやめた。

2021年11月17日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

物語の展開が遅すぎて。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
くそさいと

4.0不思議と惹かれる作品です。

2021年10月16日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする 2件)
共感した! 5件)
刺繍屋

4.0本能としての暴力

2021年9月20日
iPhoneアプリから投稿

セリフがほとんどない中にあって、これほど人物像を表す柳楽優弥がすごい。

表情と後ろ姿だけで ここまで演技する彼の才能を引き出した、彼のデビュー作である「誰も知らない」の是枝監督の技量とそれを理解した彼に 日本映画界の未来が開かれた。

暴力映画は本当に好きじゃない。好んで見る事はほぼない。

なのにこの映画は、見始めたら目を離せず最後まで見てしまった。

柳楽演じる男は、弱者には向かっていない。
彼にそういう矜持があるわけでなくーー多分彼は、自分の感情も他人の感情も、言語化する能力はない。

彼は女 子ども 老人 老婆 などに噛み付いてない。

普通であれば、ただのごく普通の喧嘩好きなら
絶対に向かって行かない相手 地元の極道、チンピラ、不良
などが 獲物である。

相手がはむかってくれば なお結構。

殴り殴られ

掴んで離さない。

不気味以外の何者でもない。

そこに 菅田将暉が関わって来る。

彼は自分より強い者に向かって行く事なく弱者を狙い

そして 柳楽演じる男を操る猛獣使いだと思い込む。

しかもそれはあながち間違いでなく、そのうち
虎の威を借る狐となって自分も強靭だと錯覚していく。

だが彼の方には 精神が 残っているため、事件となり犯人となって注目されてしまうと その重圧に耐え切れなくなってくる。
そのフラストレーションは狂気を呼ぶが、それも柳楽演じる男に比べれば、言葉の通じる人間であることに変わりない。

柳楽演じる男は、菅田将暉演じる高校生も
自分と同じように快楽を求めての暴力だと思い込み
彼の嗜好(女や弱者を相手にする事)に口を出すことはしない。

小松演じるキャバ嬢は
こうやってでなければ 生きて来れなかった女。

容姿に恵まれていれば、それだけで遭う事になる境遇というものがある。
周りに恵まれる事なく、誰も彼女の生育状況に責任を持つ事ない結果の今が、見事に現れている。

登場人物たちの多くは
自分の感情を言語化出来ない。

そういう知能なのだ。

ライオンも虎も 山に生息するヒグマも
彼らに感情や本能はあっても言語はない。

しかし、ただ食べ物を獲るために闘争する動物とは違い
彼においては
排泄欲 性欲 と同等の 「格闘欲」を持つ生き者(生き物)

男性が女性化するきっかけは もしかしたら言語なのかもしれない。
それに侵食された脳を持つ男は、次第に暴力から遠く離れて行き、理性を得る。

女も、感情を言語化出来ない人間はもちろんいる。

知能指数が30違うと 会話にならない お互いを理解する事が出来ない そういう文献を読んだ。
30高ければ人間として優れていると言うのではなく
30低ければ人間として劣っていると言うのでもない。

人間性は別次元であり この映画の場合でも
多分 知能で言えば 柳楽演じる男の方こそが菅田将暉演じる高校生よりも知能は低い。
人間形成上問題あるレベルで脳に傷がある。
にもかかわらず、彼の方にこそ ブレない魅力
に近いものを感じてしまうのだ。

この映画で 何を言いたいか不明
という意見をたくさん見かけた。

これは 何を言いたいか と言う映画ではなく
何を感じるか という作品なのだろう、と思う。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
asica

3.5【”抑えきれない破壊衝動・・・” 人の道を外れた二人の怪物を描いた作品。】

2021年4月20日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

興奮

難しい

◆二人の怪物

 1.柳楽優弥が演じる、港町で暮らす両親亡き男。人間の最低限の感情すらなく、只管身を削るように、暴力を振るい続ける。
 今作で印象的なのは、柳楽優弥が殆ど台詞を発しないところである。
 そして、どの様な凄惨な場面でも薄ら笑いを浮かべている所でもある。

