「コメディではない感動的なストーリー」殿、利息でござる! キース@Keithさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「殿、利息でござる!」 > レビュー > キース@Keithさんのレビュー
メニュー

殿、利息でござる!

劇場公開日 2016年5月14日
全202件中、33件目を表示
  •  
映画レビューを書く

コメディではない感動的なストーリー

阿部サダヲ主演作品の時代劇なのでてっきりコメディなのかと思いきや、素敵な感動実話でいい意味でも悪い意味でも裏切られた。いい意味ではお気楽コメディだと思っていたにも関わらず、ちょっと考えさせられるような”襟を正されるような”感動話であったが、悪い意味では広告宣伝的にはコメディのルックなので正直勿体ないような気もした。
「慎む」ということを現代においても説いているような作品で良作の時代劇だったと思う。またラストに「劇」でない場面があるのだが、そこへの落とし込み方が秀逸すぎてエンディングで我に返らされる構図はなかなか憎い。

キース@Keith
さん / 2017年3月24日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報