 2.柳楽優弥に憧れる軽佻浮薄な男を演じる菅田将暉に拉致された、キャバ嬢を演じた小松菜奈がもう一人の怪物である。
 拉致された後に、菅田が演じる男を車のドアで、何度も何度も叩いて殺す表情は、彼女のデビュー作の「渇き。」を彷彿とさせる。

<作品としては、罪のない女性に”大街道”で、菅田が演じる若い男が暴力を振るうシーンや、只管に繰り広げられる凄惨なシーンなど、構成は粗いし、エンタメ要素は殆どない。
 けれど、それを上回る柳楽優弥の、ラスボス感溢れる狂気の表現方法及び、その狂気に触発されたかのような小松菜奈が演じるキャバ嬢の狂気に目覚めた姿に戦慄した作品である。>

コメントする (0件)
共感した! 7件)
NOBU

3.5世代交代を突きつけるよう

2021年3月18日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

別段意味のない、ただ暴力衝動に突き動かされる若者を描いた作品。
とにかく突き抜けた作りで、合う人と合わないがはっきりわかれるでしょう。
柳楽優弥、菅田将暉、小松菜奈の演技が素晴らしく、中でも柳楽優弥の存在感は圧巻です。
その作品作りやこれからを担う若いスタッフやキャティング等、まるで世代交代を突きつけるような熱量のある作品でした。
これはすごいですよ。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
白波

3.0意味在り気な暴力ゆえ失速。惜しい。

2021年2月18日
iPhoneアプリから投稿

冒頭振り向く柳楽優弥の異様は映画史に残したいが、理由在り気な暴力ゆえ失速する菅田小松との逃避行の凡庸が惜しい。
健さんより鉄矢桃井のキャラが立つあの傑作を想う。
ヒメアノ〜ルと対を成す重要作だが。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
きねまっきい

終始暴力振るうだけ

2021年1月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

作品の価値なし

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ついた

4.5人を選ぶ映画

2020年12月14日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

訳もなく暴力を振るう主人公。作品全体を覆う雰囲気は狂気に満ち溢れている。観る人を選ぶ映画には間違いないが個人的には大変楽しめた。全編通して演技も素晴らしかった。

映画は「メッセージ性があり鑑賞者に何かを伝える存在であるべき」という考え方が一般的である。本作からも作品の意図を感じ取ることはできたのだが、上述したように人を選ぶ特殊な作品であり、理解できなければ何度観ても伝わらないだろう。その場合は感性が合わなかったにすぎず、相対的に「駄作」と判断してしまうだろうが、それが作品の絶対的な評価に繋がるわけではない。1から10まで説明されなければ理解できない人間が増えたので仕方ないが、いずれにせよ想像力が乏しく与えられた情報のみで善し悪しを判断する人間には向いていない作品。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
おむすびまん

3.0悪くは無い

2020年11月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

ただただの虚無を感じるけど、どこか惹かれる

コメントする (0件)
共感した! 0件)
喜怒哀楽

2.5衝動

2020年9月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

喧嘩に明け暮れる青年・泰良とその周りの青年や少女を巻き込みつつ展開されるバイオレンス群像劇。

何かに取り憑かれた様な衝動を抑える事が出来ず行動に移して行く若者達。
観る側が理解出来なくても映画として成立してしまう所は、これだけの若い才能豊かな俳優陣が勢揃いだからでもある。
無名キャストならつまらなかっただろうなさえ感じてしまう。

いく末を気にしないやりたい放題&暴力的逃避行な部分は、似た1995年洋画「ナチュラル・ボーン・キラーズ」的なものが既に海外作品であるだけに、それを超える事も出来ていない。
そんなバイオレンスをオチが無い日本映画的に作られてもなぁ、、、。

この監督の喧嘩らしさとは、強い弱い関係無く姿勢だけむき出しで喧嘩する姿を「らしさ」と見ているのかな?
宮本の時もそうだったし、、、。

俳優陣だけは素晴らしいです。ハイ。

コメントする (0件)
共感した! 8件)
巫女雷男

3.0暴力の極地やね。

2020年9月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

人を見つけては、しばく!
舞台は、松山やから関西弁風が
柄悪い。設楽優也が荒っぽい。
菅田将暉と小松菜奈
糸観た後だから、大丈夫かいな?
北村匠海、村上虹郎、岡山天音など
若手が出て活気ある。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
大阪ぶたまん

3.0暴力。何のために。

2020年9月14日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

暴力の場面がほとんどです。
柳楽が当たりばったり喧嘩しまくる。何のため?と思いながら観ていた。柳楽のセリフがほとんど無いので心の中がみえない。心情がわからない。

菅田の役どころは初めは普通のチャラ男的な感じだったが柳楽の喧嘩の強さに感動し。またゲームのアプリの経験値を上げるため柳楽と共に喧嘩を仕掛けていく。女性まで暴力振るった辺りから観るのが嫌になってきた。
いちばんのグズ野郎だと思った。

小松菜奈はギャバ嬢役で汚れ役に挑戦している。それでも存在感があって肝が座っていて逞しく感じた。菜奈ちゃんはどんな役でも魅力があって流石です。

柳楽は銀魂2で初めて観るその時はおもしろいキャラだったので今回はイメージがガラッと変わった。セリフが無い部分で演技が重要になります。結局。喧嘩をする事に自分の生きていることを感じていたのか。その辺はわからなかった。

コメントする (0件)
共感した! 6件)
しろくろぱんだ

1.5菅田将暉のクソっぷり

2020年8月13日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

以前にテアトル新宿にて鑑賞したが、再度サブスクで視聴。やっぱり胸糞悪い映画だ。いまを時めく菅田将暉の役どころ、北原クソっぷり。今オファーを受けたら、きっと受けないんだろうなぁ。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
movie freaks

1.0嫌悪感

2020年6月6日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

若者の暴走の話。暴力シーンの連続。
途中で観るのが嫌になる。
何のメッセージも受け取れず嫌悪感しか感じない。

コメントする (0件)
共感した! 3件)
とたすけ

4.0暴力映画

2020年5月24日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

柳楽優弥さんとこういった系統の映画が好きで、やっとこさ観ました。

まず初めに、「映画にメッセージ性を求める」方にはお勧めしません。胸糞、とまではいきませんが誰も救われないしクズはクズのまま死にます。

因みにわたしは特に映画にメッセージ性を求めているわけで無く、「自分が何か気づければいい」精神で映画を楽しんでいます。

主人公の過去の描写は無く、主人公という名の人間に「暴力」というオプションを付けた上でストーリーを作っていった、という感じですね。

個人的に好きだったのがギターとドラムのBGMです。こういった系統ではよく使われそうな感じなのですが、臭い感じがかえってエモーショナルな雰囲気を感じさせられます。

主人公の人生を遡ることもなく、ただただ感情のままに生きる登場人物が描きます。

大事なことなのでもう一度言いますが、「映画にメッセージ性を求める」方にはお勧めしません。胸糞、暴力、衝撃(大したことはないです。)に程々耐性がある方は是非一度見て頂きたい。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
に

3.5ぶっ壊れ

2020年5月13日
Androidアプリから投稿

怖い

難しい

目を背けたくなるような凶行がたんたんと続く。観ていると頭がおかしくなりそうになるが、同時にキャラクターそれぞれの性格が見えてきて、その心理を知りたくなってくる。
エンディングもなかなか強烈だが、不思議と嫌な感じは無く、「こういう人間なのだ」と納得している自分がいた。
GYAO!にて

コメントする (0件)
共感した! 0件)
棒人間